SID-Wizard 1.5 Manual Japanese version

SW1.5JPManualSID-Wizard 1.5 マニュアル日本語版
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

SID-Wizard 1.5がリリースされました。SID-Wizardは、ハンガリーのミュージシャン/コーダー/グラフィシャンHermitがSoci/Singularの協力のもと開発しているコモドール64用SIDトラッカー(音楽制作ツール)です。これにともない、日本語マニュアルを更新しました。前ヴァージョン1.4のマニュアルはこちらをご覧ください。

126797

SID-Wizard 1.5
出典=http://csdb.dk/

SID-Wizardはオープンソースのツールです(パブリック・ドメイン)。下記の二つのサイトのいずれかで、1.5をダウンロードすることができます。sourceforge.netではプログラム、回路図、ソース等を一括ダウンロードすることができます。

http://csdb.dk/release/?id=126797
http://sourceforge.net/projects/sid-wizard/

前ヴァージョン1.4からの主な更新事項は次の通りです。

・2SIDに対応…SIDを2つ(6チャンネル)利用した楽曲制作が可能。別プログラムにて提供
・MIDI-inputインターフェイスに対応…VICEエミュレータの仮想MIDIカートリッジを使用可能
・専用MIDI-inputインターフェイスHerMIDI…コンパイル、ビルドに必要なデータを配布
・サウンドFXに対応
・最軽量プレイヤー「Bare」
・324個のインストルメント・サンプル

詳細はマニュアルを参照してください。C64エミュレータにはVICEを推奨します。2SIDヴァージョンやMIDIインターフェイスを利用する際には必須になります。

VICE (Versatile Commodore Emulator)
http://vice-emu.sourceforge.net/

また、前ヴァージョンのリリースの間に、SID-Wizardの副産物というべきプログラムがリリースされたことを付け加えておきます。

MIDItrk: Tracker-style pattern-based MIDI composer (for WIN)
http://sourceforge.net/projects/miditrk/

1raster-tracker: One Rasterline Tracker (for C64)
http://sourceforge.net/projects/oneraster/
http://csdb.dk/release/?id=117935

マニュアルより、序文を抜粋します。

SID-WIZARD 1.5 マニュアル日本語版への序文

これは、コモドール64のコーダー/ミュージシャン/グラフィシャンであるHermitが、ハンガリーのグループSingularのSociの協力のもと制作したコモドール64(以下、C64)ネイティヴのSIDトラッカー、SID-Wizard Version 1.5のマニュアルの日本語版です。このドキュメントは、下記のマニュアルの大部を翻訳及び編集したものになります。

・Creating Chip-Tunes with SID-Wizard 1st ed. By WitchMaster
・SID-Wizard 1.4 User Manual by Hermit
・SID-Wizard 1.5 User Manual by Hermit
・README (HerMIDI – a MIDI interface for Commodore 64 Serial port and SID-Wizard) by Hermit

HermitとWitchMasterからは、翻訳の許可のみならず、多数のアドバイスをいただきました。最大限の配慮を尽くして下さった両者に深く感謝いたします。
このドキュメントは、WitchMasterのマニュアルを基に、Hermitの記述を補い、それに加えて新たな脚注と私自身の説明を若干、追加しています(WitchMasterの脚注には[W]と表記しました。それ以外は訳者による脚注になります)。

このマニュアルを翻訳紹介しよう思った経緯ですが、C64やそのサウンド・チップたるSID、さらにはトラッカーという種の音楽ソフトウェアに対して、私たちが知りたいと思うであろうことを丁寧に解説したWitchMasterのマニュアルのスタイルの異例さに驚き、感銘を受けたからです。デモシーンに由来するソフトェアに、リリースからこんなにも速く、またかくも詳細な解説書が現れたことは、まずないと言ってよいでしょう。
さらにはSID-Wizardが、総合的な制作環境と、過去の四半世紀に及ぶトラッカーの歴史のなかで抜きんでた完成度を実現していたことを挙げなくてはなりません。Hermitの高レヴェルのモチヴェーションと思慮深さから私は多くを学びました。
たしかに、日本に住む私たちにとって、C64実機での音楽制作を掲げる「ネイティヴ」のツールは敷居が高いように思われるかもしれません。しかし、このハードルも乗り越えられる種のものであり、また乗り越える価値のある力強いリリースだと信じて疑いません。

付け加えて、このマニュアルは1986年のSoundmonitor、翌年1987年のUltimate Soundtrackerの登場より、西欧の主要な音楽制作ソフトェアの一つであり続けている様々な「トラッカー」の利用と理解にも役立つでしょう。

SID-Wizardという素晴らしい贈り物によって、日本でもSIDによる楽曲制作が活発化することを訳者として願ってやみません。

本マニュアル公開にあたり、翻訳及び語句の確認の申し出を受けて下さった、さざむしさん、K->さん、osoumenさんに感謝いたします。

Hermitの意向に敬意を表し、このドキュメントもまた、パブリック・ドメインのもとに公開します。

この翻訳を同じSIDトラッカーであるGoatTrackerで音楽制作をされていたLittle-Neroさんに捧げます。

PREFACE FOR SID-WIZARD 1.5 MANUAL JAPANESE VERSION

This is a Japanese version of manual for SID-Wizard 1.5, a C64 native Music Tracker. It is coded by Hermit, who is a C64 coder/musician/graphician with help of Soci/Singular. This document is an almost complete translation of the existing four manuals for the tool, and also I re-edit them:

・Creating Chip-Tunes with SID-Wizard 1st Ed. By WitchMaster
・SID-Wizard 1.4 User Manual by Hermit
・SID-Wizard 1.5 User Manual by Hermit
・README (HerMIDI – a MIDI interface for Commodore 64 Serial port and SID-Wizard) by Hermit

Hermit and WitchMaster gave me permission of translation and a lot of advice as well. I deeply thank them very much for their maximum support.
This document is mainly based on WitchMaster’s one and I attached Hermit’s descriptions to it. Besides, I added some footnotes and a little discription (if [W] is shown at the end of footnote, it is written by WitchMaster, and the rest is by me).

I was much amazed and impressed at the singular style of the manual by WitchMater, who told politely us about C64, SID, and music trackers, or what we wanted to know. Therefore I introduced and translated this. There are few detailed manuals for “brand-new” software appeared from the demoscene.
Besides, of course I must mention SID-Wizard achieves the comprehensive composing development environment and high level of completion in the history of music tracker for a quarter of a century. I have learned high-motivation and deep thought from Hermit.
Certainly for us, we, people live in Japan, may feel difficulty of operating “the native tool,” which is supposed to be used on real C64. But it could be surely gotten over. And I believe SID-Wizard is a strong release worth getting over the barrier.

Moreover, this manual is usable for using and understanding “music tracker,” which has been one of main music tools in the West since the appearances of Soundmonitor in 1986 and Ultimate Soundtracker in 1987.

Due to the wonderful gift of SID-Wizard, I hope SID composing would be activated in Japan.

Dear mz3364, K->, and osoumen, thanks for receiving my offer upon the publishing of the document. They check and gave me some advice about my translation.

As a mark of respect for Hermit, I publish this document under public domain.

I would like to devote this document to Little-Nero, who was an early GoatTracker user/musician in Japan.

Leave a comment

Filed under c64, manual, translation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s