Category Archives: compilation

SID Compilation “Draxy Draxish Draxxed”

* This article is written in both English and Japanese

Rocketry / Chorus [2015]. The demo includes 4 latest tunes composed by DRAX. It won the 1st place at Arok Party 2015.
ハンガリーのデモパーティ、Arok Party 2015のデモ・コンペティションを勝ち取ったデモ。DRAXは4曲を書き下ろしている。

Part I – 32 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II – 36 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

 

DDD

上記画像を拡大・保存
Enlarge and save the picture above

コンピレーションの概要

1988年にコモドール64デモシーンで音楽制作を始め、今日までファンク、ジャズへの独自のアプローチを開拓しつづる、DRAXのハンドルで知られるデンマークのミュージシャン、Thomas Mogensenの遺産の継承と拡散を跡づけました。彼は間違いなく、同時代のダンスミュージックと一貫して伴走するSIDミュージックに関して、新たな流れを作りだすことに貢献しました。デモシーンにはDraxishというような、彼の名に因んだ形容もあるほどで、また、2015年には彼の音楽スタイルを意図的に模倣することを目的としたコンペティションも開かれました。JCH Editorという音楽ツールで実現される彼のテクニックは、今以て力量をそなえたミュージシャンにとって可能性と挑戦の対象となっています[1]。

このコンピレーション・シリーズは、2012年に公開した「Funky Man」「Jazzy Thing」という二つのSIDコンピレーションと深く関連しています[2]。これらのコンピレーションの曲のなかで聴かれる微妙なグルーヴは、ゲーム音楽の時代にはSIDが鳴らすことのできなかった豊饒な成果であり、プラットフォームを超えた他のチップミュージックの実践に継続するものです。

Summary of This Compilation Series

I traced succession and diffusion of the inheritance of Danish musician Thomas Mogensen aka DRAX who started to make music in the Commodore 64 demoscene in 1988 and has explored his own approaches to funk and jazz to this day. Undoubtedly, he has contributed to forming new stream about the SID music which has constantly accompanied contemporary dance music. In the demoscene, there are even several adjectives named after his name such as Draxish. Also, a music competition was held for purposefully imitating his music style in 2015 [1]. His techniques which are implemented on the music tool called JCH Editor are still subject to inexhaustible potentialities and challenges for skilled musicians.

This compilation series is deeply related to two SID compilations, Funky Man and Jazzy Thing, that I released in 2012 [2]. The sensitive grooves heard in songs in all these compilations are fertile outcomes that could not be realized by SID in the era of video game music for the C64 and connected to other chipmusic practices over platforms.

*

[1] Je suis #Drax music compo: http://csdb.dk/event/?id=2396
[2] https://akaobi.wordpress.com/compilations/

JCH Editor 20.G4

JCH Editor V3.04 20G4 [1991] coded by JCH of Vbrants.
One of popular music editors in the C64 scene. The message “KEEP THIS SECRET” reminds me that early Maniacs of Noise also declared “This program is not to spread!!” in First Music Demo.

Continue reading

Advertisements

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english, SID

SID Compilation “Gimme Filters”

* This article is written in both English and Japanese

Part I 6581 – 23 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II 8580 – 24 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Gimme Filters

コンピレーションの概要

フィルターはコモドール64に内蔵されたサウンドチップ、SIDの長所のひとつだとされています。設計者のRobert “Bob” Yannesはそれを「最も不出来な部分」と考えてはいましたが[1]、実際にはその機能こそがこのサウンドチップをユニークなものにし、また多くのコンポーザーに多年にわたって取り組まれるに値するものにしてきました。つまり、フィルターは曲にさまざまな方法で、ドラスティックに特色を与える、SIDを用いた作曲の要所なのです。

このコンピレーションは、フィルターの多岐にわたる利用法を提示している曲を収めることを目的として編まれたものです。SIDは6581と8580という二つのモデル――「古い」モデルと「新しい」モデル――に大別され、特にフィルターに関しても両者は著しく異なった聞こえ方をします。したがってコンピレーションも必然的に二つに分かれています。

Summary of This Compilation Series

The filter is regarded as one of the strong suits of SID, the sound chip built in Commodore 64. Although the designer Robert “Bob” Yannes thought “it was the worst part,” [1] actually, the feature has made the sound chip unique and something worthy of being worked with by many composers for years. In short, the filter is a critical point in composing music with SID, coloring your tunes drastically in various ways.

