Building a musicroutine by Cadaver

GoatTrackerの作者CadaverがSIDミュージックのミュージックルーチンの構築について述べた”Building a musicroutine”の翻訳を公開します。

SIDミュージックの展開は同時にミュージックルーチン(プレイルーチンとも呼ばれる)とミュージック・エディタ――特ににトラッカー――の展開でもありました。それは彼が述べているように、SIDのクリティカル・ポイントの把握なしには実現されません。

イントロダクションに相当する記事を独立させました。
チップミュージックの下部構造としてのミュージックルーチン

This is a Japanese translation of Cadaver’s “Building a musicroutin,” which deals with setup of musicroutine for SID music.

Development of SID music has also meant that of musicroutines (playroutines) and music editors, especially music trackers. Building a musicroutin can’t achieve without understanding critical points of SID as he explained.

I wrote an introduction for his examination:
Musicroutine as Substructure of Chipmusic

数えきれないほどのC64ミュージック・エディタにおいて、既に何百ものミュージックルーチンが存在する。それでも、音楽的志向を持つコーダーは、いずれは自分自身のC64ミュージックルーチンを書いてみるべきだと、依然として私は考えている。

‐それは十分に限定された範囲内での、他に類のない楽しい挑戦である。諸々の機能と、メモリ使用と、スピード とのバランスをとろうと試みることは、終わりなき冒険である……。

‐自分で書いたミュージックルーチンは、あなたの望む機能を正確に有し、それ以上のものは何もない。ラスタータイムをいくら消費するか、そしてどんな機能を備えているかに、あなたのコーダー及び最適化実行者としてのスキルが正確に反映されることになる。

・原文 / Original Text

Building a musicroutine (Cadaver, Covert Bitops) 

・翻訳 / Japanese Translation

Cadaver – 「ミュージックルーチンの構築」 [PDF]
SkyDrive / GoogleDrive

※上記のSkyDriveとGoogle Drive、どちらのリンク先からでもドキュメントのダウンロードが可能です

Thanks to Cadaver and hally.

Leave a comment

Filed under article, c64, translation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s