Category Archives: list

LittleGPTracker – Quick Start Guide and Reference Manual

Summary: Released Japanese translation of Quick Start Guide and Reference Manual on LittleGPTracker, which is a music tool programmed by Marc Nostromo aka M-.-n. Also published HEXAWE Composers List mainly for persons who are not familiar with this tool and music using it.

M-.-nことMarc Nostromoがプログラムした、piggy trackerの名で長く親しまれている音楽制作ツール、LittleGPTracker(LGPTと略す)の「クイック・スタート・ガイド」(チュートリアルに相当する)と、「リファレンス・マニュアル」を専用Wikiより訳出しました。原文と同じく、この翻訳はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス3.0(表示 – 非営利 – 継承 非移植)に帰属します。同時にLGPTを使用してきた主要なミュージシャンを網羅したList of HEXAWE Comporsersを公開します。

Quick Start Guide: Original text (wiki) / 日本語訳 (pdf)

Reference Manual: Original text (wiki) / 日本語訳 (pdf)

List of HEXAWE Composers (xls)

エクセル・ファイルはプレヴューでは正確に表示されないので、ダウンロード後の閲覧をおすすめします。
I recommend reading this excel sheet after downloading it as the preview of Google Drive is not accurate.

Thanks to: Peter Swimm

Continue reading

Advertisements

Leave a comment

Filed under list, manual, translation

Whereabouts are Entrants of Famicompo?

* This article is written in both English and Japanese.

Famicompo Country Statics

Entrants of Famicompo statistics by country (click to enlarge)

Whereabouts are Entrants of Famicompo? – their sites and countries Rev. 1.1
Download from Google Drive (Excel sheet / .xls format)
Download from Excel Online (Excel sheet / .xlsx format)

Note: Google Drive can’t preview the sheet correctly, so recommend viewers to download it.
* プレヴューではエクセル・ファイルが正しく表示されません。閲覧の際はダウンロードを推奨します。

Constellation

NSF(NES Sound Format)コンペティション、FamicompoおよびFamicompo miniの参加者のサイトと、出身国あるいは国籍をまとめたリストを作成しました。
Famicompoは2003年5月、Joseph氏の呼びかけにより始まったオンライン・コンペティションです。同年7月に結果が発表された後、この名称では今のところ、一回しか開かれていません。
2004年7月Famicompo mini(以下、FCM)はこの企画に刺激を受けたK->氏が、日本国内の掲示板2chのあるスレッドで新たなNSFコンペティションの企画を問いかけ、実際に開始されたオンライン・コンペティションです。そこで主催者は「ごく小規模な…/コンポを企画しようかと思ってるんですけど。。。。」「海外とのコネクションも無いので基本は国内大会になると思います、(…)」という発言を残していますが、蓋を開けてみれば第一回から海外からの参加者も多く、Famicompo mini ClassicalやExhibitionといった支流も生み出しつつ、2013年第十回の開催をもって、終了しました。ROP氏のレポートによると、発表されたNSFの数は実に1353、登録者は376。私のリストでは、氏の資料を参照しつつ、これら参加者のなかからユニットやバンド、あるいは同一人物の別名義の特定に努めました。

K->氏の予想を(おそらくはるかに)超えて、FCMはチップミュージック・コンペティションとしては量的にも参加者の範囲という観点からも、大規模かつ長期的なコンペティションに成長しました。リストでは、比較対象として多かれ少なかれ連続性を保ったオンライン・チップミュージック・コンペティションの参加の可否を示すことにしました。

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

このなかで純粋なNSFコンペティションはDemoCompoだけです。
さて、リストを作成して得た素朴な感想とは、こんなにもまだ音楽をつくり続けている人たちがいるのか、ということです。そして思いだす手がかりがほとんど、あるいは全くない名前の数々。現前と不在を通して、コンペティションという「場」の特異性を確かめないわけにはいかないでしょう。この「場」はただの中心化として作用するだけでなく、あたかも星辰のように、(融和ではなく)張りつめた隣り合いを可視化するのです。MODミュージシャン、MMLミュージシャン、トラッカー・プログラマ、ROMハッカー、ジョーク・グループ…エトセトラ。

さて、コンペティションのピークが結果発表の時だとしても、このような大規模なコンペティションもアーカイヴとして扱うことが可能ではないでしょうか。私たちには後からしか見えてこないものの発見のため、コンペティションを活用できないでしょうか? 今まさに、かつての参加者たちは「競争者 competitor」というよりは「生き残り survivor」の様相を帯びているように見えます。
私たちが「何か」を思いだす導きの糸としての価値が、FamicompoそしてFamicompo miniには備わっているはずです。漂流する記憶を繋留する不思議な停泊地としてこれらコンペティションは生き続けるでしょう。

リスト作成にあたって、ChunterおよびROPの両氏に情報協力いただきました。

Famicompo NSF Change Graph created by ROP

Change graph consists of NSF files and composers of Famicompo created by ROP (click to enlarge)

I made a list of where entrants Famicompo and Famicomo mimi, which were NSF (NES Sound Format) competitions, were and came from, namely, a research of their sites and countries.
Famicompo is an online competition originally founded by Joseph in March 2003. On July in the same year, the result was announced, and the competition has been held only once in the name of Famicompo since then.
Famicompo mini (FCM) is also an online competition started by K->. In July 2004, he, who had been inspired by it, mentioned new project of NSF competition on a thread of 2ch.net (2 Channel), a Bulletin Board System in Japan at first, and then actually the new competition was launched in the name of Famicompo mini. K->, main organizer of it, had left his comments on the thread: “I am planning on a very small compo… […] It would be basically an intestine compo because I have no relationship with abroad persons,” however, eventually there were many participants from foreign countries even at the first time. FCM ended in 2013 in the end when it was 10th, having produced branches such as Famicompo mini Classical and Famicompo Exhibition. According to the report by ROP, the total amount of released NSFs are really 1353 and that of the authors/registants are 376. In my list, I tried to specify names of band, unit, and alias among these participants while referring to his list.

