Interview with Vince Kaichan

* This article is written in both English and Japanese.
* インタヴューの日本語訳は下部にスクロールしてご覧下さい。

I proudly present a long interview with Vince Kaichan, an electronic musician from California, United States.
He has energetically released a lot of songs with exploring several different platforms since he got a Gameboy and LSDJ in 2010 even though he says he is not a energetic person.

Home computers had come to obtain high performance enough to handle modern DAWs and MP3 had become more and more popular, and then some of tracker musicians once stopped to use trackers or share their module files on on-online. But he went to a invert path compared to that.

Today he lives in the world where a combination of a Gameboy and LSDJ, one of standard approaches to chipmusic, is not novel at all and has been creating his own way with a great amount of legacies of it. It’s a time of mutation…

Note: this interview was heavily motivated by the conversation with Vince during his stay in Japan.

アメリカ・カリフォルニア州のエレクトロニック・ミュージシャン、Vince Kaichanのロング・インタヴューをお届けます。
彼は自分のことをエネルギッシュな人間ではないと語るのですが、2010年にゲームボーイとLSDJを手にして以来、さまざまなプラットフォームを開拓しながら、精力的に数多くの楽曲を発表してきました。

ホームコンピュータが現代的なDAWを操作するに十分なほど高性能化が進み、MP3フォーマットがますます有名になると、かつて一部のトラッカー・ミュージシャンはトラッカーを使ったり、あるいはオンライン上でモジュール・ファイルを共有したりすることを止めてしまいましたが、彼はそれと比べるなら逆の道を歩みました。

チップミュージックへの標準的アプローチの一つであるゲームボーイとLSDJという組み合わせが目新しくもなくなった世界に生きながら、今日彼は、チップミュージックの大きな遺産とともに自らの道(やり方)を切り開いています。変異の時……。

(このインタヴューは日本留学時のVinceと交わした会話を直接の動機としています。)

profile picture

Vince Kaichan

Vince Kaichan’s Official Site
http://vincekaichan.com/

 

Interview with Vince Kaichan (2015)

SID Media Lab (SML): First of all, please introduce yourself.

Vince Kaichan (VK): Hi, I’m Vincent Chang, aka Vince Kaichan (formerly known as VCMG). I like old, obsolete things and have been making various kinds of music with those old, obsolete things since around 2010.

SML: You studied in Japan from July to early December in 2015. Why did you decide to go to Japan in order to study abroad? Also, could you tell us what the five months brought to you?

VK: I decided to study abroad in Japan because I had already been studying Japanese by myself for around 3 years, and I saw it as an opportunity to ‘prove’ myself after those 3 years of hard work and effort. I actually started learning Japanese because I felt really embarrassed that I couldn’t (and still can’t) speak Chinese even though I’m Chinese-American due to bad experiences when I was young, so coming to Japan had some very personal motivation behind it.

In those five months I was really able to make lots of cool friends as well as try out a new style with my music. Although I’d already planned on going to some chipmusic events while I was there, it was Kabakism-san’s invitation to perform at Lo-Bit Freedom that really introduced me to Japan’s chipscene. Thanks to his invitation, I was able to go to and participate in a lot more chipmusic events while I was there than I expected.

The beautiful urban scenery of the Greater Tokyo Area also inspired me to write music that felt much more personal than before. Being able to walk among the dense sprawl of low-rise and high-rise buildings every day was both exciting and emotional, especially coming from Los Angeles, a very spread-out city.

SML: When and how did you know chipmusic in on-line and real life, respectively? What kind of context were you interested in the most when getting into the chip scene, e.g. game, tool, DIY, the demoscene, etc?

LSDJ

LSDJ (Little Sound Dj)

VK: I don’t remember exactly how I first discovered chipmusic, but around the 7th grade I stumbled upon Anamanaguchi and Crystal Castles on YouTube at around the same time. I heard some tracks that Anamanaguchi were making for the soundtrack to Scott Pilgrim vs. the World: the Video Game, and I think I found Crystal Castles from an article somewhere. I kept searching around for more of this cool music until in the 8th grade I found little-scale’s videos of his (very old!) Gameboy songs, and once I found out I could make this kind of music too I bought a flash cartridge and started writing with LSDJ on a Gameboy Color.

As someone who didn’t actually start playing video games until the Nintendo Wii came out, I don’t have the same feelings of nostalgia that a lot of other chipmusicians do. I think I was initially most interested about the limitations that LSDJ and the Gameboy had; I had tried to write music occasionally before with tools like GarageBand and Sibelius, but had always gotten frustrated because the programs were too complex and open-ended for me to understand at the time. The 4-note-polyphony and limited timbre possibilities of LSDJ let me really focus on just making music and practicing my skills so that I could work my way up to more complex techniques.

SML: You are from Irvine, California. Have you met other musicians, developers, and fans connected to chipmusic, and have you been to chipmusic parties in the West Coast?

VK: Actually, I grew up in Simi Valley, California, but I go to university in Irvine. When I was in Simi Valley, I only ever met one other chip artist, and he stopped making chipmusic and ended up giving all his gear to me only a few months after we met. I heard somewhere that 8 Bit Weapon might originally be from Simi Valley, though.

I’ve been to a small number of chipshows in the West Coast, although distance and lack of a car make it difficult for me to attend more. The main shows I’ve been to are Frequency Festival and Hack the Planet, both in Los Angeles.

hack the planet poster

Hack the Planet

SML: Do you think there are specific differences between the West Coast and the East Coast in the chip scene?

VK: I’ve only really experienced the chipscene around Los Angeles so I can’t say for sure, but I do feel that the East Coast scene in particular feels very established compared to the more DIY feel of the LA scene. There was of course Blip Festival for a long time, and even today there are many smaller groups that put on regular shows like 8static throughout the year. I would compare it to the Tokyo chip scene, since I think they have similar levels of activity.

Around LA, it often feels like there’s really only one group of people organizing chip/lo-fi shows regularly, and while attendance at those shows seems to be increasing lately I haven’t really heard of very shows that weren’t organized by them. I haven’t participated in the live scene for very long though, so I could be wrong.

