Category Archives: amiga

Tanikugu Guerrilla Night Vol. 3 / The First SID Media Lab Talk Show

Set List

Set List of the midnight

2015年11月6日、新宿8bit cafeにておよそ二時間のあいだ、コモドール64の音楽とその多様な伝播について、AmigaやAtari STの音楽もふくむ、22の曲に言及し、実際に再生しながら話しました。このラジオ風のイベントは、もともとは谷蟇sgrm(以下、敬称略)によって発案されたもので、その夜も彼と彼の音楽仲間であり谷蟇のもう一人のメンバーであるsisho(Sloper)が、ライヴストリーミングのためのエンジニアリングを担当してくれました。残念にも、おそらく録音は残されていないので、翌日このイベントの要約を書き下ろしました(下記リンク参照)。

On 6th November 2015, I talked about the Commodore 64 music and its multiplex influence four about two hours at Shinjyuku 8bit cafe, playing and referring to 22 tunes in which there were the Amiga and Atari ST music as well. The radio-like event was originally offered by sgrm of Tanikugu, and him and sisho aka Sloper, his mate and the other member of the unit, took charge of engineering of live streaming at that night. Unfortunately, there is no recording (I guess),  I wrote the (limited) summary of the event next day:

Summary of Tanikugu Guerrilla Night Vol. 3 = SID Media Lab Night [PDF Format]

8bit cafe

8bit cafe at Shinyuku, Tokyo

実は私たちはこのイベントの正式な名称を決めていませんでした。sgrmは「谷蟇ゲリラナイト」という名のもとで、同じ場所で彼の選出する電子音楽やチップミュージックを紹介するラジオ番組を数回行ったことがあります。したがって、私は彼にとってその夜のゲストでもあったわけですが、ただし今回sgrmは聞き手にまわりました。このようなことは私にとって初めての経験であり、とても刺激的でした。次の機会があることを祈っています。

Actually, we did not decide on the official name of it. Sgrm have done his radio show few times for introducing electronic music and chipmusic he selected under the name of Tanikugu Guerrilla Night at the same place. Therefore, I was also the guest to him at that night, however, he was the questioner this time. This kind of thing was my first experience and really exciting. I hope there will be the next opportunity.

8bitcafe2

We hurry to prepare our event.

Leave a comment

Filed under amiga, c64

List of Works by Tim and Geoff Follin

List of Works by Tim and Geoff Follin ver.0.20 [Download] [PDF]

UKのビデオゲームコンポーザー、Tim FollinならびにGeoff Follinがサウンドトラックを手がけた作品のリストになります。

このリストはかつて存在したFollin兄弟に捧げられたファンサイト、The Follin Dromeをもとにしています。サイト管理人で公開の許可を与えて下さった(元)monotonikのSimon Carless(h0l)ならびにKeith Baylis(vimster)、そしてThe Follin Dromeの情報提供者の方々へ感謝を述べます。

また、掲載情報にはデモ・トラックや未発表曲が含まれています。今のところ、ビデオゲーム以外のフィルム・スコア等の仕事は含まれていません。

This is the list of video game soundtracks and related works by Tim and Geoff Follin.

This list is heavily based on The Follin Drome/monotonik courtesy of Simon Carless, the administrator of the site. I want thank both Simon (h0l) and Keith Baylis (vimster) of (ex-) monotonik, and contributors for the site.

This list includes some demo tracks and unreleased tracks for video games, and not includes other tracks (e.g. film scores) for now.

訂正ならびに加筆は予告なしに行われることがあります。

Revision may be done without notice.

関連記事 Related Articles:

SID Compilation “Follin Freaks (1988-2012) Part 1″

SID Compilation “Follin Freaks (1988-2012) Part 2″

Leave a comment

Filed under amiga, c64, english, gameboy, genesis, list, nes, snes, spectrum

Amiga Music Programs 1986-1995 by Johan Kotlinski (in English)

NoiseTracker V2.0 – screenshot taken from Mahoney’s site

Now I publish the Japanese translation of Amiga Music Programs by Johan Kotlinski, aka Role Model and Mathman. This essay was firstly written in Swedish for a college course in 2003. In 2009 he translated it into English by himself and published it with a host as CHIPFLIP, a website by Anders Carlsson, aka goto80.