FCM grew a large scale and long-term competition (possibly) beyond K->’s expectation from the perspective of both the amount and the areas the participants lived. I showed the pros and cons of participation in other online chipmusic competitions, which have more or less kept continuity, for comparison in my list:

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

Pure NSF competition among them is only DemoCompo.
Now, my simple impression through making the list is how many entrants still have made their music. Also I have to note: lots of names, which mostly or totally lost moment to remember. We cannot help confirming singularity of “site” of competition through those presence and absence. The “site” not only works as centration, but make tense adjacent (not fusion) like constellation visible. MOD musicians, MML musicians, creators of music trackers, ROM hackers, joke groups, etc.

Well, then, even if a peak of competition is when the results are announced, would it be possible that we can regard such large competitions as archives? Is it possible to utilize the archives to find realities ex post facto? Just now, it seems that these participants are “survivors” rather than “competitors.”
Certainly, Famicompo and FCM are worth guides to remember “something” for us. These competitions will survive as anchorages that anchor drifting memories.

Chunter and ROP provided information to me when making the list. Thank you.

Love is Insecurable (itotallyfrenchedyourmom.nsf) by chibi-tech. Winner of the original section at FCM vol.8 (2011-12).

FAMICOMPO
Famicompo mini
Famicompo Series ComposerList [PDF]

Leave a comment

Filed under english, list, nes

List of Works by Tim and Geoff Follin

List of Works by Tim and Geoff Follin ver.0.20 [Download] [PDF]

UKのビデオゲームコンポーザー、Tim FollinならびにGeoff Follinがサウンドトラックを手がけた作品のリストになります。

このリストはかつて存在したFollin兄弟に捧げられたファンサイト、The Follin Dromeをもとにしています。サイト管理人で公開の許可を与えて下さった(元)monotonikのSimon Carless(h0l)ならびにKeith Baylis(vimster)、そしてThe Follin Dromeの情報提供者の方々へ感謝を述べます。

また、掲載情報にはデモ・トラックや未発表曲が含まれています。今のところ、ビデオゲーム以外のフィルム・スコア等の仕事は含まれていません。

This is the list of video game soundtracks and related works by Tim and Geoff Follin.

This list is heavily based on The Follin Drome/monotonik courtesy of Simon Carless, the administrator of the site. I want thank both Simon (h0l) and Keith Baylis (vimster) of (ex-) monotonik, and contributors for the site.

This list includes some demo tracks and unreleased tracks for video games, and not includes other tracks (e.g. film scores) for now.

訂正ならびに加筆は予告なしに行われることがあります。

Revision may be done without notice.

関連記事 Related Articles:

SID Compilation “Follin Freaks (1988-2012) Part 1″

SID Compilation “Follin Freaks (1988-2012) Part 2″

Leave a comment

Filed under amiga, c64, english, gameboy, genesis, list, nes, snes, spectrum

A List of Arcade [Coin-Op] Conversions for the Commodore 64 v.0.02

A List of Arcade [Coin-Op] Conversions for the Commodore 64 v.0.02  (new window on click)

I revised the list after two years’ absence.

アーケードを中心とした他のプラットフォームからコモドール64へ移殖されたゲーム作品のリストです。
二年振りの改訂をおこないました。
今回から音楽担当者を記すようにしました。

(September, 2012)

Introduction to v.0.01

Once I’ve tried to edit compilations from songs had used in the video games that had officially converted from the Arcade to the Commodore 64 [C64]. It started from my interesting because noticed a considerable number of American and Japanese arcade classics in the High Voltage SID Collection [HVSC].
Actually, there were many more conversions than I had thought. Time passed and the project was stopped by some reasons, but I still think their musical translation was/is significant as well as just “good/bad”. They aren’t always ‘covers’ (you know, C64 music staffs at various companies often didn’t cover original song), so that they’re historical documents worth comparing.
I appreciate both original staffs at the Arcade and the C64 version, people who have cooperated to construct web resources (Lemon, GB64.COM, CSDb, arcade-history, MobyGames, Wikipedia, etc.), HVSC crew and sceners. I’ve been encouraged by you & your work! Many thanks.

かなり前のことですが、コモドール64に移植されたアーケード・ゲームに使用された曲を、コンピレーションとしてまとめる計画をしていました。High Voltage SID Collection(HVSC)という、コモドール64上でつくられた音楽のアーカイヴを「掘って」いたところ、想像以上に日本の、アメリカのアーケー ドが移植されている点に気づき、興味本位から始めたことでした。
いくつかの理由によって、その計画はストップしましが、今なお、移植に携わった制作者たちの「音楽的翻訳」は、良い・悪いという趣味的判断を超えて重要性を持つものだと、私は疑いません。
彼らは必ずしも「カヴァー」しているわけでありません。オリジナルにない曲が流れるのもしょっちゅうです。アーケード・ファンは「忠実でない」ことにがっかりすることもあるかと思います。それでも、それらは比較する価値のある歴史的記録なのです。
そして以下の拙い調査は、計画の残骸と呼ぶべきものです。
アー ケード及びコモドール64ヴァージョンの制作スタッフ双方に敬意を表します。また、沢山のウェブ上のリソースを私は利用しました(Lemon、GB64.COM、CSDb、arcade-history、MobyGames、Wikipedia等々)。そしてHVSCクルーとシーナーへ挨拶 greets を送ります! この調査は多くの励みの上に成り立っています。これらの方々、場所にあらためて感謝を。

(April, 2010)

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, english, game, list