SML: I hear you had learned the violin for about 11 years since you were an elementary school student. Do you think the experience has affected writing chipmusic using music trackers on a Gameboy or a laptop? It is not uncommon chip musicians played one or more than one instruments before getting to chipmusic; Joris de Man aka Scavenger, a famous musician in the Atari ST scene, also played the violin at six like you.

VK: Studying violin and other musical instruments for a long time definitely shaped my style, although I’m not sure exactly how much. I think the most important thing I got from those instruments was learning how to put expression into a melody using things like vibrato, dynamics, legato and so on, as well as basic music theory and structure. I know that the way I used vibrato in melodies for a while was based off of how I learned to use vibrato with the violin. It was very helpful to already have a basic intuitive sense of these elements when I started writing music seriously, since I could focus more on developing my songwriting and arrangement skills.

SML: It seems the latest two releases from CheapbeatsPower Tricks and Sunday Groove – present a marked contrast. Roughly speaking, the former thoroughly shows your pop side, namely, it is danceable, more aggressive, and uplifting; the latter clearly shows your recent ethos, namely, it is jazzy, moody, and mo’ funky. How did your musical backgrounds work in the both?

VK: If I had to say, I think Power Tricks reflects more of my older influences. For a few years I listened exclusively to classic rock and progressive rock, and that’s where a lot of influence came from in those tracks. Of course, I also drew lots of inspiration from various types of electronic music, but I deliberately wrote in a more straightforward, harder style to contrast with the jazziness and mood of Sunday Groove.

Sunday Groove’s style was a reflection of me getting more interested in jazz and more laid-back genres of music. I’m not usually a very energetic person, and this was the first time that I felt confident enough to try and express that through music. I enjoy music laying back with headphones, and this album’s style is supposed to reflect that sort of relaxed feeling.

PB

Pxl-Bot

 

SML: You began to release your chiptunes in 2011 and then two EPs – Semi-Picturesque and Focal Point – were released from Pxl-Bot, a netlabel founded by Andrew Kilpatrick and Alex Kelly, in the same year. After that, you have been related to their other projects such as The Waveform Generators and Weekly Treats. How did you become acquainted with them? Also, as a distributor and a curator, what kind of persons is Andrew?

VK: I released those two EPs in the time before Bandcamp became really popular among chipartists, so many people (including myself) believed that finding a netlabel to release with was essential to being noticed on the internet. I had been searching around for netlabels who were looking for music similar to mine, and I finally settled on Pxl-Bot and sent them a demo. After that we kept in contact, so when he did other chiptune projects he invited me to them.

Andrew is someone that I think the chipscene sorely needs more of. Any internet-based music scene can be very hard to follow or keep track of, so having someone who was dedicated to actively seeking out great chipmusic both known and unknown and sharing it with everyone was a very precious thing, and I hope that there will be more people like him in the future.

Semi-Picturesque, Focal Point

Semi-Picturesque (PB028) / Focal Point (PB053)

SML: A few of your tracks (“Midnight Snowflake”, “Iskloo Dandruff (Morningstar Express)”, and “In The Stars”) have been released from Chiptunes = Win since 2012. You have contributed your music for some collectives related to chipmusic. What kind of meaning do you think that has?

In other words – you have released your own music collections from some labels, and besides, contributed your tracks to some compilation albums from chipmusic collectives such as Chiptunes = WIN, μCollective, and Chip for Cancer. What is special meanings of participating in such activity (I point the latter)?

VK: I guess it could show how the chipmusic scene has slowly grown more open about what can be considered chipmusic, since my first contribution was the only one that was purely using actual computer sound chips. Especially with the Chiptunes = WIN compilations, there is a large variety of styles, and I think it shows the growing idea of chipmusic as a philosophy in addition to a sound palette.

SML: Sometimes you refer to products from the demoscene not limited to music. What legacies do you inherit from it? In my opinion, On Thin Air, an EP made with SunVox released in 2012, was an epoch release which makes me feel vibrant influences of FastTracker 2-like chipmusic in the demoscene.

VK: The demoscene ethos of finding different ways of using the same tool is definitely something that I aspire towards. One of my goals in any project I do nowadays is to do something different, even if it’s only slightly so; this is what led to me trying out latin Gameboy music with Yolanda, as well as the other jazz and hiphop-inspired work I’ve done lately. Although I am not nearly good enough at programming to actively participate in it, the demoscene is definitely something I look to for inspiration.

Yolanda

Yolanda (TWG018)

SML: In the interview article conducted by The Waveform Generators, you mentioned “Bluesight” by Nonfinite as a crucial song when you wrote chiptune. What do you think you have developed your own styles of making music from his music?

VK: “Bluesight” influenced me in so many ways, but some of the biggest ones were my approaches to melody, channel economy, percussion, and general music style.

LSDJ and the Gameboy are naturally suited towards dance music, so hearing someone write a song in a very relaxed, slow-paced, un-dance-like style was very interesting, and encouraged me to try experimenting in less-prevalent styles of Gameboy music. He also uses a fair amount of dynamics in the song, which is something that many people tend to gloss over in their music.

I was also amazed at how Nonfinite was able to have 5 different elements (melody, harmony, bassline, kick drum, percussion) even though the Gameboy only has 4 channels. Once I figured out how he put the kick drum and bassline on the same channel and created the illusion of a continuous bassline, I started to understand how to create full-sounding arrangements with one Gameboy and tricks like that.

Nonfinite Electronics

Nonfinite Electronics

This aspect is a little difficult to explain, but the melodies in “Bluesight” also had a big influence on me, and for a long time I was half-copying his style in a lot of my early Gameboy work.

Finally, the snare drum in “Bluesight” also showed me how layering sounds over each other could create even better sounds. It took me some time to figure out how to incorporate this into my music, but it’s what allowed me to get the strong timbres I used in Power Tricks.

SML: It can be said that Sunday Groove is the release which preserves influences from the demoscene music the most so far in your releases. At the same time, as far as I know, I think it is not slimier to past releases from the demoscene. It makes me feel breath of American music – coda’s music also reminds me the impression. How have you breathed American music in a broad sense?

VK: From a very young age I had always liked music of (almost) all kinds, so with the US being such a cultural center I’ve been exposed to many different types of American music. My father grew up around a lot of American folk and country music and shared it with me from a young age, so that was some of the earliest music I ever listened to. Maybe listening to that type of music from a very young age had some effect on me.

