SIDとは? SID Compilation “Occasion / SID with Synth”

SID Compilation ”Occasion / SID with Synth”

* このコンピレーションについて / About this compilation

コモドール64についてもVGMについても知らない歳のはなれた知人(男性と女性)に、「SID」を紹介する目的で制作しました。
できる限り、様々なタイプの曲を収録すると同時に、SIDチップを用いて作曲する上で、模範とされた同時代のシンセサイザー・ミュージックを調査し、SIDの背景が浮き彫りになるよう意識しました。

コンピレーションに使用したSIDファイルはHigh Voltage SID Collection v57に基づいています。

This compilation originates from friendship and trust with my two older acquaintances.
It is a sampler for him and her who have taken part in local art scene, but don’t know about commodore 64, video game music, or chipmusic at all.

As much as possible, I tried to collect various types tunes from the SID archive.
Many of them are related to SID as synthesizer music.
Like Robert Yannes, a designer of MOS Technology SID 6581, was heavily interested in synthesizer and electronic music, many SID composers were interested in them (e.g. Kraftwerk, Gershon Kingsley, Vangelis, Mike Oldfield, Jan Hammer, Harold Faltermeyer, New Order, Depeche Mode and Yellow Magic Orchestra).

SIDs of this compilation and its info are based on High Voltage SID Collection v57.
Thanks.

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Track Info

01. 4-Mat – Back to Blue , 2002 Cosine System
United Kingdom (England)
02. BOGG – Jethro Walrus , 1986 BOGG
United Kingdom (England)
03. Kenneth W. Arnold – Ultima III-Exodus #2 , 1983 Origin Systems
USA
04. Abaddon – I Like Cheese , 2010 Abaddon
Finland
05. Martin Galway – Ocean Loader 2 , 1985 Ocean
United Kingdom (Northern Ireland)
06. Jan Harries – 7 Minutes from Eternity , 2010 SIDwave
Denmark
07. Tim Follin – Music Demo Version 1 #25 , 1988 Software Creations
United Kingdom (England)
08. Kjell Nordbø – Show Me , 1997 SHAPE/Blues Muz’
Norway
09. JFK – The Robots , 1997 Expect
Poland
10. Tomas Danko – Magnetic Fields IV , 1990 Tomas Danko
Sweden
11. A-Man – Drummer Sound , 2007 Crypt
Germany
12. Tempest – Fletch , 1997 Damage
13. Groepaz – Wir Sind Die Roboter , 2000 Hitmen
Germany
14. Michael Winterberg – Effects Factory , 1987 Michael Winterberg
Germany
15. Cycleburner – Graphical Excess (part 3) , 1990 Contex
Norway
16. NecroPolo – Cadmium , 2010 SIDwave
Hungary
17. Zyron – Bladerunner , 1993 Antic
Sweden
18. Ben Daglish & Antony Crowther – W.E.M.U.S.I.C. 1 #8 , 1985 W.E.M.U.S.I.C.
United Kingdom (England)
19. SoNiC – Castlevania 64 Mixes #1 , 2001 Smash Designs
Germany
20. Chris Hülsbeck – Compilation III #3 , 1989 A.U.D.I.O.S.
Germany
21. Chris Abbott – Popcorn , 1987 Chris Abbott
United Kingdom (England)
22. Shogoon – Sling , 2002 Elysium
Poland
23. PRI – Multirock , 1993 Oxyron
Germany
24. lft – Slaepwerigne , 2009 lft
Sweden
25. Zabutom – Everything is a Synmptom , 2006 FairLight
Sweden
26. Dane – Arctic Circles , 2006 Stellan Andersson
Sweden

「SID」とは?

言葉の整理からはじめたいと思います。
SIDとは、第一にSound Interface Deviceの略称であり、1982年に発売されたアメリカのホームコンピュータ/ホビーパソコン「コモドール64」(およびその後続機「コモドール128」)に搭載されたサウンド・チップ――音を合成するための要――を指します。SIDを開発した半導体メーカーの名を冠して、MOS Technology SIDと呼ぶこともあります。
第二にSIDとは、SIDチップをもとに制作された音楽の総称です。同じことですが、漠然とコモドール64上で制作された音楽をSIDとして語ることもあれば、あるソフトウェア(大抵はゲームソフト)のサウンドトラックのSID、誰それのつくったSIDというように、それは楽曲や楽曲群の単位としても用いられます。

