Category Archives: english

SID Compilation “Draxy Draxish Draxxed”

* This article is written in both English and Japanese

Rocketry / Chorus [2015]. The demo includes 4 latest tunes composed by DRAX. It won the 1st place at Arok Party 2015.
ハンガリーのデモパーティ、Arok Party 2015のデモ・コンペティションを勝ち取ったデモ。DRAXは4曲を書き下ろしている。

Part I – 32 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II – 36 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

 

DDD

上記画像を拡大・保存
Enlarge and save the picture above

コンピレーションの概要

1988年にコモドール64デモシーンで音楽制作を始め、今日までファンク、ジャズへの独自のアプローチを開拓しつづる、DRAXのハンドルで知られるデンマークのミュージシャン、Thomas Mogensenの遺産の継承と拡散を跡づけました。彼は間違いなく、同時代のダンスミュージックと一貫して伴走するSIDミュージックに関して、新たな流れを作りだすことに貢献しました。デモシーンにはDraxishというような、彼の名に因んだ形容もあるほどで、また、2015年には彼の音楽スタイルを意図的に模倣することを目的としたコンペティションも開かれました。JCH Editorという音楽ツールで実現される彼のテクニックは、今以て力量をそなえたミュージシャンにとって可能性と挑戦の対象となっています[1]。

このコンピレーション・シリーズは、2012年に公開した「Funky Man」「Jazzy Thing」という二つのSIDコンピレーションと深く関連しています[2]。これらのコンピレーションの曲のなかで聴かれる微妙なグルーヴは、ゲーム音楽の時代にはSIDが鳴らすことのできなかった豊饒な成果であり、プラットフォームを超えた他のチップミュージックの実践に継続するものです。

Summary of This Compilation Series

I traced succession and diffusion of the inheritance of Danish musician Thomas Mogensen aka DRAX who started to make music in the Commodore 64 demoscene in 1988 and has explored his own approaches to funk and jazz to this day. Undoubtedly, he has contributed to forming new stream about the SID music which has constantly accompanied contemporary dance music. In the demoscene, there are even several adjectives named after his name such as Draxish. Also, a music competition was held for purposefully imitating his music style in 2015 [1]. His techniques which are implemented on the music tool called JCH Editor are still subject to inexhaustible potentialities and challenges for skilled musicians.

This compilation series is deeply related to two SID compilations, Funky Man and Jazzy Thing, that I released in 2012 [2]. The sensitive grooves heard in songs in all these compilations are fertile outcomes that could not be realized by SID in the era of video game music for the C64 and connected to other chipmusic practices over platforms.

*

[1] Je suis #Drax music compo: http://csdb.dk/event/?id=2396
[2] https://akaobi.wordpress.com/compilations/

JCH Editor 20.G4

JCH Editor V3.04 20G4 [1991] coded by JCH of Vbrants.
One of popular music editors in the C64 scene. The message “KEEP THIS SECRET” reminds me that early Maniacs of Noise also declared “This program is not to spread!!” in First Music Demo.

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english, SID

Interview with Vince Kaichan

* This article is written in both English and Japanese.
* インタヴューの日本語訳は下部にスクロールしてご覧下さい。

I proudly present a long interview with Vince Kaichan, an electronic musician from California, United States.
He has energetically released a lot of songs with exploring several different platforms since he got a Gameboy and LSDJ in 2010 even though he says he is not a energetic person.

Home computers had come to obtain high performance enough to handle modern DAWs and MP3 had become more and more popular, and then some of tracker musicians once stopped to use trackers or share their module files on on-online. But he went to a invert path compared to that.

Today he lives in the world where a combination of a Gameboy and LSDJ, one of standard approaches to chipmusic, is not novel at all and has been creating his own way with a great amount of legacies of it. It’s a time of mutation…

Note: this interview was heavily motivated by the conversation with Vince during his stay in Japan.