SML: You have also written music for some (unfinished) games such as Solar System Smash and KingSlash. Are you interested in developing games?

VK: I am definitely interested in developing games, but it’s not a priority for me. If an opportunity to develop games for a living come, I would definitely consider taking it, but I am also satisfied with other types of software development, since game development can be a very stressful field at times.

SML: You mainly used LSDj, SunVox, OpenMPT, and SID-Wizard. Could you tell us their respective impressions and advantages?

VK: LSDJ’s main strength is its simplicity and portability. LSDJ and the Gameboy are some of the less-complex platforms and tools in chipmusic, and the rawness of the Gameboy’s sound makes it easy to get powerful, impressive sounds. Added to the fact that the Gameboy is very portable, I think LSDJ is a great tool for any chip artist. The only downside is that its limitedness makes it difficult to create certain genres of music, and songs can sound samey because of the limited timbres.

SunVox’s strength is its intuitive synthesis patch bay. It’s a very graphical system and you can understand how sounds are built up through different sound generators and effects at a glance. For someone like me who didn’t know much about synthesis or sound processing at the time, it was very helpful to be able to see how different parts came together to create a certain sound. The only thing about SunVox is that the tracker/sequencer parts of the program feel a little unpolished to me, especially compared to the classic DOS trackers and OpenMPT. It’s mostly personal preference, though.

SID-Wizard

SID-Wizard

OpenMPT has many very helpful module editing functions, which help eliminate some of the tedium that comes with using trackers. Its native Windows user interface also alleviates some of the annoyances I have with DOS/keyboard-based trackers, such as only being able to see 5-8 channels on screen at once, and allows the best parts of both keyboard and mouse. Overall, it’s my preferred module editor because of its versatility and power. The only thing is that it’s not as [is] suited for things other than sample-based tracking; although there is VST support, I find it a little clunky to use.

Finally, although I don’t have as much experience with C64 tracking as I do with other platforms, I think SID-Wizard is a very easy-to-use C64 tracker. Its FastTracker 2-ish approach to showing information onscreen makes things easy to understand, and the only real hurdle I have is understanding how the SID chip itself works. The chip is temperamental and has a fair number of idiosyncrasies that can take some time to learn.

SML: Considering the cover arts and track names of your releases, I think your music is often affected by (images of) natural phenomena, landscapes, and the universe. How have you decided them?

VK: Naming things is actually the hardest part of making music for me. Many of my tracks start with a small, abstract musical idea instead of a concrete thought or image, so trying to find words and images that match the feeling I was conveying in the music can be very difficult. I use song titles to give a hint towards the mood I wanted to create.

SML: You are a fan of mecha (robot) anime such as Mobile Police PATLABOR and science fiction, right? Please tell us why they attract you. Also, are you inspired from them when writing music?

VK: I was exposed to technology from a very young age by my parents, and one of my earliest interests besides music was astronomy, so I think I’m just naturally drawn towards things that seem futuristic. Seeing what people think technology will be able to do in the future is very interesting to me.

I don’t think I take direct inspiration from mecha in my music very often, but I do really like the theme songs from 80s and 90s shows such as Patlabor. The earnestness of the lyrics and cheesy, dated synthesizer sounds evoke fuzzy feelings of perseverance and determination in the face of obstacles that for some reason resonate with me more than songs with contemporary sound design.

SML: You performed at a webshow associated with Frostbyte’s new release with Cheapshot, Roboctopus, and others in 2012.  How was the webshow? Also please tell us the details of your appearance.

VK: I think this was the first time I’d ever played any of my songs ‘live’ in any way, so I was extremely nervous about stage presence and not having anything to do except pressing the Start button. Apparently people liked the music I played so I guess it wasn’t all bad, but if I had another chance I would definitely redo my set in a different way.

SML: You have used music trackers. It is difficult to use trackers in their own when you perform in front of an audience. And the structure of your music is complex to interfere with or play around in real-time. However, what is possible? In other words, how do you want to be unique as a performer?

VK: I’ve actually been working on a different live approach lately, and I hope to debut it in mid-January. Basically, my music is more suited to a live band than a DJ mixing performance, so I feel that the best way to perform is to actually play an instrument along to the song. In the setup I’m creating right now I basically take away elements of the song so that I can play them myself on a keyboard. In the future I hope to expand on that and introduce new soloistic sections to songs so that the songs I perform are unique from the versions that appear on my releases.

SML: What do you think how the hacker culture is related to chipmusic?

VK: I think the ideas behind chipmusic are connected to hacker culture in the spirit of finding unintended uses for things, although maybe chipmusic doesn’t have quite the same destructive side as hacker culture can. I am not very involved in hacker culture, however, so I don’t know all the facets that make it up.

SML: You have observed and belonged to some chip communities in on-line. Not all continue to exist today – especially, I recall 8 Bit Collective (8bc). Can you please tell us a few memorable remarks or jokes among them?

VK: I joined 8bc in 2010, only about a year before it began to fall apart, so unfortunately most of the events I can remember are the various fiascos and witch hunts that happened once in a while, such as when someone was caught pretending to perform other people’s songs by playing them from an iPod and dancing around with a Gameboy with no cartridge inserted. The whole story on how 8bc eventually disappeared is also pretty interesting but probably too long for this question.

I guess the most memorable thing to me was that the very last song to be uploaded to 8bc before it vanished completely was a cover of Daft Punk’s “Da Funk”. The upload function and all the music players on the site had already been broken for a while, so no one could upload or listen to anything on the site, and this single track sat at the very top of the Recent Uploads list on the front page for weeks as everyone tried to make sense of what was happening. Many people saw it as an ignominious thing to end 8bc with.

SML: What will become important in the chip scene? For example, archiving and critiques.

VK: I think archiving and curation will definitely become important as more and more people go in and out of the scene, especially with how decentralized the online scene has become after 8bc disappeared. There’s tons of great unknown chipmusic out there that may never be seen by anyone because the internet is so vast.

SML: Chipmusic has been stimulated by various types of dance music and chipmusic parties are often oriented toward dance music. But to imagine a non-dance music party should not megalomania. What new type of party do you imagine? Also, who would you like to invite there?