This compilation series is designed to include tracks which present a variety of uses of the filter. SID is broadly divided into two models, or 6581 and 8580 – ‘older’ and ‘newer’, and the two sound very differently each other in terms of especially the filter, therefore the compilation series is inevitably divided into two parts.

*

[1] Andreas Varga (1996): Interview with Bob Yannes: https://web.archive.org/web/20070211132821/http://stud1.tuwien.ac.at/~e9426444/yannes.html.
Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english

SID Compilation “Enhanced Jeroen Tel Style”

* This article is written in both English and Japanese.


That’s the Way It is by Scoop: a demo made for Commodore Dossier Demo Competition in Netherlands in 1988. Code and Graphics by The Mercenary Cracker (Charles Deenen). Music by Deenen and Jeroen Tel. Commodore Dossier is a computer magazine, which was published from 1984 to 1988.

27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Look at the bottom of the the article for seeing the full track list.
曲目はページ下部を参照して下さい。

コンピレーションの概要 

WAVEの名でも知られるJeroen Telの音楽は、1980年代後期、コモドール64シーンに登場して以来、Rob Hubbard以降最も強力なSIDミュージックのモデルの役割を果たしてきました。ファンキーな高速ベース、シンコペーションとコール・アンド・レスポンスによる畳み掛けるキャッチーなメロディ、オフビートのグルーヴ、高速リムショット、シャッフル・ビート、マルチスピードによる疑似スクラッチ音――彼によって、SIDミュージックのダンス・ミュージックとしてのポテンシャルの高さが確かめられました。そしてこれこそが、チップミュージックにおいて今日もJeroen Telの名が参照されつづけている所以です。

このコンピレーションでは、1987年、Charles Deenenのミュージック・ルーチンによって切り開かれた彼の音楽スタイルの、継承とヴァリエーションを跡づけています。私は以前、Geoff FollinとTim Follinの音楽に関して同種の試み/調査を行ったことがあります[1]。彼と彼が所属するグループManiacs of Nosieの音楽は、1988年、Deenenのミュージック・ルーチンを流用したフロントエンド・ツールFuture Composer V1.0の登場を契機に爆発的なフォロワーと模倣を生みました。しかし、ここではそうした集団的なクラフトではなく、Jeroen Telのスタイルをより推し進めたと思われる注目すべき曲を選出しています(カバーは含まず)。これらの曲を通して、私たちはチップミュージックにおけるある発明によってもたらされた成果を感得することができるはずです[2]。

[1] Follin Freaks (1988-2012) Part 1及びPart 2参照。

[2] Jeroen TelのSIDミュージックへの入り口の一つとして、たとえばBitJam Podcast #152 – Jeroen Tel Specialがある。

Summary of This Compilation 

Since he appeared in the Commodore 64 scene in the late 1980’s, the music of Jeroen Tel aka WAVE has played one of the strongest model of SID music after Rob Hubbard. Funky rapid bass, successional catchy melody using syncopation and call and response, groove with offbeat, fast rimshots, shuffle beat, and quasi-scratch sound using multi-speed – the high potentiality of SID music as dance music was confirmed by him. And that’s the reason why we still have referred to Jeroen Tel in chipmusic.

This compilation traces the inheritance and variation of his musical style which was opened up by a music routine coded by Charles Deenen in 1987. I have run a similar trial/research before on the music of Geoff and Tim Follin [1]. In 1988, the music made by him and his group Maniacs of Noise produced huge numbers of their followers and imitations by taking advantage of the appearance of the front-end tool Future Composer V1.0 appropriated Deenen’s music routine. But I selected notable songs pushed on Jeroen Tel style rather than such collective crafts here (without  covers). We should feel the results came from an invention in chipmusic through these songs [2].

[1] See Follin Freaks (1988-2012) Part 1 and Part 2.

[2] One entrance to Jeroen Tel’s SID music is for example BitJam Podcast #152 – Jeroen Tel Special. Continue reading

4 Comments

Filed under c64, compilation, english, SID

SID Compilations “House and Disco after Maniacs of Noise”

* This article is written in both English and Japanese. Please scroll down to read the English version.

Part 1 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part 2 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part 3 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

曲目はページ下部参照/Look at the bottom of the the article for full track list.