Johan Kotlinski (2009) – Amiga Music Programs 1986-1995 [Japanese translation, PDF] SkyDrive / Google Drive

Paper: Amiga Music Programs 1986-1995 | CHIPFLIP

Amiga Music Programs is a document, which united the complicated history of so called “trackers,” software for making music we could find out around us. Amiga, a home computer appeared in the late ’80s, is the starting point of this document.

For us living in Japan, most well-known composing tools originated in “trackers” at present are probably Renoise and LSDj produced by Joahn. How the ancestor of these modern trackers appear? Johan’s essay can tell us the interesting history of trackers.
We can also know trackers have developed working together with “the scene,” an underground movement using home computers through this compact and sharp historical study.

In Japan there are some traces of osmosis about the home computer culture of Commodore 64 and Amiga, and the scene, but are not as many as Europe. However we have not always been indifferent with them. On the contrary Japanese “MML” users can question what is not written in this essay. Some of comparative investigations are thought experiments we should begin with. Although this essay was written 10 years ago, it is still full of possibilities.

I would like to note research and reflection about trackers are in progress all around the world. For example Johan placed Amiga music programs to categories between synthetical (synthetic) and sample-based. Even if the categorization was outstanding at the moment of 2009, this distinction and conceptualization were not necessarily definitive. In 2012 Anders responded to the challenge Johan tried out and wrote the article. He propose new three categories of trackers, or Soundtrackers, Hypertrackers and Acidtrackers.

Once when I listened to SID music, I became aware the demo musicians from late ’80s to ’90s were very young. I was very amazed at the fact. Are there some particular secrets around time/age of the scene and chipmusic? As Johan pointed out, the scene took form with a focus on teenagers.

I knew the fact, then immediately I remembered Japanese teenagers also have composed music with PC although methods were different. Of course we, Japanese people, made our own music. But we might prefer made “covers” (of game music and anime theme songs) rather than ripping, appropriating, and including tunes from commercial video games to productions like the scene. (There were some ripping tool as freeware in Japan.) Can we call our activities another “scene” ? Exploring the question is an entrusted tusk to us.

I have wanted Japanese people interested in chipmusic or demoscene to read Johan’s penetrating essay since I knew it at Anders’ site.

Thank Johan and Anders for realizing my hope.

Among translating the essay, I have been motivated by the conversations with these people below. Many thanks! With their strong thought and musical challenges as well as the fruits by Johan and Anders, I would like to mention more the Japanese history of trackers in another place in another way.

Thanks to … KUNIO, Kabakism, hide.h, KAZ a.k.a.HIGE, hally, hizmi and Setsuko Hyodo.

Leave a comment

Filed under amiga, article, english

Amiga Music Programs 1986-1995 by Johan Kotlinski

NoiseTracker V2.0 – screenshot taken from Mahoney’s site

Johan Kotlinski(Role Model、Mathman)が、大学の科目のために、2003年にスウェーデン語で執筆し、2009年に自らの手で英訳したエッセイ、「Amiga Music Programs 1986-1995」の日本語訳を公開します(英語版からの翻訳です)。

Johan Kotlinski (2009) – アミガ・ミュージック・プログラム 1986-1995 [PDF] SkyDrive / Google Drive

「アミガ・ミュージック・プログラム」は、現在も私たちの身のまわりに見出せる、「トラッカー」と呼ばれるタイプの音楽制作ソフトウェアの歴史を、80年代後期に登場したホーム・コンピュータ、アミガを起点にひも解いた文書です。

英語版はAnders Carlsson(goto80)の運営するサイト、CHIPFLIPをホストとして公開されました。

Paper: Amiga Music Programs 1986-1995 | CHIPFLIP

日本に住む私たちにとって、「トラッカー」を起源に持つ音楽制作ソフトウェアとして、今現在いちばん知られているのは、おそらくRenoiseと、Johanの制作したLSDjでしょうか。これらのモダンなトラッカーの祖先はかつて、どのように現れたのか。Johanのエッセイは、私たちの知るツールの興味深い来歴を教えてくれます。

また、これはトラッカーが、ゲーム・クラッキングに端を発する「シーン」と呼ばれるアンダーグラウンド・ムーヴメントと連動して発展していった経緯を知ることができる、コンパクトかつシャープな歴史学的考察でもあります。