VK: I would love to see someone put together a show that is basically just a big hangout. Instead of a dancefloor there would be lots of comfy chairs and sofas for everyone to sit and relax while listening to interesting music, like the chiptune equivalent of a jazz bar.

Looking through my chipmusic library, a few artists I’d love to invite to such a party would be: aviel, hizmi, freezedream, Jellica, little-scale, Poke-1,170, Simeon Smith, Zan-zan-zawa-veia, Rico Zerone and others. Of course, some of these artists do other styles besides low-energy chiptune, but anyone who makes music that is too relaxing to jump up and down to would be welcome to perform.

SML: Please introduce chip musicians, developers, or contributors who you respect and trust.

VK: Andrew Kilpatrick’s curation work through Weekly Treats is great, and I’m sad that the project has ended. I hope that someone else will take up similar projects in the future.

cTrix is someone I hugely respect because not only does his music sound so vibrant, alive and effortless, but he also has worked on so many different chipmusic platforms, even creating his own tools.

Nighthawk is a module artist from the late 90s/early 2000s who does great work with FastTracker 2, and his mods have influenced my modmusic work a whole lot. Apparently he’s also the developer for the NEStopia emulator.

SML: What do you define yourself as? For example, a chip musician, a tracker musician, an electronic musician, a composer, or something else?

VK: I just call myself an electronic musician who likes lo-fi sounds nowadays because some of the music I write nowadays has a very tenuous relationship to chipmusic. A lot of chipartists I know have also been going the same way in that they start to branch out from pure chipmusic and start incorporating its elements into other types of music.

SML: Finally, please tell us some projects you work on or want to challenge, if possible.

VK Right now I’m preparing a live set for a performance next month, as well as working on another OpenMPT song collection. After I finish that, I’d love to mess around with other chipmusic platforms like the SNES and MSX as well as do more work with the C64.

 


 

Vince Kaichan's Favorites

Vince Kaichan randomly selected his favorites.

 

Vince Kaichan Discography

2011

Genesis *
Untitled *
Semi-Picturesque *
Focal Point *

2012

GLASS BEADS
Journey
Earthshine
On Thin Air

2013

Rising

2014

Ilio
Yolanda

2015

Sunday Groove
Power Tricks

* Released as VCMG.

It is easy to access any album and other songs as well by Vince Kaichan, but I selected a playlist composed of 11 tracks from his SoundClound account. Upon considering the music order, I deliberately rearranged them so that their date of creation and used tool were uneven. But because of it, you could realize his underlying tough capacity to compose and arrange music.

Vince Kaichanのどのアルバムにもその他の曲にも容易にアクセスすることができますが、彼のSoundCloudアカウントから11曲を選び、プレイリストを作成しました。曲順を考えるにあたって、制作年代や使用ツールがばらばらとなるように、意図的に配置を組み替えてあります。だがそれゆえに、彼の根底にあるタフな作曲・編曲能力を見取ることができるはずです。

 


 

SID Media Lab (SML): まず初めに、自己紹介をお願いします。

Vince Kaichan (VK): こんにちは、Vince Kaichanの名で活動しているVincent Changです(以前はVCMGと名乗っていました)。古い、すたれたものが好きで、2010年頃から、そうした古くて今は使われていないものを使って色々な種類の音楽を作り続けています。

SML: 2015年の7月から12月上旬まで、日本で留学をされていましたね。留学のために日本に行こうと決めた理由は何だったのでしょう。また、この五ヶ月間があなたにもたらしたものを教えていただけますか。

VK: 約三年間、すでに自分自身で日本語を勉強してきたということもあって、日本に留学することを決めました。またこの留学を僕は、実際に日本語を学び始めたこの三年間の猛勉強と努力の後で自分自身の「力を発揮する」機会であるととらえていました。実を言うと、若い頃にした嫌な体験のために、中国系アメリカ人であるにもかかわらず中国語を話せなかった(未だに話せない)ことを本当に恥ずかしく感じていたという理由から日本語を学び始めたんです。だから日本に行くことには、その裏にとても個人的な動機がありました。

この五ヶ月間で、自分の音楽で新しいスタイルをめいっぱい試せただけでなく、たくさんのクールな友人を作ることができました。日本にいる間、もともとチップミュージックのイベントに出かけるつもりではいたのですが、実際に日本のチップシーンに名乗りでることになったきっかけは、KabakismさんがLo-Bit Freedomで演奏するよう誘ってくれたことです。彼が誘ってくれたことで、滞在中、自分で想像していたよりも多くのチップミュージック・イベントに参加することができました。

また、首都圏の美しい景色は以前にも増していっそうパーソナルな感じの音楽を作ろうという気に自分をさせてくれました。特にロサンゼルスというだだっ広い都市からやって来たということもあり、毎日、低層・高層ビルが犇めくなかを歩くのは、胸を高鳴らせ感情を揺さぶることでした。

Los Angeles Street

LA Street

SML: オンラインと実生活のそれぞれで、チップミュージックにいつ、どのように出会いましたか。チップシーンに入っていく時、あなたの興味を惹いたのはどんな種の文脈だったのでしょうか。例えば、ゲーム、ツール、DIY、デモシーン等々。

VK: チップミュージックと最初にどう出会ったか、はっきりとは覚えていないのですが、中学一年生の頃Anamanaguchiと、そして同じ頃にYouTubeチャンネルでCrystal Castlesのことを偶然知りました。Anamanaguchiに関しては、「スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド:ザ・ゲーム」のために制作したトラックを何曲か聞いて、Crystal Castlesはどこかの記事で知ったんじゃないでしょうか。little-scaleがゲームボーイで作成した(もの凄く昔の!)曲のビデオを中学二年生の時に見つけるまでずっと、こういった格好良い音楽についてもっと調べまわることを続けていました。そして自分もこの種の音楽を作れるのだと分かると、フラッシュカートリッジを購入し、ゲームボーイカラーでLSDJを使って作曲を始めました。

