Category Archives: nes

Book Review: Several Ways to Famicom

* This article is written in both English and Japanese.

books on nintendo toys0

Nintendo Complete Guide – Toys by Isao Yamazaki (left) and Before Mario by Erik Voskuil (right)

オランダと日本、二人の蒐集家によって、1983年のファミコンに至るまで、任天堂が開発、販売してきた多種多様な玩具を紹介する書籍が相次いで出版された。Erik Voskuilの『Before Mario』と山崎功の『任天堂コンプリートガイド -玩具編-』(以下、『コンプリートガイド』と略す)は、時代風俗と対話しつつ、新たな市場開拓を目指した戦後の任天堂の「過渡期」を振り返るのに格好の多くの資料を私たちに提供している。この二冊の書物の構成をまず確認しよう。

「FAMILY GAMES」「TOYS」「ELECTRO-MECHANICAL GAMES」「PORTABLE ELECTRONIC GAMES」「HOME CONSOLES」(全5章)

「かるたとトランプ」「玩具とゲーム」「ボードゲーム」「エレクトロニクス玩具」「実用品」「テレビゲーム」「アーケードゲーム」「ゲーム&ウォッチ」(全8章)

これらの章の配列は、任天堂が花札、トランプ、カルタといったカードに特化した製造会社から舵を切り、一般的な玩具メーカーとして変貌を試み、ついには電子機器を取り扱うまでに至った経路をゆるやかに映し出している。Voskuilが述べるように、この変遷は、プラスチック、ボール紙から、電気モーター、機械部品、電子部品へと、玩具に用いられる素材の変化も反映している[1]。

『コンプリートガイド』が1889年の創業から任天堂製品を跡づけているのに対し、『Before Mario』は具体的に、「1965-1983」という特定の時代区分を設定している。1965年という始点は、この本では決定的な意味を持っている。すなわち、開発部第一部部長を務めた横井軍平が任天堂に入社した年である。Voskuilの書物には、横井のもとでさまざまな製品開発にあたった岡田智(2007年まで任天堂製品の開発とプロデュースに携わる)が序文を寄せている。彼は、「任天堂に雇われた実質的に最初のエンジニアだった」[2]。任天堂製品に初めてトランジスタが用いられたのも、1965年である[3]。1965年から1983年は、任天堂にとっての、エレクトロニクス導入期に相当している。 Continue reading

Advertisements

Leave a comment

Filed under english, game, nes, review

Whereabouts are Entrants of Famicompo?

* This article is written in both English and Japanese.

Famicompo Country Statics

Entrants of Famicompo statistics by country (click to enlarge)

Whereabouts are Entrants of Famicompo? – their sites and countries Rev. 1.1
Download from Google Drive (Excel sheet / .xls format)
Download from Excel Online (Excel sheet / .xlsx format)

Note: Google Drive can’t preview the sheet correctly, so recommend viewers to download it.
* プレヴューではエクセル・ファイルが正しく表示されません。閲覧の際はダウンロードを推奨します。

Constellation

NSF(NES Sound Format)コンペティション、FamicompoおよびFamicompo miniの参加者のサイトと、出身国あるいは国籍をまとめたリストを作成しました。
Famicompoは2003年5月、Joseph氏の呼びかけにより始まったオンライン・コンペティションです。同年7月に結果が発表された後、この名称では今のところ、一回しか開かれていません。
2004年7月Famicompo mini(以下、FCM)はこの企画に刺激を受けたK->氏が、日本国内の掲示板2chのあるスレッドで新たなNSFコンペティションの企画を問いかけ、実際に開始されたオンライン・コンペティションです。そこで主催者は「ごく小規模な…/コンポを企画しようかと思ってるんですけど。。。。」「海外とのコネクションも無いので基本は国内大会になると思います、(…)」という発言を残していますが、蓋を開けてみれば第一回から海外からの参加者も多く、Famicompo mini ClassicalやExhibitionといった支流も生み出しつつ、2013年第十回の開催をもって、終了しました。ROP氏のレポートによると、発表されたNSFの数は実に1353、登録者は376。私のリストでは、氏の資料を参照しつつ、これら参加者のなかからユニットやバンド、あるいは同一人物の別名義の特定に努めました。

