Global Klystrack Domination

Summary: I release the Japanese translation of klystrack tutorials written by n00bstar. Klystrack was created by kometbomb, which is the hyper hybrid and eclectic chipmusic tracker for Win/OSX/Linux. Contrary to the appearance, it is not an alternative to AHX, a SID-based chipmusic tracker for Amiga. Rather, it highly sublimates the latter’s original concept, or a synthesis-based music tool inspired by the other vintage machine and sound chip (i.e. Commodore 64 and SID 6581). Klystrack does not refer to one precedent 8-bit machine or sound chip, but implement characteristic features from plural ones (e.g. C64, Amiga, NES, SNES, Atari 8-bit,  and Atari ST) and sound chips (e.g. SID, Paula, POKEY/TIA, YM2149, and OPL2/3). Furthermore, the tool has its wavetable for combining a wave sample with waveforms from oscillators. So it has an ability to make instruments flexibly like MT-32. This tutorials are worthy reading because the author n00bstar, a virtuoso of klystrack, carefully writes each section and option in a humorous manner, as well as deals general-purpose techniques, which are much useful for making music on whatever you select. As kometbomb said, let global klystrack domination begin, and then rock ‘n’ roll the authenticity of chipmusic!

C64/NES/Amigaスタイルの音楽を制作することができる、ハイブリッドなチップチューン・トラッカーklystrackのチュートリアル(n00bstar制作)の翻訳を公開します。

n00bstar – klystrack tutorials 日本語訳
Download from OneDrive or Google Drive


Credit

Writing: James Clark
Copytext: http://n00bstar.blogspot.jp/p/klystrack-tutorials.html
Translation: Takashi Kawano
Thanks to: iLKke (Ilija Melentijevic), kometbomb (Tero Lindeman), maak, and n00bstar (James Clark)

Notes
klytrackをダウンロードする際は、プロジェクト・ページから最新ヴァージョン(2015年2月20日の時点で、1.6.0 r1309)を入手してください。
2年前に書かれたチュートリアルのため、一部の記述は古くなっている点に気をつけてください。現在、n00bstarのブログでチュートリアルの加筆訂正が計画されています。

maakさんによって、公式wikiの翻訳も公開されています。klystrackを使用するための最初のハードルをほぼ取り除けているはずです。ぜひこちらも参照してください。

klystrack wiki 日本語翻訳

* * *

klystrackはWindows/OSX/Linuxで動作するトラッカーです。kometbombにより2010年にプロジェクトが立ち上げられました。以降、今にいたるまで地道に更新が重ねられています。

一般的なチップチューン・トラッカーとは異なる大きな点は、あるひとつのサウンド・チップやマシンを対象とした、あるいはそれに基づいたソフトウェアではなく、音制作のためのエンジンを、複数のマシン(Amiga, C64, NES, SNES, Atari 2600, Atari ST)とサウンド・チップ(SID, OPL, YM2149, TIA)から借り受けている点にあります。このきわめて雑種的、折衷的な設計思想は、他のトラッカーと一線を画しています。

klystrackはそのインターフェースとインストゥルメント制作機能の点で、1998年にリリースされたAmigaのAHX(AbyssのDexter制作)というトラッカーにならっています。クローンでも上位互換ソフトウェアでもなく、後者の操作感覚が昇華されている別種のソフトウェアと言った方が正確です。とはいえ、AHXフォーマットを、さらにはMOD/XM/ORGフォーマットのファイルをインポート可能です。

AHXの画期的な点の一つは、ProtrackerをはじめとするAmigaの大部分のトラッカーが、事前に用意したサンプルをインストゥルメント(日本語では、時折音色と呼ばれることもあるもの)に使用するのに対して、AHXはCommodore 64に内蔵されたSID 6581チップをもとにした波形合成によるインストゥルメント制作ができる点にありました。思想的に技術的にSIDを主な作用源としつつ、Amigaというプラットフォーム上で「チップチューン」を制作する流れは1990年前後から見られましたが(SidmonFuture Composer、そしてDuzや4-matらの発明した短いループ波形を用いた手法)、このトラッカーはまさしくAmigaでC64風サウンドを制作することを目的にプログラムであり、それらのコンセプトを発展させたものでした。klystrackはAHXのコンセプトを受け継ぎつつ、インストゥルメント制作機能を強化し、最大で32チャンネルのトラックをサポートしています。

Tip:AHXが果たしてどのような音が鳴るかは、ネットレーベルmonotonikのコンピレーション『Best Of AHX Vol.1』、syphusm0dの作品集、あるいはAce Manの曲に触れるとよいでしょう。

klystrackは波形選択に大きな特色があります。パルス波、三角波、ノコギリ波、ノイズといった基本的な波形を組み合わせてセットすることが可能です。その波形のなかには、Atari 8-bitマシンに搭載されていたPOKEYおよびTIAチップのLFSR波形のエミュレーションも実装されています。最新ヴァージョンではFM音源(OPL2/3相当)も利用可能です。さらに、klystrackにはインストゥルメント・エディタとは別にウェーヴテーブルが用意されており、wavファイルを先のオシレータから生成される波形に組み込むができます。kometbombがwikiでも触れていますが、これはMT-32を連想させる機能です。

インストゥルメントには、デチューン、シンク、リング・モジュレータといったエフェクトを適用することができます。YM2149の特徴的なハードウェア・エンヴェロープに基づいたバズ・エフェクトというものまであります(Jochen Hippelの「Buzzer」を参照)。klystrackでは、それとは別に、リヴァーブ、ビット・クラッシュ、コーラスといった曲全体に適用するエフェクトを、専用のタップから制御します。リヴァーブはSNESのSPCを参考にしているようです。これらによって、音のテクスチャの可塑性が飛躍的に上昇しています。

また、このツールで制作した曲はプログラムに組み込むことができます。klystrackはもともと、kometbombのklystronというゲームの制作から始まったプロジェクトだからです。実際の手順はwikiの該当項目を参照してください。

n00bstarのチュートリアルはユーモアをまじえて、このツールを微に入り細に入り紹介し、複数のサンプルを例に、インストゥルメント制作の手順を解説しています。さらにはアルペジオやコード進行など、汎用的な音楽制作テクニックについても述べており、総合的なレッスンとしての価値を十分に備えています。

Related sites

klystrack: A chiptune tracker
klystrack on Facebook
klystrack on chipmusic.org

kometbomb’s site
iLKke’s site
n00bstar’s site

Some EPs and LPs with klystrack

operat0r / n00bstar (CheapBeats, 2013)
big wh00p  / n00bstar (Ibid, 2014)
Tracks Of The Klys / bod (bod, 2014)
Les Grandes Couvertes Volume Un / n00bstar (CheapBeats, 2015)

Leave a comment

Filed under manual, translation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s