Nintendo Wiiが発売されるまでヴィデオゲームを実際に遊び始めることがなかった人のように、他の多くのチップミュージシャンたちが抱くのと同じノスタルジアの感情を僕は持っていません。初めのうちは、LSDJおよびゲームボーイの持つ諸々の制約について最も関心があったように思います。それ以前にも、GarageBandやSibeliusのようなツールを使って時折作曲を試みたことはありました。でも当時自分が理解するにはプログラムがあまりに複雑で、また制限が設けられていないということから、いつも苛々してばかりでしたね。LSDJの最大発音数が4つであるという点と、限られた音色の可能性のおかげで、僕はもっと複雑なテクニックまで高められるように、ひたすら作曲し、自分のスキルを磨くことにのめり込むことができたんです。

SML: あなたはカリフォルニアのアーバイン出身ですね。チップミュージックと関連のある他のミュージシャンやデベロッパと会ったことはありますか。また西海岸のチップミュージック・パーティに行ったことは。

VK: 実は、生まれ育ったのはカリフォルニアのシミバレーというところなんですが、[現在は]アーバインの大学に通っています。シミバレーにいた頃、出会った自分以外のチップ・アーティストは一人きりです。彼はチップミュージックの制作をやめてしまって、顔を合わせて数か月たらずで、自分の機材を全て僕に譲ってくれました。でも、8 Bit Weaponが元々はシミバレー出身であるとどこかで耳に挟んだことはありますね。

西海岸のチップ・ショーに出かけたことはそんなにありませんが、それに輪をかけて自分が参加することを難しくさせているのは、移動距離と車を持っていないことです。出かけたことのある主なショーをあげると、Frequency FestivalとHack the Planetです。どちらもロサンゼルスで開かれたものです。

frequency fest 4 poster

Frequency Festival

SML: チップシーンにおいて、西海岸と東海岸のあいだで明確な違いがあると思いますか。

VK: ロサンゼルス周辺のチップシーンしか本当に経験したことがないので、確信を持っては言えないのですが、とりわけ東海岸の感じは、もっとDIY寄りのLAシーンの雰囲気と比べると、きわめて確固としたものであると感じます。言うまでもなく、長年Blip Festivalが開かれていましたし、今日でも一年を通して8staticのような定期開催されるショーには、中小のグループが多く出演しています。それを東京のチップシーンになぞらえられもしましょう。というのも、両者は似通った活動水準を持っていると思うからです。

LA周辺では、定期開催されるチップ/ローファイ・ショーを計画しているのは、たった一つの集団しかないんじゃないでしょうか。そういったショーの観客数は最近上り調子なように見える一方、僕自身は彼らが催すショーを実際にはあまり耳にしたことがありません。もっともずいぶんと長くライヴシーンに足を運んだことがないので、取り違えをおかしているかもしれません。

SML: 小学生の時から11年間ヴァイオリンを習っていたそうですね。その経験はゲームボーイやラップトップでのトラッカーを用いたチップミュージックの曲作りに影響を及ぼしていると思いますか。チップミュージックに至る前に一つまたはそれ以上の楽器を演奏していたというチップミュージシャンはけしてめずらしくはありません。Scavengerの名で知られるAtari STシーンで著名なミュージシャン、Joris de Manもあなたと同じように、6歳の時ヴァイオリンを弾いていました。

VK: 長年にわたるヴァイオリンおよびその他の楽器の学習こそが、確実に自分のスタイルを形作ったものですね。もっともどれくらいは、はっきりとは分かりませんけど。それらの楽器から得た最も大切なことは、ヴィブラート、ダイナミクス[音の強弱]、レガート等を用いて表現を一つのメロディにそそぎ込む仕方と、加えて基本的な音楽理論および音楽構造を学んだことです。一時の自分のメロディにおけるヴィブラートの使用方法は、ヴァイオリンに対して習ったヴィブラートの使い方に基づいていました。腰を据えて作曲を始めた時、これらの要素に関する基本的な直観をすでに持っていたことが、本当に役立ちました。なぜかと言うと、[そのおかげで]作曲と編曲のスキルを磨くことにもっと集中することができたからです。

Sunday Groove, Power Tricks

Sunday Groove (CB034) / Power Tricks (CB039)

SML: Cheapbeatsからリリースされた過去二作――Power TricksSunday Groove――は対照を成しているように思われます。乱暴に言うなら、前者はあなたのポップな側面を、ダンサブルで、よりアグレッシヴで、昂揚的な側面を存分に示し、対して後者はあなたの最近のエートスを、すなわちジャジーで、ムーディーで、もっとファンキーな側面をあざやかに示しています。両作において、あなたの音楽的背景はどのように働いたのでしょう。

VK: どちらかと言えば、Power Tricksは自分の昔の影響をより反映しているんじゃないかと思います。数年の間、ほとんどクラシック・ロックとプログレッシヴ・ロックしか聴かなかったことがありました。それがそれらのトラックにおける影響の多くの源ですね。もちろん、様々なタイプのエレクトロニック・ミュージックからもまたインスピレーションをたくさん受け取るのですが、Sunday Grooveのジャズ要素〔jazziness〕とムードに対して、意図的にもっとストレートな激しいスタイルで曲を作りました。

Sunday Grooveのスタイルは、ジャズやもっと落ち着いた感じの音楽ジャンル対する関心が高じてきていることを映し出したものです。僕は通常、あまりエネルギッシュな人間ではありません。そして本作は十分に音楽を通してそのことを試み表現できたと自信の持てる初めてのことでした。僕はヘッドフォンをかけてくつろいだ姿勢で音楽を楽しんでいるのですが、このアルバムのスタイルは、そんなリラックスした感じを表しているのではないでしょうか。

SML: あなたは2011年にチップチューンをリリースし始め、それから同年にAndrew Kilpatrick とAlex Kellyが設立したネットレーベルであるPxl-Botから、二つのEP――Semi-PicturesqueFocal Point――がリリースされました。その後もあなたはThe Waveform GeneratorsWeekly Treatsのような彼らのその他のプロジェクトと関わってきました。どのようにして二人と知り合ったのですか。また、ディストリビューターやキュレーターとして、Andrewはどんな人ですか。

WeeklyTreats

Weekly Treats

VK: Bandcampがチップ・アーティストたちのなかで流行る前、リリースを担うネットレーベルこそがインターネットで気付かれるのに不可欠であると(自分自身をふくむ)非常に多くの人たちが信じていた時代、その二つのEPをリリースしました。自作のような音楽を求めているネットレーベルを探しまわっていて、やがてデモを送ったPxl-Botに落ち着きました。その後も僕たちは連絡を取り合い続けていたので、彼がその他のチップチューン・プロジェクトを行動に移した時、僕を誘ってくれたんです。

