Tag Archives: Rob Hubbard

Interview with Neil Baldwin by Audun Sorlie

2009年、ゲーム音楽情報発信サイト「Original Sound Version」に掲載された、Audun SorlieによるUKのビデオゲーム・コンポーザー、Neil Badwinのインタヴューの翻訳です。

ファミコンの時代、私たちは各メーカーのソフトウェアを通じて、幾人もの素晴らしい音楽家のサウンドトラックを耳にしてきましたが、西洋において、1982年から少々遅れて「NES」として発売された同じコンソールにおいても、ゲーム・コンポーザー/サウンド・プログラマ(当時は二つの役割の兼任もめずらしいことではありませんでした)がこの8-bitマシンに向かって、同じように、あるいは別様に格闘を繰り返してきたことについては、あまり知られていません。Neil Baldwinはインタヴュアーが本文で充分に評価しているように、その先駆者といってよいコンポーザー/オーディオ・プログラマです。

彼は「チップチューン」の興隆にともない、その作品が再度注目を集める好運に恵まれました。それだけでなく、Nijuu、NTRQ、PR8、Pulsarといった、NES用の「新たな」音楽ツールという開発という、自身のキャリアをフルに活かしたプロジェクトを始動し、NES developmentの第一線に再び立つことになりました。これらのプロジェクトは形をかえつつ2013年現在も進行中です。

Duty Cyle Generator – NES Music by Neil Baldwin
Neil Baldwin’s NES Audio Tools
blog – NTRQ: NES Tracker
Sound Cloud

本インタヴューは綿密な調査に基づいた、NESでの事績を中心としたNeil Baldwinの優れたイントロダクションであるのみならず、C64シーンとの関連も含めた(彼もまた、LaxityのようにRob Hubbardのミュージック・コードのハッキングに挑んだ一人でした)、西洋のNESでのゲーム開発事情の貴重な証言をいくつも含んでいることから、遊び手・開発者の側を問わず、ファミコンに携わったことのある多くの方たちにとって、非常に読み応えのある多面的な記事になっています。

公開にあたりAudun SorlieとJustin Pfeifferの両氏にご配慮いただきました。記して感謝します。

なお、訳者註は本文中の括弧([])内に記しました。

訳者より

Musical Awesomeness Generator: Neil Baldwin Interview by Audun Sorlie

osvneil

Neill Baldwinという名をただちに思い出せるのなら、あなたがNESミュージックの大ファンであることを意味していよう。とはいっても、彼について伝えられていることは少ないので、手短に紹介してみよう。Neil Baldwinは素晴らしい人物である。この理由であるが、彼が当時、NESでの作業に真に心と魂を吹き込み、そのシステムのオーディオ・チップの諸々の制約を最大限にまで押し広げ、関わったすべてのゲームにおいて素晴らしい楽曲を作った、数少ない西洋のコンポーザーの一人だったということによる。彼はEurocomの創設者の一人であり、彼らとともに、長きに亘って、しばしば映画を原作とした多くのタイトルで、作曲と開発に携わった。Eurocomは現在も邁進中であり、最近では[2009年当時]WiiでDead Space: Extractionをリリースしたばかりである。

Baldwinは親切にも十分に時間をかけて、彼の過去、現在、将来の作品について私たちに話してくれ、またC64、SNES、N64における彼の作品だけでなく、そのシステムの絶頂期、NESを扱う仕事がいかに挑戦的で、またその上に素晴らしいかを私たちに教えてくれた。

では時間を遡って、Neil Baldwinの驚異的なNES開発[development]の世界を覗き込んでみよう!

Continue reading

Advertisements

Leave a comment

Filed under c64, interview, nes, snes, translation

Introducing Rob Hubbard

0. Who’s who

According to McSweeney, the author of “Rob Hubabrd’s Music,” [1] should I start from this embarrassment; “How do I introduce someone like Rob Hubbard?”

Here I’ll introduce Rob Hubbard, a musician/sound programmer from England (moved to United States in the late 1980’s), who did many “classical” soundtracks for video games in the western, however, his work and achievements have not been introduced in Japan. So I’ll draw additional lines to McSweeney’s text above for a little introduction.

It is noticed that musical recollection by Thomas Egeskov Petersen a.k.a Laxity, Danish scener who learned Rob’s musicroutine and started composing, is inserted into this article. Because his career can be read as a document of a person tried to make music impressed with Rob, and can be the proper example.

1. “the 64’s poor little 3-voice SID chip suddenly brings forth great-sounding 5 or 6-part,”

Crazy Comets (Martech 1985)

In 1985 Rob Hubbard began steady advance in Commodore 64 as the major battlefield. Some titles such like “Thing on a Spring,” “Monty on the Run” and “Crazy Comets” were released. Nowadays people often remember them as his masterpieces. We can know a heated atmosphere Rob was recognized as a unique hero at that time through one article from “Popular Computer Weekly” In the end of same year. The writer Tony Reed also mentioned surprise that his music sounded more than 3-channel as McSweeney said. It is interesting that he referred Phil Spector, the innovator of “Wall of Sound,” then.