// コンピレーション概要 //

この三つのコンピレーションはRob HubbardおよびManiacs of Noise以降(期間は1991年から2013年にわたる)、ハウスやディスコに着想を得たと思われるSIDミュージックをそれぞれ27曲収めている。きっと市場に流通するハウス/ディスコとは趣が異なるはずである。そのギャップと燦然たるヴァリエーションを確かめていただきたい。

注:Part 2のGangstarの「Mixed Lightbeer」は、途中から同期が乱れる、端的にリップされたファイルもしくは曲そのものが破損していると推測するが、そのノイズの興味深さからあえてコンピレーションに収めることにした。

*

このコンピレーションの選曲にあたって、「SIDミュージックにおけるハウス/ディスコ」の弁別的特徴を得るため、一種の消極的アプローチを採用した。まず、SIDミュージックにおいてダンス・ミュージックの祖型を与えたManiacs of Noise、そのなかでも特にJeroen Telに感化された曲を意図的に省いた(Morbidの「The Groove」、Shogoonの「Compotune for Fatum Party」、Stello Doussisの「Star-Trek Remix」は例外である)。また、Maniacs of Noiseのメンバーが利用した音楽制作ツールFuture Composerやそのクローンで主につくられた、「オールドスクール」と呼ばれるスタイルの曲も除外した(私はこの語を用いる時、FAME、20th Century Composers、SoedesoftあるいはTomas Dankoの曲を思い描いている)。それらは別の場所で取りまとめられるべきだと判断した。コンピレーション名が「After Maniacs of Noise」であって「Under~」でないのも、そのためである。

過度にミニマルな曲、「アシッドな」ベースの曲もここにはない。デモシーンでテクノ、レイヴといった呼称のもとつくられた曲も数多いが、当然選曲の対象外であった。結果として、明確なビートをもつ曲が引き寄せられた。

三つのコンピレーションは、ハウスを意欲的に摂取した二人の重要なミュージシャン、SageとA-Manの曲を軸に組み立てられはじめ、その後、その他の曲のなかで徹底的に組み替えられた。

(訂正と追記)

Maniacs of NoiseのメンバーがFinnish GoldのFuture Composerを広めたことはなかった。
Future ComposerはCharles Deenenのミュージックルーチンをハック、修正して作られたエディタだったためだ。
オランダのMoNのメンバーに「自社製エディタ」があったとするなら、それはTurbo Assemblerだった。
一方、デンマークのJohannes Bjerregaardは自分のプログラムしたBjerregaard DMC EditorをDeenenに送っている。
(だが、MoNがFuture Composerを使用しなかったという確証はない。
あるアンケートによれば、少なくともReyn Ouwehandは使用していたことが分かっている)

そのようなわけで、Finnish Goldのリリースできたのは、Future Composer 1.0だけである。
その後の「ヴァージョン・アップ」はその他のグループによって恣意的になされた。
Future Composerは隠されたままにはならなかった。Rob Hubbardのそれと同様、Deenenのミュージックルーチンは拡散したのである。
彼らは当初ハックしたミュージックルーチンをがHubbardのものだと考えていた。
彼らのアイデアは後年リリースされたPredatorのRob Hubbard Editorと似通ったものであったと言える。

http://csdb.dk/release/?id=10604&show=notes#notes
http://csdb.dk/release/?id=11778
http://csdb.dk/release/?id=110685
http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=interviews&id_interview=27
http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=online_issues&issue=1&sub=article&id=17

2014年3月13日

// About this compilation series //

These three compilations are composed of the SID music which was probably inspired by House and/or Disco after work by Rob Hubbard and Maniacs of Noise and was made during the period from 1991 to 2013. Each part includes 27 tracks. Surely you feel that taste is different from House/Disco caught on in markets. Please confirm the gap and those dazzling variations with your ears.

Note: Ganstar’s “Mixed Lightbeer” in Part 2 is out of synch from the middle. To put it briefly, I guess the ripped file or the tune itself is broken, however I dared to put the tune in these compilations because of the interest of the noise.

*

To get discriminative features on “House/Disco in SID music,” we adopted a kind of negative approach upon selecting tunes for these compilations. Firstly, I omitted tunes had been influenced by Maniacs of Noise, especially Jeroen Tel, who had given the prototype of dance music in SID music (but there are exceptions: “The Groove” by Morbid, “Compotune for Fatum Party” by Shogoon, “Star-Trek Remix” by Stello Doussis, and so on). Also I omitted so-called “Oldskool” style tunes which were mainly made with Future Composer, a tool used by Maniacs of Noise crew or clones of it. When I say the word “Oldskool,” I think of tunes by specific musicians, e.g. F.A.M.E., 20th Century Composers, Soedesoft, Tomas Danko etc. Because I judged that their tunes ought to have been collected at another place. So the name of the compilation series is “After Maniacs of Noise,” not “Under […].”