Andrewは僕が思うに、チップシーンがもっと切に必要とする一角の人物です。インターネットをベースとしたどの音楽シーンも、後追いしたり、跡をたどったりすることがとても難しい、ということがあります。ですから、既知と未知双方の素晴らしいチップミュージックを探し当て、それをみんなとシェアする活動に身を投じる人物がいるというのは、きわめて貴重なことでした。この先、彼のような人がもっと多く現れるとよいのですが。

SML: 2012年以来、いくつかあなたのトラック(Midnight Snowflake、Iskloo Dandruff (Morningstar Express)、In The Stars)がChiptunes = Winからリリースされてきました。あなたはチップミュージックと関連するいくつかの集団〔collectives〕へ音楽を提供してきました。そのことはどんな種類の意味があると思いますか。

言い換えましょう――あなたはいくつかのレーベルからあなた自身のミュージック・コレクションをリリースすると同時に、Chiptunes = WIN、μCollectiveChip for Cancerといったチップミュージック共同体(コレクティヴ)のコンピレーション・アルバムへのトラックの提供を続けています。このような活動(ここでは後者を指します)に参加することの特別な意義とは何でしょう。

VK: チップミュージック・シーンがゆっくりと、チップミュージックと見なされるものについていかに寛容になってきているかを、そのことは示してくれているのではないでしょうか。どうしてかと言うと、僕の最初の提供曲は、まごうことなき実際のコンピュータ・サウンドチップを使った唯一のものだったからです。とりわけChiptunes = WINのコンピレーションには多種多様なスタイルが存在し、サウンドパレットとしてだけでなく、フィロソフィーとしてのチップミュージックという、いや増すアイデアをそれは示しているように思います。

SunVox

SunVox

SML: 時々、あなたは音楽に限らずデモシーンのプロダクトに言及することがあります。あなたはデモシーンから受け継いでいる遺産はどのようなものですか。私見では、2012年にリリースされたSunVoxで制作されたEP、On Thin Airは、デモシーンにおけるFastTracker 2風のチップミュージックからの鮮烈な影響を感じさせる、画期をなすリリースであったように思われます。

VK: 疑いなく、同じツールを用いて異なったやり方を見つけるというデモシーンのエートスは、僕が渇望するものです。最近行っているどのプロジェクトでも、僕の目的の一つに、たとえ微々たるものであるとしても、何か違ったことをするということがあります。これこそが、Yolandaでのラテン調のゲームボーイ音楽や、そればかりか近頃やり終えたジャズやヒップホップにインスパイアされた他方の営み[Sunday Grooveを主に指す]を僕に試みさせたものなのです。積極的に参加できるほどのプログラミング能力に及んでいませんが、デモシーンこそ自分がインスピレーションを仰いでいるものであることは間違いありません。

On Thin Air

On Thin Air

SML: The Waveform Generatorsによって執り行われたインタヴュー記事のなかで、NonfiniteのBluesightという曲を、あなたがチップチューンを作曲する際の決定的な曲として取りあげています。彼の音楽からあなた自身の作曲スタイルをどう切り開いてきたのでしょうか。

VK: Bluesightは色々な意味で僕に影響を与えましたが、最も大きなもののいくつかあげると、メロディ、チャンネルの節約、パーカッション、そして一般的な音楽スタイルに対する取り組み方があります。

LSDJとゲームボーイは生まれながらにダンス・ミュージックに向いています。なので、とてもゆったりとした、テンポの遅い、ダンスとは真反対の〔un-dance-like〕スタイルで誰かが曲を作っているのを聞くことはとても面白かったですし、ゲームボーイ・ミュージックであまり流行らないスタイルで実験をしてみようと、自分の背中を押してくれました。彼はまた、この曲のなかでかなりのダイナミクスを用いています。これは多くの人々が自分たちの音楽のなかで軽んじているものです。

僕は、ゲームボーイには4チャンネルしかないにもかかわらず、Nonfiniteがいかにして5つの異なった要素(メロディ、ハーモニー、ベースライン、キックドラム、パーカッション)を持つことを可能としていたにも驚きました。同じチャンネルでキックドラムとベースラインを置き、途切れないベースラインを作り出す彼のやり方を見つけ出すや、僕は一台のゲームボーイとそのような諸々のトリックを使った、過不足なく響く編曲の制作方法を理解し出しました。

この側面は説明するのが少々難しいのですが、Bluesightのメロディもまた、僕に大きな影響を及ぼしたものです。長い間、初期のゲームボーイ作品の多くで、彼のスタイルを部分的に真似ていました。

最後に、Bluesightのスネアドラムも、相互に重なり合う音がいかにいっそう素晴らしい音を作り出すかを示してくれました。この点を自分の音楽へいかに取り入れるにはいくらか時間を要しましたが、これぞPower Tricksで用いている力強い音色を獲得することを、僕に可能にしたものなのです。

SML: Sunday Grooveはあなたのリリースのなかで今のところ最もデモシーン・ミュージックからの影響を宿していると言えるのではないでしょうか。同時に、私見の及ぶ限りでは、本作はデモシーンから出てきた過去のリリースとも似ておらず、アメリカン・ミュージックの息吹を感じさせます――codaの音楽もまた私に同じ印象を思い起こさせます。あなたは広義のアメリカン・ミュージックをどのように呼吸してきましたか。

VK: 幼い頃からずっと、(ほとんど)全ての種類の音楽が好きだったので、文化的中心とも言える合衆国の一員として、実にさまざまなタイプのアメリカン・ミュージックに触れてきました。僕の父はたくさんのアメリカのフォーク・ミュージックやカントリー・ミュージックに囲まれて育ち、若い頃からそれを僕に聞かせてくれていました。なので、それが自分が初めて耳にした音楽のなかにあったんです。あるいは幼い頃にその種の音楽を聴くことが、僕に何らかの影響を与えたかもしれません。

Solar System Smash

Solar System Smash

SML: あなたはSolar System SmashやKingSlashのような、何作かの(未完成の)ゲームのためにも作曲を手がけてきました。ゲーム開発に関心はありますか。