If, as has often been observed, the software industry is a re-run of the pop business, then Rob Hubbard must surely be its Phil Spector, a great original, extending the bounds of the possible, and masterminding hits for others. (How many so-so games have benefited from reviewers passing comment: ‘another great soundtrack from Rob’ ?) [2]

Continue reading

1 Comment

Filed under c64, english

Rob Hubbardを導入する

0. Who’s who

“Rob Hubbard’s Music” [1] の著者McSweeneyに倣って、再度この当惑から始めるべきだろうか。「Rob Hubbardのような人物をどのように紹介したら良いだろう」?。

ここでは、欧米では「古典的」地位を獲得したゲーム用サウンドトラックを何作も残すも、本邦において業績を紹介される機会が少なかったイングランドの音楽家/サウンド・プログラマー(1980年代後半に渡米)Rob Hubbardについて、先述のMcSweeneyのテキストに補助線を引くつもりで、若干の紹介を試みる。

本稿は途中で、Robのミュージックルーチンに学び音楽制作を志したデンマークのC64シーナー、LaxityことThomas Egeskov Petersenの音楽的回想が長文挿入されることを注記しておく。彼の経歴は、Robに感銘を受けて音楽制作を試みた者のドキュメントとして、範例的だと考えたからだ。

1. “the 64’s poor little 3-voice SID chip suddenly brings forth great-sounding 5 or 6-part,”

Crazy Comets (Martech 1985)

1985年、コモドール64を主戦場としてRob Hubbardの快進撃が始まる。『Thing on a Spring』や『Monty on the Run』、『Crazy Comets』といった、今日まで彼の代表作として記憶されるタイトルがリリースされる。同年末の”Popular Computer Weekly”誌に掲載された取材記事は、当時からRobが類のないヒーローとして迎えられた熱気を伝えている(あるいはこう言っても良い、今日見られるような熱狂者が誌上に現れたと)。McSweeneyも言及していたRobの音楽がSIDの3チャンネルという制約を超えた以上の音が聞こえる驚きは、記者Tony Reedも記録しているとおりだ。その際に「ウォール・オブ・サウンド」の発明者である、Phil Spectorが引き合いに出されているのが興味深い。

しばしば観察されてきたように、ソフトウェア産業が大衆相手の商売[pop business]の再演だとするなら、Rob Hubbardは間違いなくその世界におけるPhil Spectorである。凄まじく独創的、可能性の方向を押し広げ、万人のためにヒット作を送り出す人物。(「Robの新たな素晴らしいサウンドトラック」というようなコメントを述べる評者から利益を得てきたゲームの数やいかに多かろう)。 [2]

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64

Rob Hubbard’s Music by Anthony McSweeney

[This article is written both in English and Japanese.]

欧米におけるビデオ・ゲーム・ミュージックのパイオニアにして、SIDのミュージックの避けて通れぬ正典(カノン)たるRob Hubbardの音楽について、彼がサウンドトラックを手がけたコモドール64用ソフト『Monty on the Run』(Gremlin Graphics, 1985)に使用されたミュージックドライバの逆アセンブルをもとに解説を行った、Anthony McSweeneyのテキストの翻訳を公開します。

このRob Hubbardのソースコードをともなったこの論考は、1993年、コモドール64のメール・マガジン『C=Hacking』第5号に掲載され、今日まで転載を経ながら、類のない「SIDミュージックの解説」として言及、重宝されてきました。

利用可能な便利な音楽制作ツールのない時代に、いかに彼は「サウンドトラック」を形作ったのかを知ることのできる貴重な解説として、この翻訳が読者の目に届くことを期待します。

また、このテキストはまずもってRob Hubbard礼賛のパンフレットでもあります。コモドール64のゲームソフトやHubbardに馴染みのない私たちは、彼の音楽のどこに人は魅了され、熱狂したのか、著者の視点を通して伺うことができるでしょう。

I show tha translation of Anthony McSweeney’s text on Rob Hubbard, who is a pioneer of video game music in the Western and an unavoidable canon of SID music. It is a commentary based on the disassembled source code of “Monty on the Run” (Gremlin Graphics, 1985), whose soundtrack was by him.

This commentary with Rob Hubbards’s source code was published on “C=Hacking” #5 in 1993. With some reproductions, it has been mentioned and useful as a unique “commentary on SID music” until today.

I hope this translation will read to know how he formed “soundtrack(s)” in the time when there were no usable composing tools.

Also, firstly this text is a pamphlet for praising Rob Hubbard. We, people who are not familiar with C64 video games and Hubbard, know where people were fascinated and got excited through the author’s view.

・原文 / Original Text

Rob Hubbard’s Music: Disassembled, Commented and Explained (Anthony McSweeney, C=Hacking #5 1993)

・翻訳 / Japanese Translation

Anthony McSweeney-「Rob Hubbardの音楽――逆アセンブルによる解説 付:『Monty on the Run』ミュージックドライバ・ソースコード」(1993) [PDF] SkyDrive / Google Drive

※上記のSkyDriveとGoogle Drive、どちらのリンク先からでもドキュメントのダウンロードが可能です

なお、今日に至るまで、著者McSweeney氏と連絡をとることができませんでした。営利にもとづかない複製行為として、翻訳公開はシーンの慣例から外れないものと判断しました。氏の消息について御存知の方はご一報くだされば幸いです。

I’ve not still could contact the author, Mr. McSweeney. In my opinion my activity is reproduction with non-commercial use. So this publishing can be applied to the scene usual practice. If you are well‐informed about him, please mail to me.

翻訳にあたって多面的なサポート役に就いてくださったhallyさん、情報提供、アドバイスをくださったAndrew Lemon、Steven Dalton、Louis Gorenfeld、Anders Carlssonの各氏に感謝申し上げます。

Thanks to hally, Andrew Lemon, Steven Dalton, Louis Gorenfeld, and Anders Carsson.

Monty on the Run (1985)
Music: Rob Hubbard

Crazy Sample II / The Judges (1987)
Music: Red (Jeroen Kimmel)

2 Comments

Filed under article, c64, translation