ヨーロッパを中心とする、コモドール64やアミガといったホーム・コンピュータ・カルチャーも、トラッカーというソフトウェアの隆盛も、またシーンというものに関しても、日本ではヨーロッパほどその浸透の痕跡の確認ができないにしろ、しかし全く無縁であったわけでもありません。それどころか、例えば、日本のMMLユーザーが、ここに「何が書かれていないか」と問うことも、十分可能です。ここから比較検討始めることは要請されるべき思考実験です。最初の発表から10年経った現在でも、テクストの可能性は尽きていません。

あらためて強調したいと思いますが、トラッカーに関する調査ならびに省察は、世界中において、今なお進行中です。例えば、Johanはトラッカーをエッセイのなかでsyntheticalとsample-basedとにカテゴライズしていますが、2009年の時点でも、この区別は優れた概念化である一方、決定的だったというわけではありませんでした。2012年、AndersはJohanが試みたトラッカーのカテゴリー化に対する一つの応答を、記事にまとめました。そこで彼は、Soundtrackers、Hypertrackers 、Acidtrackersという、トラッカーの新たな三つのカテゴリーを提唱しています。

かつて私はコモドール64で制作された音楽を聴いてるとき、80年代末から90年代にシーンで活躍した音楽家(VGMコンポーザーを除く)の多くが大変若いことに気がつき、驚いたことがあります。シーンの年齢=時代、チップミュージックの年齢=時代、ここにはなにか特別な秘密があるのではないか。これはJohanも指摘する通り、シーンがティーンエイジャーを中心に形成されたことに由来します。
すぐにその事実は、日本に住む私たちが同様にティーンエイジャーの時から、手段は違うにせよ、PCを使って音楽を制作していきたことに思い当りました。私たちはもちろんオリジナルの音楽を作りもしましたが、シーンのティーンエイジャーのように商用ゲームに使用された音楽をリップし(そのようなフリーのプログラムは日本でも存在しましたが)、所有化し、別のプロダクトに編入することより、私たちは純粋に「カバー」することを楽しんできたと言えるかもしれません。それもまたもう一つの「シーン」と呼べるしょうか。この問いの先を探ることは、私たちに託された課題です。

Andersのサイトで、このエッセイを知って以来、いつか日本のチップミュージックやデモシーンに関心を持つ人たちにも読んでもらいという思いをひそやかに抱いてきました。

この願いを実現させてくれた、JohanとAndersに感謝します。

翻訳している途中、次の方々との会話から刺激をうけました(敬称略)。ありがとうございます。JohanとAndersの成果に加えて、彼らの力強い思考と音楽的挑戦をたよりに、私は日本におけるトラッカーの歴史について、また別の場所で、別のかたちで触れたいと考えています。

KUNIO、Kabakism、hide.h、KAZ a.k.a.HIGE、hally、hizmi、兵藤説子

Leave a comment

Filed under amiga, article, translation

「Bad Scene Poets――Demo-graphicsからDemo-graphismへ」

国内のデモシーン・ポータル・サイトDEMOSCENE.JPで企画されたメガデモアドベントカレンダーに参加しました。
デモ・メイキングやデモシーンへの案内を目的とした記事を連続投稿する企画です。
私は「Bad Scene Poets――Demo-graphicsからDemo-graphismへ」という表題で記事を寄稿させていただきました。
デモシーンのもう一つ「グラフィックス」=「テキスト」に焦点をあてました。

I took part in Megademo Advent calendar that DEMOSCENE.JP (demoscene portal site in Japan) planned.
In this project contibutors posts articles about demo-making or introduction to demoscene on the site.
I wrote an article titled “Bad Scene Poets; From Demo-graphics to to Demo-graphism.”
I focused on “text,” another graphics of demoscene in the article.

C64シーンでは、Hermit(彼は音楽家でもあります)によるクロスプラットフォームのグラフィック・エディタ、HermIRESがつい先ほどリリースされたことを追記したいと思います。

P.S.
In the C64 scene Hermit released HermIRES , which is a cross-platform graphics editor for Windows and Linux.

Thanks for the info, Hermit. Nice work!

Leave a comment

Filed under amiga, ascii, c64