VK: ゲーム開発にもちろん興味はあるのですが、自分にとって優先するものではありませんね。生計のためにゲームを開発する機会が来れば、引き受けることをきっと検討するでしょうが、ゲーム開発は時々本当にストレスが溜まることがあるので、その他の種類のソフトウェア開発で事足りてもいます。

SML: あなたは主にLSDj、SunVox、OpenMPTSID-Wizardを用いてきました。それぞれの印象と利点を教えていただけないでしょうか。

VK: LSDJの最大の長所は簡潔さと持ち運びやすさです。LSDJとゲームボーイは、チップミュージックのなかではあまり複雑ではないプラットフォームに入ります。ゲームボーイのサウンドのなまなましさは、パワフルで印象的な音を得るのが容易です。ゲームボーイはとても持ち運びやすいものであるという事実を加味するに、LSDJはどのようなチップ・アーティストにとっても優れたツールであると思います。唯一のマイナス面は、特定のジャンルの音楽を作り出すのが難しく、限られた音色のために曲が同じように聞こえてしまうことがあるということですね。

SunVoxの強みは、シンセシス上の直観的なパッチ・パネルです。きわめてグラフィカルなシステムなので、さまざまなサウンド・ジェネレータとエフェクトによって音がいかに構築されるかを一目で把握することができます。当時シンセシスあるいは音響処理に関してあまり知らなかった自分のような人間にとって、ある音を作り出すためにさまざまな要素がいかに一体となっているか見える点がたいへん役に立ちました。SunVoxに関して唯一不便なのは、プログラムのトラッカー/シーケンサー部分が特にクラシックなDOSトラッカーやOpenMPTと比べると、自分にとって少々洗練されていないように感じることです。もっともそれはほとんど個人的な好みではありますが。

OpenMPT

OpenMPT (Open ModPlug Tracker)

OpenMPTには、トラッカーを使用していて退屈してしまう点をいくつか除去してくれる、とても便利なモジュール編集機能が備わっています。Windowsに特化したユーザーインターフェースはまた、例えばスクリーンに一度に5-8チャンネルしか確認できないといったような、DOS/キーボードベースのトラッカーに対して僕が抱く苛立ちの元をいくつか緩和してくれていて、キーボードとマウス双方の最も良いところを使用することができます。全体的に見て、その多用途性と能力から、OpenMPTは、僕の好みのモジュール・エディターです。ただ一つ不便なのは、サンプルベースのトラッキング以外のことに向いていない点です。VSTサポートはあるのですが、使うにしてはパッとしないものです。

最後になりますが、他のプラットフォームを用いているのでC64上のトラッキング経験はあまりないのですが、SID-Wizardはきわめて使い勝手のよいC64トラッカーだと思います。FastTracker 2風のインフォメーションに関する画面表示方法のおかげで、物事を理解しやすいですね。自分の抱える真の障害は、SIDチップそれ自体の動作の仕方です。このチップは気難しく、身につけるのにいくらか時間を要する独自性がかなりあります。

SML: リリースのカヴァーアートやトラック名を考えてみると、あなたの音楽はしばしば自然現象や風景、宇宙(のイメージ)に触発されているように思います。どのようにしてそれらを決めてきたのですか。

VK: 実を言えば、ものに名前を付けることは、自分にとって音楽制作のなかでも最も難しい部分です。僕のトラックの多くは、まとまった考えやイメージではなく、小さな、抽象的な音楽的アイデアから始まるんです。だからその音楽のなかで伝えているフィーリングに合う言葉や画像を見つけ出そうとするのが、とても難しいことがあります。僕は曲名を、作り出したかったムードについて暗示するために使っています。

SML: あなたは「機動警察パトレイバー」のようなメカ(ロボット)アニメやサイエンス・フィクションのファンですよね。それらがあなたを惹きつける理由を教えて下さい。また、作曲をする際にそれらのものからインスパイアされますか。

VK: 僕は両親のおかげで、年端も行かない頃からテクノロジーに触れていました。音楽以外で、最も初めに関心を持ったものの一つが天文学でした。だからフューチャリスティックに見える物事の方へと自然に引き寄せられているのだと思います。将来どんなテクノロジーが可能になるのか人々が考えることを見るのは、自分にとってとても面白いことなんです。

音楽のなかでメカから直接的なインスピレーションを受け取ることはあまりないように思いますが、「パトレイバー」のような80年代から90年代の番組の主題歌は大好きです。歌詞の熱さとけばけばしい、古くさいシンセサイザーの音は、困難を前にしてじっと耐え忍び決意を固めているような感情を呼び覚まして、どういうわけか現代的なサウンドデザインを用いた曲よりも自分の心に響くんです。

SML: 2012年、あなたはCheapshotやRoboctopus等とならんで、Frostbyteの新しいリリースにちなんだウェブ・ショー(配信ライヴ)で演奏しました。そのショーはどのような感じでしたか。またあなたの出演について詳しく教えて下さい。

VK: これが多少なりとも自分の曲の何れかを演奏したことのある、初めての時ではなかったかと思います。だから人前に立って、スタートボタンを押すこと以外のなすこと一切に緊張しまくっていました。どうやらみんな自分の演奏する音楽を気に入ってくれていたようなので、悪いことばかりでもなかったんじゃないでしょうけど、もし別の機会があれば、まず間違いなく自分のセットを違ったふうにやり直すでしょう。

SML: あなたはトラッカーを使用してきました。オーディエンスの前で演奏する際、トラッカーをそれ自体で用いるのは易しいものではありません。またあなたの音楽の構造はリアルタイムで手を加えたり、いじったりするには複雑なものです。そうではありますが、一体何が可能でしょうか。言い換えるなら、演奏者(パフォーマー)としてあなたはどのようにユニークでありたいと思っていますか。

VK: 実を言えば最近、異なったライヴアプローチに取り組んでいるところなんです。[2016年]1月中旬にはそれをお披露目したいですね。基本的に、僕の音楽はDJのミキシングを用いたパフォーマンスよりも生バンドに向いているので、パフォーマンスの最善の方法は、曲に合わせて楽器を実際に弾くことなのではないかと感じています。僕が今作り上げている最中のセットアップでは、自分がキーボードで弾くことのできるように、基本的にその曲の諸々の要素を取り去っています。今後はそれを敷衍して、自分の演奏する曲がリリースで聞かれるヴァージョンとは違う一回限りのもの〔unique〕となるように、曲に新たなソロセクションを導入したいと思っています。