Also there no extremely minimal tunes and “Acid” bass tunes here. Tunes called Techno or Rave were made in great numbers in the demoscene, but they are out of musical selection at this time. Consequently, tunes with more distinctive beats gathered.

Three compilations began to be built from tunes by Sage and A-Man as an axis, because they are important musicians who took in House for their work. And then their tunes were rearranged among other tunes.

[Correction and Postscript]

Maniacs of Noise crew have never spread Future Composer by Finnish Gold.
Because it was an editor made by hacking Charles Deenen’s musicroutine and modifying it.
If there was their “in-house editor” for MoN’s members in Netherlands, it was Turbo Assembler.
On the other hand, Johannes Bjerregaard in Denmark coded his own editor called Bjerregaard DMC Editor and sent it to Deenen.
(However, it can never be sure that MoN crew have not used Future Composer.
According to a survey, at least it is known that Reyn Ouwehand used it.)

That is why Finnish Gold could only released Future Composer 1.0.
Following “version-up” of the tool was arbitrarily done by other groups.
Future Composer was not held back. Deenen’s musicroutine was spread like Rob Hubbard’s one.
At first, they thought that the routine they had hacked was Hubbard’s routine.
So it can be said that their idea was similar to subsequent Rob Hubbard Editor coded by Predator (Geir Tjelta).

http://csdb.dk/release/?id=10604&show=notes#notes
http://csdb.dk/release/?id=11778
http://csdb.dk/release/?id=110685
http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=interviews&id_interview=27
http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=online_issues&issue=1&sub=article&id=17

13 March 2014 Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english

SID Compilations BTB / “Bomb the Bass” and “Beat the Box”

/_ 二つのコンピレーションの概要 _/

コモドール64(C64)で制作された音楽のうち、ベースというインストゥルメント(音色)に焦点を当てたコンピレーション「Bomb the Bass」と、主にdigi(デジタル・サンプリング)を用いることによって、C64をさながらドラム・マシンのように活用している曲をまとめたコンピレーション「Beat the Box」を公開します(一部、digiを利用しない曲を含んでいます)。

3チャンネルしか利用できないSIDミュージックにおいて、ベースはどのようなアプローチを取るにしても、ずっと変ることなく重要な位置を占め続けているインストゥルメントの一つです。私たちは手始めに、数種類のタイプのベースを確認することができます(以下に続く分類は非常に便宜的なものであることを注記しておきます)。

1) 80年代の商用ゲームのサウンドトラックで聴くことのできるベース
2) 80年代末から90年代前半のデモシーンにおいて、大抵はManiacs of Noiseに著しく感化されており、主にはFuture ComposerMusic Assemblerといった音楽ツールで制作された「オールドスクール」に位置づけられる曲に認められる、ダンサンブルかつ素朴な響きを持つベース
3) Jens-Christian Huus(JCH)によってコードされ、当初はVibrantsのメンバーを中心に磨かれ使いやすさから大きな支持層を獲得した、JCH Editorで制作された曲のファンキーなベース
4) TB-303を模範としたアシッド・ベース
5) 2000年代以降に顕著なドープ・ベース
…等々

ベースという音色は、アナログ・シンセサイザーとしてのSIDの力量と、サウンドチップとしての個性/魅力を雄弁に物語る要素の一つです(「オールドスクール」については別に触れる必要があると考え、選曲から外してあります。また、ファンキーなベースの例としては、「Funky Man」というコンピレーションを参照して下されば幸いです)。