K->氏の予想を(おそらくはるかに)超えて、FCMはチップミュージック・コンペティションとしては量的にも参加者の範囲という観点からも、大規模かつ長期的なコンペティションに成長しました。リストでは、比較対象として多かれ少なかれ連続性を保ったオンライン・チップミュージック・コンペティションの参加の可否を示すことにしました。

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

このなかで純粋なNSFコンペティションはDemoCompoだけです。
さて、リストを作成して得た素朴な感想とは、こんなにもまだ音楽をつくり続けている人たちがいるのか、ということです。そして思いだす手がかりがほとんど、あるいは全くない名前の数々。現前と不在を通して、コンペティションという「場」の特異性を確かめないわけにはいかないでしょう。この「場」はただの中心化として作用するだけでなく、あたかも星辰のように、(融和ではなく)張りつめた隣り合いを可視化するのです。MODミュージシャン、MMLミュージシャン、トラッカー・プログラマ、ROMハッカー、ジョーク・グループ…エトセトラ。

さて、コンペティションのピークが結果発表の時だとしても、このような大規模なコンペティションもアーカイヴとして扱うことが可能ではないでしょうか。私たちには後からしか見えてこないものの発見のため、コンペティションを活用できないでしょうか? 今まさに、かつての参加者たちは「競争者 competitor」というよりは「生き残り survivor」の様相を帯びているように見えます。
私たちが「何か」を思いだす導きの糸としての価値が、FamicompoそしてFamicompo miniには備わっているはずです。漂流する記憶を繋留する不思議な停泊地としてこれらコンペティションは生き続けるでしょう。

リスト作成にあたって、ChunterおよびROPの両氏に情報協力いただきました。

Famicompo NSF Change Graph created by ROP

Change graph consists of NSF files and composers of Famicompo created by ROP (click to enlarge)

I made a list of where entrants Famicompo and Famicomo mimi, which were NSF (NES Sound Format) competitions, were and came from, namely, a research of their sites and countries.
Famicompo is an online competition originally founded by Joseph in March 2003. On July in the same year, the result was announced, and the competition has been held only once in the name of Famicompo since then.
Famicompo mini (FCM) is also an online competition started by K->. In July 2004, he, who had been inspired by it, mentioned new project of NSF competition on a thread of 2ch.net (2 Channel), a Bulletin Board System in Japan at first, and then actually the new competition was launched in the name of Famicompo mini. K->, main organizer of it, had left his comments on the thread: “I am planning on a very small compo… […] It would be basically an intestine compo because I have no relationship with abroad persons,” however, eventually there were many participants from foreign countries even at the first time. FCM ended in 2013 in the end when it was 10th, having produced branches such as Famicompo mini Classical and Famicompo Exhibition. According to the report by ROP, the total amount of released NSFs are really 1353 and that of the authors/registants are 376. In my list, I tried to specify names of band, unit, and alias among these participants while referring to his list.

FCM grew a large scale and long-term competition (possibly) beyond K->’s expectation from the perspective of both the amount and the areas the participants lived. I showed the pros and cons of participation in other online chipmusic competitions, which have more or less kept continuity, for comparison in my list:

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

Pure NSF competition among them is only DemoCompo.
Now, my simple impression through making the list is how many entrants still have made their music. Also I have to note: lots of names, which mostly or totally lost moment to remember. We cannot help confirming singularity of “site” of competition through those presence and absence. The “site” not only works as centration, but make tense adjacent (not fusion) like constellation visible. MOD musicians, MML musicians, creators of music trackers, ROM hackers, joke groups, etc.

Well, then, even if a peak of competition is when the results are announced, would it be possible that we can regard such large competitions as archives? Is it possible to utilize the archives to find realities ex post facto? Just now, it seems that these participants are “survivors” rather than “competitors.”
Certainly, Famicompo and FCM are worth guides to remember “something” for us. These competitions will survive as anchorages that anchor drifting memories.

