Putting the demoscene in a context by viznut (Ville-Matias Heikkilä)

* This article is written in both English and Japanese.

1990年代中期、Pers’ Wastaiset Produktiot(PWP)という名のグループを創設し、21世紀になってからはVIC-20を主なデモ・プラットフォームとして活動しているフィンランドのヴェテランのデモシーナー、viznutことVille-Matias Heikkiläのエッセイの翻訳「デモシーンを文脈のなかで捉える」を公開します。デモシーンの受容のされ方にメスを入れ、展望を占うこの文書は、さらに私たちをシーンのさらにスリリングな領域へと導いてくれるはずです。

I publish the Japanese translation of “Putting the demoscene in a context” written by viznut a.k.a. Ville-Matias Heikkilä, who founded his group Pers’ Wastaiset Produktiot (PWP) in the middle of 1990s and has worked mainly with VIC-20 as his demo platform since 21st. This text cuts deeply into the demoscene and forecast the vision of it, which is also sure to lead us to more thrilling areas of it.

・原文 / Original text

Putting the demoscene in a context” (2009) by Ville-Matias Heikkilä a.k.a. viznut/pwp

・翻訳 / Japanese translation

Ville-Matias Heikkilä a.k.a. viznut/pwp「デモシーンを文脈のなかで捉える」 (2009) [PDF]
Download from OneDrive or GoogleDrive

※上記のOneDriveとGoogle Drive、どちらのリンク先からでもドキュメントの閲覧、ダウンロードが可能です

デモシーンの「反解釈」

キッチュの膨大な利益は、アヴァンギャルドそのものにとって誘惑の源であり、アヴァンギャルドの人々がこの誘惑にこれまで必ずしも抵抗してきたとは限らない。野心的な作家や芸術家たちは、必ずしも完全にキッチュに屈服しないまでも、キッチュの圧力の下で自分たちの作品を修正しようとする。 ――クレメント・グリーンバーグ「アヴァンギャルドとキッチュ」(1939)

日本にデモシーンが紹介されておよそ20年。最初期の制作者たちのデモ・プラットフォームはCommodore 64やAmigaではなく、MS-DOSとWindowsの動作するIBMのPC/AT互換機だった。インターネットが普及する前、同時期にいわゆるトラッカーで曲を制作する者も現れた(たとえば、jea「Evangelion Generation」)。96年に発表されたMS-DOSデモ、otokoumireadmeも参照せよ)のMODを担当したhide氏によれば、当時シンガポールのシーナーと協同してデモを制作したこともあるという。90年代後期、一部の雑誌は「メガデモ」を取り上げ、その技術力と美的センスを主にエキゾチシズムの観点から称賛した。こうした状況はPC-98×1やX68000といった国産PCのヘゲモニーの衰退と軌を一にしていた。

それ以降、散発的な活動があったものの、デモシーンは日本において一つの大きな潮流を形成するには至らなかった。多くの場合MS-DOSデモやAmigaデモとは関係なく、「デモ」「デモシーン」ではなく、今でも「メガデモ」という呼称が今でも通用している。私が思うに、その言葉の使用には、それらの言葉がゲームに関連付けられてしまうことへの回避に加えて、若干のノスタルジアが含まれている。2011年、久しぶりの本格的なデモパーティとしてTokyoDemoFestが開催され、以降、毎年一回開催されている。この新たな動向はジャパニーズ・デモシーンの(再)浮上といえるだろう。

私たちはデモを新たに発見し始めているところだが、同様にデモシーンの歴史的文脈と価値体系はまだ十分に思考されていない。デモシーンは最新のコンピュータ・ハードウェア(CPU、GPU等)またはヴィンテージ・マシンを用いて技術的優越を競い合う場所、という通念がなくもない。もちろん、それもひとつの側面だが、そのような見方はプラットフォームの新旧に関係なく、あまりに進歩主義的な観念に基づいてはいないだろうか。作品は絶えずリリースされるが、なぜ、そしていかに特定のプラットフォームあるいはインターフェイスを選択するのか、という問いがしばしば明らかにならない。ともあれSzilárd Matusikの優れたデモシーン・ドキュメンタリー「Moleman 2」(2012年、兵藤説子によって日本語の字幕がつけられた)等によって、デモシーンが一枚岩ではなく、むしろポレミカルな場であることに私たちは気づき始めてもいる。一方で単純な多文化主義的な理解もまだ見られる。

こうした中で、デモシーンとデモの/をめぐるコンヴェンション(マイケル・フリード)、つまり約束事に疑問を投げかけ続け、思考を続けるviznutの批判的視点は、私たちにとって大きな意義を持っている。たとえば、彼が1996年にどのようなPC/AT互換機でも動作するMS-DOSのテキストモード・デモをデモシーンに送り出した時、それらは「レトロ趣味」ではなく、より高級なマシン・スペックを要求しながら同じようなエフェクトで満ちたデモに対する、確固とした異議申し立て(”conscious protest“)だった。テキストモード・デモは今でこそひとつのジャンルを形成しているが、彼のスラップスティック・デモにおけるANSI文字(キャラクタ)セットと最低限のオーディオの使用は、むしろモダニズム的なスペシフィックなメディウムの発見に近いものであったことを指摘しておこう。

