Category Archives: SID

SID Compilation “Draxy Draxish Draxxed”

* This article is written in both English and Japanese

Rocketry / Chorus [2015]. The demo includes 4 latest tunes composed by DRAX. It won the 1st place at Arok Party 2015.
ハンガリーのデモパーティ、Arok Party 2015のデモ・コンペティションを勝ち取ったデモ。DRAXは4曲を書き下ろしている。

Part I – 32 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II – 36 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

 

DDD

上記画像を拡大・保存
Enlarge and save the picture above

コンピレーションの概要

1988年にコモドール64デモシーンで音楽制作を始め、今日までファンク、ジャズへの独自のアプローチを開拓しつづる、DRAXのハンドルで知られるデンマークのミュージシャン、Thomas Mogensenの遺産の継承と拡散を跡づけました。彼は間違いなく、同時代のダンスミュージックと一貫して伴走するSIDミュージックに関して、新たな流れを作りだすことに貢献しました。デモシーンにはDraxishというような、彼の名に因んだ形容もあるほどで、また、2015年には彼の音楽スタイルを意図的に模倣することを目的としたコンペティションも開かれました。JCH Editorという音楽ツールで実現される彼のテクニックは、今以て力量をそなえたミュージシャンにとって可能性と挑戦の対象となっています[1]。

このコンピレーション・シリーズは、2012年に公開した「Funky Man」「Jazzy Thing」という二つのSIDコンピレーションと深く関連しています[2]。これらのコンピレーションの曲のなかで聴かれる微妙なグルーヴは、ゲーム音楽の時代にはSIDが鳴らすことのできなかった豊饒な成果であり、プラットフォームを超えた他のチップミュージックの実践に継続するものです。

Summary of This Compilation Series

I traced succession and diffusion of the inheritance of Danish musician Thomas Mogensen aka DRAX who started to make music in the Commodore 64 demoscene in 1988 and has explored his own approaches to funk and jazz to this day. Undoubtedly, he has contributed to forming new stream about the SID music which has constantly accompanied contemporary dance music. In the demoscene, there are even several adjectives named after his name such as Draxish. Also, a music competition was held for purposefully imitating his music style in 2015 [1]. His techniques which are implemented on the music tool called JCH Editor are still subject to inexhaustible potentialities and challenges for skilled musicians.

This compilation series is deeply related to two SID compilations, Funky Man and Jazzy Thing, that I released in 2012 [2]. The sensitive grooves heard in songs in all these compilations are fertile outcomes that could not be realized by SID in the era of video game music for the C64 and connected to other chipmusic practices over platforms.

*

[1] Je suis #Drax music compo: http://csdb.dk/event/?id=2396
[2] https://akaobi.wordpress.com/compilations/

JCH Editor 20.G4

JCH Editor V3.04 20G4 [1991] coded by JCH of Vbrants.
One of popular music editors in the C64 scene. The message “KEEP THIS SECRET” reminds me that early Maniacs of Noise also declared “This program is not to spread!!” in First Music Demo.

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english, SID

Anti-Memoirs: An Experience of Chipmusic in Japan

* This article is written in both English and Japanese. It was initially written for and published on Scene World Issue 24. The original title was ‘For Keeping on Reopening SID Music’. I described the aims of the essay in the post.

* 本文は元々、コモドール64のディスクマガジン『Scene World Magazine』第24号のために書きおろされたものです。発表時のタイトル「For Keeping on Reopening SID Music」を改めてここに再録します。執筆の趣旨等はこちらを参照してください。

チップミュージックの研究者とは、はたしてひとつの職業なのだろうか。しかるべき教育を受けておらず、ライターのようなジャーナリストですらない者にとっては、自称するしかない職業、綱渡りで遂行されるひとつの任務だ。Near Future Laboratoryに属するスイスの研究者Nicolas Novaは、著書『8-Bit Reggae』のなかで私をチップミュージック・アーキヴィストと呼んだがこれが今のところ、私にとって唯一の「他称」である。私はむしろひとりの歴史家でありたいと思っている。ひとはいかにして歴史家になるのだろうか。一般化できない問いだ。私にとって、チップミュージックは発見されるべき主題でも対象でもなく、絶えることなく再開される行為であり、動詞である。歴史家の役目とは、未来のために収蔵すべき過去の事物を選定することではなく、現在にその身体をもって律動を刻み続けることで、忘却を巻き込むことではないだろうか。したがって、今から素描するのは、私の身に、私の身体で起こってきたことである。 Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, SID, translation

For Keeping on Reopening SID Music

SW24_1

コモドール64のディスクマガジン、Scene Worldの最新号(#24)にエッセイを寄稿しました。自分にとってこのようなことは初めての経験になります。エッセイのタイトルは「SIDミュージックを再開し続けるために」(For Keeping on Reopening SID Music)といって、「私はいかにしてC64とSIDミュージックの研究にいたったか」というようなことを取りあげています。元となったテーマは、Scene World MagazineのNafcomによって与えられたものです。そのため、日本における1980年代から90年代にかけての、自分のホームコンピュータ経験のルーツにさかのぼって、ふたつのことに対する動機を明確にすることを試みました。また、エッセイのなかでは意図的に、固有名を多数まじえて日本の国産コンピュータ、コンピュータ雑誌、MMLシーンに言及しました。これらのことが、デモシーン、チップミュージック・シーンなどで、その他の言語ではあまり記録されてはいないためです。それゆえ、(主に海外の人にとっては)知られていない事実を多数見つけることができることと思います。同時に、このエッセイはひとりの研究者/歴史家としてのセルフ・ポートレートとなるように書かれました。私が自分の記事を主に、今目にしているこのサイトで発表してきたからです。かなり短いものではありますが、個人的経験を英語に翻訳し、より一般的な文脈に接続することはひじょうにやりがいのあることでした。