アメリカ・カリフォルニア州のエレクトロニック・ミュージシャン、Vince Kaichanのロング・インタヴューをお届けます。
彼は自分のことをエネルギッシュな人間ではないと語るのですが、2010年にゲームボーイとLSDJを手にして以来、さまざまなプラットフォームを開拓しながら、精力的に数多くの楽曲を発表してきました。

ホームコンピュータが現代的なDAWを操作するに十分なほど高性能化が進み、MP3フォーマットがますます有名になると、かつて一部のトラッカー・ミュージシャンはトラッカーを使ったり、あるいはオンライン上でモジュール・ファイルを共有したりすることを止めてしまいましたが、彼はそれと比べるなら逆の道を歩みました。

チップミュージックへの標準的アプローチの一つであるゲームボーイとLSDJという組み合わせが目新しくもなくなった世界に生きながら、今日彼は、チップミュージックの大きな遺産とともに自らの道(やり方)を切り開いています。変異の時……。

(このインタヴューは日本留学時のVinceと交わした会話を直接の動機としています。)

profile picture

Vince Kaichan

Vince Kaichan’s Official Site
http://vincekaichan.com/

 

Interview with Vince Kaichan (2015)

SID Media Lab (SML): First of all, please introduce yourself.

Vince Kaichan (VK): Hi, I’m Vincent Chang, aka Vince Kaichan (formerly known as VCMG). I like old, obsolete things and have been making various kinds of music with those old, obsolete things since around 2010. Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, english, gameboy, interview, translation

SID Compilation “Gimme Filters”

* This article is written in both English and Japanese

Part I 6581 – 23 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II 8580 – 24 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Gimme Filters

コンピレーションの概要

フィルターはコモドール64に内蔵されたサウンドチップ、SIDの長所のひとつだとされています。設計者のRobert “Bob” Yannesはそれを「最も不出来な部分」と考えてはいましたが[1]、実際にはその機能こそがこのサウンドチップをユニークなものにし、また多くのコンポーザーに多年にわたって取り組まれるに値するものにしてきました。つまり、フィルターは曲にさまざまな方法で、ドラスティックに特色を与える、SIDを用いた作曲の要所なのです。

このコンピレーションは、フィルターの多岐にわたる利用法を提示している曲を収めることを目的として編まれたものです。SIDは6581と8580という二つのモデル――「古い」モデルと「新しい」モデル――に大別され、特にフィルターに関しても両者は著しく異なった聞こえ方をします。したがってコンピレーションも必然的に二つに分かれています。

Summary of This Compilation Series

The filter is regarded as one of the strong suits of SID, the sound chip built in Commodore 64. Although the designer Robert “Bob” Yannes thought “it was the worst part,” [1] actually, the feature has made the sound chip unique and something worthy of being worked with by many composers for years. In short, the filter is a critical point in composing music with SID, coloring your tunes drastically in various ways.

This compilation series is designed to include tracks which present a variety of uses of the filter. SID is broadly divided into two models, or 6581 and 8580 – ‘older’ and ‘newer’, and the two sound very differently each other in terms of especially the filter, therefore the compilation series is inevitably divided into two parts.

*

[1] Andreas Varga (1996): Interview with Bob Yannes: https://web.archive.org/web/20070211132821/http://stud1.tuwien.ac.at/~e9426444/yannes.html.
Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english

For Keeping on Reopening SID Music

SW24_1

コモドール64のディスクマガジン、Scene Worldの最新号(#24)にエッセイを寄稿しました。自分にとってこのようなことは初めての経験になります。エッセイのタイトルは「SIDミュージックを再開し続けるために」(For Keeping on Reopening SID Music)といって、「私はいかにしてC64とSIDミュージックの研究にいたったか」というようなことを取りあげています。元となったテーマは、Scene World MagazineのNafcomによって与えられたものです。そのため、日本における1980年代から90年代にかけての、自分のホームコンピュータ経験のルーツにさかのぼって、ふたつのことに対する動機を明確にすることを試みました。また、エッセイのなかでは意図的に、固有名を多数まじえて日本の国産コンピュータ、コンピュータ雑誌、MMLシーンに言及しました。これらのことが、デモシーン、チップミュージック・シーンなどで、その他の言語ではあまり記録されてはいないためです。それゆえ、(主に海外の人にとっては)知られていない事実を多数見つけることができることと思います。同時に、このエッセイはひとりの研究者/歴史家としてのセルフ・ポートレートとなるように書かれました。私が自分の記事を主に、今目にしているこのサイトで発表してきたからです。かなり短いものではありますが、個人的経験を英語に翻訳し、より一般的な文脈に接続することはひじょうにやりがいのあることでした。

