Symposium on MOD/Tracked Music at Tokyo University of the Arts

* This article is written in both English and Japanese.

▼pdd-animated_v5-b-x2

GIF Animation: 1041

シンポジウム:音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える

第一部 トークセッション 13:00~16:30

発表
日高良祐(東京藝術大学大学院)
河野崇(SID Media Lab)
谷口文和(京都精華大学)
田中治久(hally/VORC)

ディスカッション
登壇者+毛利嘉孝(東京藝術大学)

第二部 ライヴパフォーマンス 17:00~19:00

taropeter
BUBBLE-B(KARATECHNO)
Omodaka

日時:2015年4月19日(日) 13:00~19:00
場所:東京藝術大学 千住キャンパス 3F スタジオA (東京都足立区千住1-25-1) 地図(Google Maps)
入場無料・申し込み不要(席には限りがあります)

パソコンやネットワークが広く普及し始め、音楽制作や聴取に関するデジタル化が進められていった90年代。パソコンと音楽とをつなぐ技術、すなわち音楽ファイルの姿には、技術開発の方向性やその使われ方の点で多様な可能性が開かれていた。本シンポジウムで題材として扱うMOD、そしてMODシーケンサーソフトの総称であるTrackerも、そうした可能性の一つとして数えることができるだろう。だが、現代ではMP3に代表される改変不可な圧縮オーディオデータが結果として主流になり、MOD/Trackerのような古い音楽ファイルの技術は、乗り越えられ、忘れられてしまったもの、として捉えられがちだ。しかし、身の周りにある今日的なデジタル音楽文化に目を向けてみると、MOD/Trackerの脈絡から生じてきた文化を見いだすことは、実はそう難しくない。たとえばチップチューンやネットレーベルなどの音楽文化の中で、MOD/Trackerの技術と文化は拡散しながらも存在し続けているのである。
本シンポジウムでは90年代から続くMOD/Trackerの文化に焦点をあてる。それはどのような技術と文化の関係として考えるべきなのだろうか?今日的な音楽文化の中での意義とはどのようなものだろうか?複数の見地からの発表者を招いて徹底的に議論したい。また、後半ではチップチューン的な領域で活動してきたミュージシャンを招き、ライヴパフォーマンスを行なってもらう。今日的なパソコンと音楽との結びつきをライヴとして鑑賞することで、議論の内容をさらに深く体感してもらいたい。(日高良祐)

シンポジウム「音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える」にパネリストとして登壇します。
登壇者と出演者の詳細については、発起人・モデレーターの日高良祐氏の告知ページをご覧ください。
http://ryskhdk.net/mod

Summary: The very first symposium on MOD/Tracked music called ‘The ’90s viewed from Music Files: Thinking about the Modern Significance of MOD/Tracker’ will be  held at Tokyo University of the Arts (TUA) on 19th April. It is composed of two parts, presentations and discussion, and live performances. I participate in the former as a panelist along with Ryosuke Hidaka (TUA), Fumikazu Taniguchi (Kyoto Seika University), Haruhisa Tanaka (hally/VORC), and Yoshitaka Mouri (TUA). Taroper, BUBBLE-B (KARATECHNO), and Omodaka participate in the latter part. The first two will perform their MOD/Tracked music. The proposer Hidaka gives an overview of the symposium as follows: “In the ‘90s, personal computers (PC) and network environments began to be popularized, and digitization on making and listening to music was developed. Speaking about the technology which links music with PC, or music files, various possibilities have been opened up in terms of directions of technological development and the use. We can consider a set of MOD and Tracker, a general term of music sequencer dealing with MOD, as one of those possibilities. But today, unchangeable compressed audio formats characterized by MP3 have become mainstream accordingly, therefore one would almost think that old technologies of music files like MOD/Tracker were supposed to be dead and forgotten things. But if you look at today’s music cultures which are located around us, actually, it is not hard to find out one derived from the context of MOD/Tracker. The technologies and cultures related to MOD/Tracker are surviving albeit they are diffuse in music cultures , for example, in chiptune and netlables.”

Official Page by Ryosuke Hidakahttp://ryskhdk.net/mod

 

Leave a comment

Filed under Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s