I contributed my essay to the latest edition (#24) of Scene World, a Commodore 64 diskmag. To me, it was the very first experience like this. The essay is named For Keeping on Reopening SID Music, which deals with sort of ‘how I got to my research of C64 and SID music’. The original theme was given me by Nafcom of Scene World Magazine. So I tried to clarify my motivation for them back in my roots of home computing experiences from the 80s to the 90s in Japan. Also I mentioned Japanese domestic computers, computer magazines, and the MML (Music Macro Language) scene with lots of proper names on purpose in it. Because these things are not well documented in other languages in the demoscene, the chipmusic scene, and so on. Therefore I think that you will find many unknown facts there. At the same time, the essay was meant to be a self-portrait as a researcher/historian since I have released my articles mainly on the site which you view. Translating my own personal experiences into English and linking them to more common contexts were very challenging although it is really short. I hope you enjoy it.

Thanks to Nafcom and other Scene World Magazine crew.

Scene World #24

Scene World Magazine

ディスクマガジンの閲覧にはVICE等のC64エミュレータを利用してください。

Please use any C64 emulator like VICE for viewing the diskmag. Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, Diskmag, english, SID, Uncategorized

SID Compilation “Enhanced Jeroen Tel Style”

* This article is written in both English and Japanese.


That’s the Way It is by Scoop: a demo made for Commodore Dossier Demo Competition in Netherlands in 1988. Code and Graphics by The Mercenary Cracker (Charles Deenen). Music by Deenen and Jeroen Tel. Commodore Dossier is a computer magazine, which was published from 1984 to 1988.

27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Look at the bottom of the the article for seeing the full track list.
曲目はページ下部を参照して下さい。

コンピレーションの概要 

WAVEの名でも知られるJeroen Telの音楽は、1980年代後期、コモドール64シーンに登場して以来、Rob Hubbard以降最も強力なSIDミュージックのモデルの役割を果たしてきました。ファンキーな高速ベース、シンコペーションとコール・アンド・レスポンスによる畳み掛けるキャッチーなメロディ、オフビートのグルーヴ、高速リムショット、シャッフル・ビート、マルチスピードによる疑似スクラッチ音――彼によって、SIDミュージックのダンス・ミュージックとしてのポテンシャルの高さが確かめられました。そしてこれこそが、チップミュージックにおいて今日もJeroen Telの名が参照されつづけている所以です。

このコンピレーションでは、1987年、Charles Deenenのミュージック・ルーチンによって切り開かれた彼の音楽スタイルの、継承とヴァリエーションを跡づけています。私は以前、Geoff FollinとTim Follinの音楽に関して同種の試み/調査を行ったことがあります[1]。彼と彼が所属するグループManiacs of Nosieの音楽は、1988年、Deenenのミュージック・ルーチンを流用したフロントエンド・ツールFuture Composer V1.0の登場を契機に爆発的なフォロワーと模倣を生みました。しかし、ここではそうした集団的なクラフトではなく、Jeroen Telのスタイルをより推し進めたと思われる注目すべき曲を選出しています(カバーは含まず)。これらの曲を通して、私たちはチップミュージックにおけるある発明によってもたらされた成果を感得することができるはずです[2]。

[1] Follin Freaks (1988-2012) Part 1及びPart 2参照。

[2] Jeroen TelのSIDミュージックへの入り口の一つとして、たとえばBitJam Podcast #152 – Jeroen Tel Specialがある。

Summary of This Compilation 

Since he appeared in the Commodore 64 scene in the late 1980’s, the music of Jeroen Tel aka WAVE has played one of the strongest model of SID music after Rob Hubbard. Funky rapid bass, successional catchy melody using syncopation and call and response, groove with offbeat, fast rimshots, shuffle beat, and quasi-scratch sound using multi-speed – the high potentiality of SID music as dance music was confirmed by him. And that’s the reason why we still have referred to Jeroen Tel in chipmusic.

This compilation traces the inheritance and variation of his musical style which was opened up by a music routine coded by Charles Deenen in 1987. I have run a similar trial/research before on the music of Geoff and Tim Follin [1]. In 1988, the music made by him and his group Maniacs of Noise produced huge numbers of their followers and imitations by taking advantage of the appearance of the front-end tool Future Composer V1.0 appropriated Deenen’s music routine. But I selected notable songs pushed on Jeroen Tel style rather than such collective crafts here (without  covers). We should feel the results came from an invention in chipmusic through these songs [2].

[1] See Follin Freaks (1988-2012) Part 1 and Part 2.

[2] One entrance to Jeroen Tel’s SID music is for example BitJam Podcast #152 – Jeroen Tel Special. Continue reading

4 Comments

Filed under c64, compilation, english, SID