I contributed my essay to the latest edition (#24) of Scene World, a Commodore 64 diskmag. To me, it was the very first experience like this. The essay is named For Keeping on Reopening SID Music, which deals with sort of ‘how I got to my research of C64 and SID music’. The original theme was given me by Nafcom of Scene World Magazine. So I tried to clarify my motivation for them back in my roots of home computing experiences from the 80s to the 90s in Japan. Also I mentioned Japanese domestic computers, computer magazines, and the MML (Music Macro Language) scene with lots of proper names on purpose in it. Because these things are not well documented in other languages in the demoscene, the chipmusic scene, and so on. Therefore I think that you will find many unknown facts there. At the same time, the essay was meant to be a self-portrait as a researcher/historian since I have released my articles mainly on the site which you view. Translating my own personal experiences into English and linking them to more common contexts were very challenging although it is really short. I hope you enjoy it.

Thanks to Nafcom and other Scene World Magazine crew.

Scene World #24

Scene World Magazine

ディスクマガジンの閲覧にはVICE等のC64エミュレータを利用してください。

Please use any C64 emulator like VICE for viewing the diskmag. Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, Diskmag, english, SID, Uncategorized

Book Review: Several Ways to Famicom

* This article is written in both English and Japanese.

books on nintendo toys0

Nintendo Complete Guide – Toys by Isao Yamazaki (left) and Before Mario by Erik Voskuil (right)

オランダと日本、二人の蒐集家によって、1983年のファミコンに至るまで、任天堂が開発、販売してきた多種多様な玩具を紹介する書籍が相次いで出版された。Erik Voskuilの『Before Mario』と山崎功の『任天堂コンプリートガイド -玩具編-』(以下、『コンプリートガイド』と略す)は、時代風俗と対話しつつ、新たな市場開拓を目指した戦後の任天堂の「過渡期」を振り返るのに格好の多くの資料を私たちに提供している。この二冊の書物の構成をまず確認しよう。

「FAMILY GAMES」「TOYS」「ELECTRO-MECHANICAL GAMES」「PORTABLE ELECTRONIC GAMES」「HOME CONSOLES」(全5章)

「かるたとトランプ」「玩具とゲーム」「ボードゲーム」「エレクトロニクス玩具」「実用品」「テレビゲーム」「アーケードゲーム」「ゲーム&ウォッチ」(全8章)

これらの章の配列は、任天堂が花札、トランプ、カルタといったカードに特化した製造会社から舵を切り、一般的な玩具メーカーとして変貌を試み、ついには電子機器を取り扱うまでに至った経路をゆるやかに映し出している。Voskuilが述べるように、この変遷は、プラスチック、ボール紙から、電気モーター、機械部品、電子部品へと、玩具に用いられる素材の変化も反映している[1]。

『コンプリートガイド』が1889年の創業から任天堂製品を跡づけているのに対し、『Before Mario』は具体的に、「1965-1983」という特定の時代区分を設定している。1965年という始点は、この本では決定的な意味を持っている。すなわち、開発部第一部部長を務めた横井軍平が任天堂に入社した年である。Voskuilの書物には、横井のもとでさまざまな製品開発にあたった岡田智(2007年まで任天堂製品の開発とプロデュースに携わる)が序文を寄せている。彼は、「任天堂に雇われた実質的に最初のエンジニアだった」[2]。任天堂製品に初めてトランジスタが用いられたのも、1965年である[3]。1965年から1983年は、任天堂にとっての、エレクトロニクス導入期に相当している。 Continue reading

Leave a comment

Filed under english, game, nes, review