デモシーナーは楽しみのためだけにプロダクション制作に携わるのではない。先行するプロダクションを継続的に参照し、期待された「効果」を計算しながら作業は行われる。デモシーンのプロダクションに見られる「シリアス」と「ノンシリアス」という区別に基づきながら、viznutはユーモアの役割を強調しているが、これは時にデモシーンの境界を明らかにすることがある。私たちが前提としていた作品の(自律的な)価値を揺さぶる、というよりその前提を呈示するのである。いずれにせよ、シーナーはいつもある価値体系のなかで判断を下して票を入れたり、入れなかったりする(あるいは無視する)。これはデモに限らない。特にデモシーンの価値基準に反しているようなプロダクションに対して、シーンは「デジタル・サブカルチャーのメインストリームに混じり合うことから身を守る貝殻」(viznut)を露わにする。たとえばgoto80らによるクラック「HT Gold」はコード化された価値基準、すなわちコンヴェンションを明確に意識したものだった。

viznutやgoto80は、シーンの代理者のように語ることを峻拒しつつ、それらの言説に疑問を投げかけ、なおかつシーンとプロダクションのポテンシャルを一貫して手放そうとしない。困難なプログラムだ。だがそれなくして存続はあり得ない。デモは動作する。だが同時にデモは文脈のなかで動作=機能する。意識的なシーナーはただ好みに従って動くのではなく、多かれ少なかれ批評家として現存の価値体系の検討を行っている。文脈を知らなければ、私たちはそれに同意することも抵抗することもままならないだろう。viznutのテキストは私たちに根本からの思考を促すひとつのレッスンである。

翻訳を快諾して下さったviznutに感謝する。

“Against Interpretation” of the Demoscene

Kitsch’s enormous profits are a source of temptation to the avant-garde itself, and its members have not always resisted this temptation. Ambitious writers and artists will modify their work under the pressure of kitsch, if they do not succumb to it entirely. –“Avant-Garde and Kitsch” (1939) by Clement Greenberg

It has been more than 20 years since the demoscene was imported to Japan. Typically, the demo platforms the early creators used were not Commodore 64 and Amiga, but IBM PC compatible could run both MS-DOS and Windows in general. Before the internet had become popular, there were some contemporary (amateur) musicians who worked with so-called music trackers (e.g. Evangelion Generation by jea a.k.a. DJ Sharpnel). According to hide, who created a MOD for a MS-DOS demo called “otokoumi” in 1996 (see the readme too), they also have made another demo in collaboration with a Singaporean scener. In the late 1990s, some Japanese computer magazines sometimes covered demos under the name of “Megademo” and acclaimed their technical capabilities and aesthetic sense mainly due to exoticism. This situation was almost running to the fading of hegemony of domestically-produced computers such as NEC PC-98×1 and SHARP X68000 at that time.

After that, there were several sporadic activities, but they didn’t end up forming a great movement of the demoscene in Japan. We can use “megademo,” not “demo” or “demoscene” even now typically regardless of MS-DOS or Amiga demos. It seems to me that the use of the word “megademo” includes avoidance of being associated with video games by these words, and some nostalgia as well. In 2011, TokyoDemoFest was held, which was a full-blown demo party after a long time. Subsequently, this party was held once a year. We can call the new trend the (re-)emergence of Japanese demoscene.

Now we are finding demos newly, however, not enough to consider the historical contexts and the value system of the demoscene. Maybe it seems that there is a commonplace assumption that the demoscene is a place where people compete their technical excellence using the latest computer hardware (i.e., CPU, GPU, and so on) or vintage machines. Of course, it is an aspect, though is this viewpoint based on too progressive ideas regardless of new or old of the platforms? Although works are always released, but questions of why and how they select certain platform of interface in them. However, also we are gradually realizing that the demoscene is a polemical space rather than homogeneous through such as “Moleman 2,” a brilliant documentary of the demoscene by Szilárd Matusik (Setsuko Hyodo subtitled it in Japanese in 2012). On the other hand, a mere multiculturalism perspective is still common.

Within this context, vinzut’s critical viewpoint has great significance for us since he has raised and pondered questions about the conventions (Michael Fried) of/around the demoscene and demos. For example, when he released MS-DOS text-based demos running on any IBM PC compatibles for the contemporary demoscene in 1996, they were not based on a kind of “retro style,” but were solid objection (“conscious protest”) against similar demos filled with similar effects while they required more high-spec machines at that time. Text-mode demo is now a genre in the demoscene, but note that the use of ANSI character set and minimum audio in his slapstick-like demos was rather a thing like finding specific medium in modernism.

Demosceners do not necessarily engage in making productions for their fun. They work with their prods, referring to continuously previous ones and estimating expected “effect” upon the scene. Viznut emphasizes the role of humor, considering distinction between “serious” and “non-serious” seen in the demoscene prods. This can definitize the limits of the demoscene. It rocks works’ (autonomous) values that we have postulated, or more precisely, presents its postulation for us. Anyway, sceners almost always make a judgment and then vote or not vote (or ignore it) on the basis of certain value systems. These conditions also go for other prods besides demos. The demoscene shows “the shell that protects it from being blended into the mainstream of digital subcultures” (viznut) against prods that they regard as contrary to criteria of value on the demoscene. For example, a crack called “HT Gold” by goto80 and so forth was clearly focused on existing encoded criteria of value, or conventions around/of the scene.

I think that viznut, goto80, and others refuse to represent the scene, raise questions about such discourses, and also don’t let go of potentials of the scene and those prods in a consistent way. This is a quite difficult program, however, without it, they could not survive. Demo works. But it works in context at the same time. Conscious sceners ares not only active in conformity with their tastes, but also more or less explore existing value systems as critics. If we don’t know context, we could not both give the nod to or resist it. This essay by viznut is a kind of lesson which encourages us to think in a fundamental way.

I appreciate viznut, who agreed readily with my translation.

countercomplex: viznut’s blog in progress

another his portal

pwp – real lamenezz since 1994

*グリーンバーグの引用の翻訳は『グリーンバーグ批評選集』(藤枝晃雄編訳、勁草書房、2005年)の高藤武允訳に基づく。

Leave a comment

Filed under article, english, translation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s