Chunter and ROP provided information to me when making the list. Thank you.

Love is Insecurable (itotallyfrenchedyourmom.nsf) by chibi-tech. Winner of the original section at FCM vol.8 (2011-12).

FAMICOMPO
Famicompo mini
Famicompo Series ComposerList [PDF]

Leave a comment

Filed under english, list, nes

NTRQ Japanese Manual

Summary: Translations of NTRQ manual and official tutorials. NTRQ is a NES tracker created by Neil Baldwin and won a prize of Best Software at The 2010 TCTD Award. There are several tools to make music with NES sound: mck, FamiTracker, NES Sound Driver & Library (NSD.Lib) etc. But NTRQ is the world-first tracker runs on the real NES. Besides, it has some creative features like auto echo and live play mode and so on.

Neil Baldwinによって開発されたファミコン(NES)用トラッカー、NTRQのマニュアルおよび、公式サイトに掲載されたチュートリアル(全五回)の翻訳です。(1月28日、チュートリアルの翻訳追加)
ファミコンの各種サウンド・モジュールのための音楽制作ツールでは、既に主なものとしてmckやFamiTracker、あるいはNSD.Libが知られていますが、NTRQは初めて実機動作を目的に作られたツールです。

NTRQ Japanese Manual
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

NTRQ Tutorials
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

原文/Original texts:
NTRQ Manual written by Neil Baldwin
Tutorials And Help written by Neil Baldwin

NTRQはチップミュージック関連の情報を扱っていたサイト、True Chip Till Death(2008-2012)による2010年のThe TCTD Awardにおいて、一連のツールとともに、最優秀ソフトウェア賞を受賞しました。下記サイトより、最新ヴァージョン1.9を入手することができます。

NES Audio Tools by Neil Baldwin

NTRQ on live play mode

マニュアルにも記載されていますが、プログラムの動作にはPowerPakカートリッジもしくはエミュレータが必須になります。
推奨エミュレータはWindowsならばJnes、Nintendulator、Mac OSであればNestopiaですが、余程古くなければ、その他のエミュレータでも良いでしょう。
現時点でNTRQ本体の開発は進んでいませんが、公式サイトには旧ヴァージョンを入手することができたり、チュートリアルを参照することができます。

NTRQ: NES Tracker

NTRQはC64とNESに始まる、Baldwinの作曲家、サウンド・プログラマとしての経験が反映されたツールです。彼の経歴に関しては次のインタヴューをご覧ください。

Interview with Neil Baldwin by Audun Sorlie

NTRQ用のカートリッジを自作する場合は、Andrew Lemonの記事が参考になります。

Creating a NTRQ cartridge for the Famicom|hack. it. up.

旧ヴァージョンのNTRQで制作された曲をいくつか挙げてみます。

goodbye / tadpole
Cortisol / jbuonacc
Kiiroi / ui
Swinging On a Star (Cover) / chunter
Ballad 3 / chunter

Thanks to Neil Baldwin, KAZ a.k.a.HIGE, and KUNIO
Dedicated to Famicompo mini

Leave a comment

Filed under english, manual, nes, translation

Musicroutine as Substructure of Chipmusic

* This article is written both in English and Japanese. Please scroll down to read the English version.

KIRA KIRA STAR NIGHT (2013) uses a notable MML-based music library for native NES games: NSD.Lib coded by S.W. Original soundtrack composed by Bun, Robokabuto, Tappy, and hally.