SML: ハッカー・カルチャーはチップミュージックとどうのように関連していると思いますか。

VK: チップミュージックの背後にある諸々のアイデアは、物事の意図されぬ使用法を見つけるという精神において、ハッカー・カルチャーと関連があると思います。もっとも、チップミュージックは、ハッカー・カルチャーが有しているような破壊的側面と全く同一のものを持ってはいないかもしれません。とはいえ僕自身がハッカー・カルチャーにあまり関わってはいないので、それを構成している全ての面について知るところではありません。

SML: あなたはいくつかのオンラインのチップ・コミュニティを観察し、またそこに属してきました。その全てが今日存続しているわけではありません――具体的には、私は8 Bit Collective(8bc)のことを思い起こしているのですが。コミュニティのなかでの印象深い意見またはジョークを、二、三教えていただけますか。

8bc

8bitcollective as of 29 February 2012.

VK: 2010年、ばらばらになり始める前のほんの一年ばかり8bcに加わったので、残念ながら思いだせる出来事のほとんどは、時々突発的に起こっていたさまざまな大失敗と魔女狩りです。誰かさんがiPodからの再生と、カートリッジの挿入されていないゲームボーイを使ったダンスで他人の曲を演奏するふりをしていたことがばれる、というようなことがあった時です。やがて8bcがどのようにして消えて行ったかに関する一部始終もまたかなり興味深いものなのですが、おそらくこの質問に対しては冗長なものでしょう。

そうですね、自分が最も忘れられないのは、完全になくなる前に8bcにアップロードされていた一番最後の曲が、Daft PunkのDa Funkのカバーだったことでしょうか。すでにこのサイトのアップロード機能とミュージック・プレイヤーはしばらくの間壊れてしまっていました。だから誰もサイト上で何もアップロードできませんでしたし、聴くこともできませんでした。そしてみんな何が起こったのかを理解しようとしていたので、フロントページのRecent Uploadリストの最上位にこのトラックが何週間も居座っていたのです。多くの人たちはそれを、8bcの幕を閉じる不名誉な事態であると見ていました。

SML: チップシーンでは何が重要になってくるでしょう。例としては、アーカイヴ活動や批評が例として考えられます。

VK: ますます多くの人たちがシーンを出入りしていることから、特に8bcなき後、かくも分散化が進むオンライン・シーンのために、アーカイヴ活動とキュレーションが確実に重要になっていくのではないかと思います。インターネットはあまりに広大なので、誰の目にも留まっていないであろう、莫大な数の素晴らしい知られざる音楽がそこにはあります。

SML: チップミュージックは様々なタイプのダンス・ミュージックから刺激を受けてきましたし、チップミュージック・パーティはしばしばダンス・ミュージックへと方向付けられています。ですが非ダンス・ミュージック・パーティを想像することは誇大妄想ではないはずです。あなたはどんな新しいタイプのパーティを想像しますか。また、そこには誰を招いてみたいですか。

VK: 人がただの大きなたまり場同然のショーに寄り集まるのを見てみたいですね。ダンスフロアの代わりに、面白い音楽を聴いている間、全員が腰を下ろしてくつろげる分の座り心地のいい椅子とソファがたくさんある、ジャズバーのチップチューン版のようなところです。

僕のチップミュージック・ライブラリーを一通り見てみたところ、このようなパーティに自分が招きたいと思うアーティストは数えるほどしかいません。aviel、hizmi、freezedream、Jellica、 little-scale、Poke-1,170、Simeon Smith、Zan-zan-zawa-veia、Rico Zerone等ですね。もちろん、これらのアーティストの中には、ローエナジーなチップチューン以外の、その他のスタイルを遂行している人もいますが、ゆったりとし過ぎて上下に飛んだり跳ねたりできない音楽を制作している人であれば誰でも演奏するのは歓迎です。

SML: あなたが尊敬し信頼を置くチップミュージシャン、デベロッパ、あるいは[チップシーンに関わる]貢献者を紹介して下さい。

VK: Weekly Treatsを通じたAndrew Kilpatrickのキュレーション活動は素晴らしいものです。ですからプロジェクトが終わってしまったのは悲しいですね。他の誰かが将来、同様のプロジェクトを再開してくれるとよいのですが。

cTrixは、僕が非常に尊敬している人物です。理由としては、彼の音楽が精彩な、いきいきとした、巧まざる響きを持っているばかりでなく、自作のツールを作り出すことさえしながら、実にさまざまなチップミュージック・プラットフォームで活動を続けているからです。

NighthawkはFastTracker 2を使って90年代後期/2000年代初期から目覚ましい活動をしているモジュール・アーティストですが、彼のモジュール〔mods〕は僕のmodミュージックに多大なる影響を及ぼしてきました。どうやら彼はNEStopiaというエミュレータの開発者でもあるようですね。

SML: チップミュージシャン、トラッカー・ミュージシャン、エレクトロニック・ミュージシャン、コンポーザー、それとも他の何でもよいのですが、あなたは自分のことをどう定義しますか。

VK: 最近作曲している音楽はチップミュージックとの関連がきわめて希薄なので、この頃はローファイサウンドを好むエレクトロニック・ミュージシャンと自称しています。僕の知るチップ・アーティストの多くもまた、純粋なチップミュージックから枝分かれし始め、チップミュージックの諸要素をその他のタイプの音楽に組み込むことに着手するという、同じ方向に向かっています。

SML: 最後の質問です。よろしければあなたが取り組んでいる、または挑戦したいと思っているプロジェクトについて教えていただけますか。

VK: 今まさに、来月のパフォーマンスのためのライヴセットを準備している最中です。同時に新しいOpenMPTのソングコレクションにも取り組んでいます。それが終わったら、C64を使ってもっと作業するばかりでなく、SNESやMSXのようなその他のチップミュージック・プラットフォームとも戯れてみようかと思っています。

* Some pictures in the article by courtesy of Vince Chang.

 

Leave a comment

Filed under c64, english, gameboy, interview, translation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s