一方で、SIDはデジタル・サンプリングを使用できます。サンプリングを利用可能な80年代のコンピュータというと、C64の後に登場したアミガの方が有名でしょうが、前者においてもデジタル・サンプリングを利用できます。ただし、それは4-bitという情報量の制限があり、アミガのPaulaチップで再生可能な8-bitのサンプルと比較すると、端的に非常に「粗い」ものです。
「曲」としてのdigiの最初の使用例は1987年にゲームのサウンドトラックで現れました。英国のImagineがタイトーのアーケード・タイトルから移植した「Arkanoid」と、ドイツのRainbow Artsが開発した「Bad Cat」です。二つのソフトのコンポーザーであったMartin GalwayとChris Hülsbeckに接点はなく、同時期に、偶然にdigiの使用を開始しました。両者の曲で耳を引くのが、ドラム・サウンドであるのは興味深い点です。他のインストゥルメントだと良いクオリティを得られなかったこともあるでしょう、実際にこの後、デジタル・サンプリングを用いた曲も、「ビート」を強調することになります。Hülsbeckが公開した自作ツールSoundmonitor(1986)は80年代後期において、digiが使用可能なツールとして重宝されました。
SIDのデジタル・サウンドへの注目者は、アナログ・サウンドの支持者と比較すると、歴然とした差がありますが、技術的進展が止まった訳ではありません。今日ではC64において8-bitサンプルや12-bitサンプルの再生が可能になり、アナログ・サウンドでは不可能な4チャンネル同時再生ができるツールやプレイヤーが登場しました。Aleksi EebenのPolly Tracker(2005)は、この進展における画期的な事例の一つです(コンピレーションのなかではReedの「Flamethrower」とA-manの「Falling Rain」がこのツールで制作されています)。

二つのコンピレーションを対として、アナログとデジタルと、SIDサウンドの振れ幅を確認していただければと思います。

音楽のデータと関連情報はHigh Voltage SID Collection (HVSC) v58に基づいています。

/_ About these compilations _/

I publish two compilations consist of songs made on the Commodore 64 (C64): “Bomb the Bass” is a compilation highlighted the instrument (tone) of Bass. “Beat the Box” is made up of tunes using digi (digital sampling) and utilizing C64 for just like drum machine. But there are a few tunes using no digi in the latter compilation.
Even if any approaches are selected, Bass is one of instruments, which has been in important place for a long time in SID music with only 3 channels. At least we can recognize several types of Bass. I mention these classifications are very rough and convenient.

1) “Bass” we can listen to tunes through OSTs for commercial video games in the ’80s.
2) “Bass” of simple and danceable tunes are mapped to “Oldskool” made with tools like mainly Future Composer and Music Assembler in the scene from the late ’80s to the first term of ’90s. They are often heavily under the influence of Maniacs of Noise.
3) Funky “Bass” made with Jens-Christian Huus’ JCH Editor. The tool was mainly improved by Vibrants‘ crew at first and got large base support.
4) Acid “Bass” followed TB-303’s example.
5) Dope “Bass” was marked since the 2000s
… etc.

The instrument of Bass is one of essential elements can prove well competences of SID as an analog synthesizer and individuality/attraction as a sound chip. (I made exceptions of Oldskool tunes. As they are necessary to be taken up. Also you can listen to some examples of Funky Bass at “Funky Man” which I once edited.)

On the other hand SID can use digital sampling. To speak of ’80s computers which are available for use of it, Amiga may be more famous than C64, however, the former is usable with it. But there are a limit on information content, or 4-bit playback is only available. So to put it briefly, the sound is very rough compared to 8-bit samples which are available for playing back on the Amiga’s Paula chip.

The first examples of using digi as “music” appeared on video games soundtracks in 1987: Arkanid that Imagine, a UK game publisher, ported from the arcade title by Taito, and Bad Cat developed by Rainbow Arts, German game company. Those composers, Martin Galway and Chris Hülsbeck, had no point of contact and started to use digi at the same time accidentally. Interestingly, the drum sound stood out in both tunes. Probably as other instruments couldn’t have good quality, digi tunes after Hülsbeck and Galway have emphasized its “Beat.” In the late ’80s Soundmonitor (1986) released by Hülsbeck was come in handy because of usability of digi.

There are big difference between ones have paid attention to digital sound of SID and backers/lovers of analog sound of it, however, it does not mean technological development on digi playback stands still. Today even 8-bit or 12-bit digi playback is available. Also We have tools/players which can play back  4-channel simultaneously. Aleksi Eeben’s Polly Tracker (2005) is one of epoch-making incidents in the development. (About the compilation Reed’s Flamethrower and A-Man’s Falling Rains are made with it.)

By this pair of 2 compilations, I hope you make sure of degree of vibration of SID sound between analog and digital.

Music data and related info are sourced from High Voltage SID Collection (HVSC) v58.

Bomb the Bass – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Beat the Box – 26 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

/_ Bomb the Bass Track Info _/

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english