この小文は、Cadaverの”Building a musicroutine”(「ミュージックルーチンの構築」)の翻訳経験をもとに執筆されました。
次のURLより、Cadaverのテキストの翻訳を読むことができます。

This tiny text was originated from my experience of translating Cadaver’s “Building a musicroutine” into Japanese.
The translation is here:

Building a musicroutine by Cadaver (Japanese translation, PDF format)

チップミュージックの下部構造としてのミュージックルーチン

Cadaverが”Building a musicroutine”で述べているように、この30年間、コモドール64では数多くのミュージック・エディタとミュージックルーチンが開発されてきました。ヴァージョン違いを除いても優に100を超えるエディタ(ここでは商業リリースをのぞく)と、約300のミュージックルーチンが存在します。[1] それらの制作期間は、大きく二つに分けることができます。 Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, english, game, nes

Interview with Neil Baldwin by Audun Sorlie

2009年、ゲーム音楽情報発信サイト「Original Sound Version」に掲載された、Audun SorlieによるUKのビデオゲーム・コンポーザー、Neil Badwinのインタヴューの翻訳です。

ファミコンの時代、私たちは各メーカーのソフトウェアを通じて、幾人もの素晴らしい音楽家のサウンドトラックを耳にしてきましたが、西洋において、1982年から少々遅れて「NES」として発売された同じコンソールにおいても、ゲーム・コンポーザー/サウンド・プログラマ(当時は二つの役割の兼任もめずらしいことではありませんでした)がこの8-bitマシンに向かって、同じように、あるいは別様に格闘を繰り返してきたことについては、あまり知られていません。Neil Baldwinはインタヴュアーが本文で充分に評価しているように、その先駆者といってよいコンポーザー/オーディオ・プログラマです。

彼は「チップチューン」の興隆にともない、その作品が再度注目を集める好運に恵まれました。それだけでなく、Nijuu、NTRQ、PR8、Pulsarといった、NES用の「新たな」音楽ツールという開発という、自身のキャリアをフルに活かしたプロジェクトを始動し、NES developmentの第一線に再び立つことになりました。これらのプロジェクトは形をかえつつ2013年現在も進行中です。

Duty Cyle Generator – NES Music by Neil Baldwin
Neil Baldwin’s NES Audio Tools
blog – NTRQ: NES Tracker
Sound Cloud

本インタヴューは綿密な調査に基づいた、NESでの事績を中心としたNeil Baldwinの優れたイントロダクションであるのみならず、C64シーンとの関連も含めた(彼もまた、LaxityのようにRob Hubbardのミュージック・コードのハッキングに挑んだ一人でした)、西洋のNESでのゲーム開発事情の貴重な証言をいくつも含んでいることから、遊び手・開発者の側を問わず、ファミコンに携わったことのある多くの方たちにとって、非常に読み応えのある多面的な記事になっています。

公開にあたりAudun SorlieとJustin Pfeifferの両氏にご配慮いただきました。記して感謝します。

なお、訳者註は本文中の括弧([])内に記しました。

訳者より

Musical Awesomeness Generator: Neil Baldwin Interview by Audun Sorlie

osvneil

Neill Baldwinという名をただちに思い出せるのなら、あなたがNESミュージックの大ファンであることを意味していよう。とはいっても、彼について伝えられていることは少ないので、手短に紹介してみよう。Neil Baldwinは素晴らしい人物である。この理由であるが、彼が当時、NESでの作業に真に心と魂を吹き込み、そのシステムのオーディオ・チップの諸々の制約を最大限にまで押し広げ、関わったすべてのゲームにおいて素晴らしい楽曲を作った、数少ない西洋のコンポーザーの一人だったということによる。彼はEurocomの創設者の一人であり、彼らとともに、長きに亘って、しばしば映画を原作とした多くのタイトルで、作曲と開発に携わった。Eurocomは現在も邁進中であり、最近では[2009年当時]WiiでDead Space: Extractionをリリースしたばかりである。

Baldwinは親切にも十分に時間をかけて、彼の過去、現在、将来の作品について私たちに話してくれ、またC64、SNES、N64における彼の作品だけでなく、そのシステムの絶頂期、NESを扱う仕事がいかに挑戦的で、またその上に素晴らしいかを私たちに教えてくれた。

では時間を遡って、Neil Baldwinの驚異的なNES開発[development]の世界を覗き込んでみよう!

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, interview, nes, snes, translation