 デジタル・データとしてのSID(私たちが一般にPC上で単独のファイルとして扱えるように変換されているもの、と捉えてください)は、「High Voltage SID Collection」や「Compute’s Gazette SID Collection」という二大アーカイヴ・プロジェクトによって、世界規模の蒐集が90年代後半からはじまりました。2012年現在、前者は40,000、後者は20,000のファイルをコレクションしています。
なぜ世界規模になるのかといえば、コモドール64が世界で1700万台を売り上げたベストセラー製品であるからにほかなりません。
とりわけ支持を集めた国は、コモドール社の存在したアメリカ合衆国をのぞくと、イギリス、ドイツ、オランダ、ベルギー、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、イタリア、ポーランド等々、主にヨーロッパ圏に分布しています。
日本国内での知名度は、同じく1982年に発売された任天堂のファミリー・コンピュータと比較すると歴然としていますが、日本語版が同年末に発売された事実は記しておく必要があります。
コモドール・ユーザーの地域分布は、そのまま現在に至るSID制作者の多国籍性に反映されています。コモドールのハードウェアとしての最新性はとうにすぎてしまったし、市販のソフトウェアもあらかた80年代に発売されつくしました。また、コモドール社自体1994年に破産しています。それでも、ユーザー・ベースの利用とコンピュータを介した交流は途絶えることなく、全盛期よりゆっくりとしたペースではあるものの、現在も新曲がリリースされつづけています。

逆にSIDが何でないかというと、特定の音楽ジャンルではありません。可能性としては、どのような音楽もつくってみる――成功するか失敗するかは別として――ことができます。その内実は時代によって、制作者によって様々です。
ただ、やはり傾向はあるもので、その限界がSIDを特徴づけてもいます。大きく二点です。

1、電子音楽として生まれ、その他の電子音楽に触発されてきたこと
2、職業作曲家ならびにアマチュアのSID制作者たちが、同時代のシンセサイザー・ミュージックを手本としてきたこと

このコンピレーションでは「2」に着目しています。
SIDの手本となった電子音楽ならびにシンセサイザー・ミュージック(部分使用も含む)の一覧を試みに制作しました。主にオリジナル・アルバムと映画のサウンドトラックをここでは挙げています。

SIDの手本となった音楽一覧 / Some models of SID music

□Wendy Carlos
『Switched-On Bach』(1968)

□Alf Clausen – “ALF Theme”
『ALF』(1986-90) TVドラマ

□Depeche Mode
『Speak & Spell』(1981)、『A Broken Frame』(1982)、『Construction Time Again』(1983)、『Some Great Reward』(1984)、『Black Celebration』(1986)、『Music For The Masses』(1987)、『Violator』(1990)

□Harold Faltermeyer
『Beverly Hills Cop』(1984)
『Fletch』(1985)
『Top Gun』(1986)Giorgio Moroderと共に映画にサウンドトラックを提供

□Ron Grainer and Delia Derbyshire – “Doctor Who Theme”
『Doctor Who』(1963-69) TVドラマ

□Jan Hammer – “Miami Vice Theme”, “Crockett’s Theme”
『Miami Vice』(1984) TVドラマ

□Hiroshi Kawagushi 川口博史 / Hiro-shisho Hiro師匠
『Out Run』(1986)、『AfterBurner』『AfterBurner II』(1987) アーケード

□Michael Jackson
『Thriller』(1982)、『BAD』(1987)

□Jean Michel Jarre
『Magnetic Fields』(1981)、『Zoolook』(1984)、『Randez-Vous』(1986)

□Gershon Kingsley – “Popcorn”
Gershon Kingsley『Music to Moog By』(1969) 作曲者による自演
Hot Butter『Hot Butter』(1972)

□Kraftwerk
『Autobahn』(1974)、『Die Mensch-Maschine』(1978)、『Computer World』(1981)

□Mike Oldfield
『Tubular Bells』(1973) 映画『The Exorcist』(1973)に使用

□Mark Snow
『The X-Files』(1993-2002) TVドラマ

□New Order
『Blue Monday』(1983)

□Pet Shop Boys
『Please』(1986)、『Actually』(1987)、『Introspective』(1988)

□Ryuichi Sakamoto 坂本龍一 – “Merry Christmas, Mr. Lawrence”
『The Last Emperor』(1987) 映画

□Vangelis
『Chariots of Fire』(1981)
『Blade Runner』(1994) 映画『Blade Runner』(1982)にサウンドトラックを提供

□Yellow Magic Orchestra
『Yellow Magic Orchestra』(1979)

付け加えると、SIDの設計者であるRobert YannesはELP(Emerson Lake and Palmer)の「Lucky Man」という曲中のシンセサイザーに大きな感銘を受け、KraftwerkやMike Oldfieldのファンであったとあるインタヴューで証言しています。Robet YannesはMOS Technologyを退社後、デジタル・シンセサイザーを開発するEnsoniqの共同創設者となりました。彼がCommodore社から離れた後も、ユーザーの側からSIDを用いてKraftwerkやMike Oldfieldの楽曲のカヴァーが制作されつづけたというのは、非常に興味深い歴史的事例といえます。

このコンピレーションに直接関連するところでは……

03. Kenneth W. Arnold - Ultima III-Exodus #2 , 1983 Origin Systems
19. SoNiC - Castlevania 64 Mixes #1 , 2001 Smash Designs

「03」…ゲームソフトのサウンドトラック。Origin Systemsはアメリカのゲーム会社。ファミコンへの移殖版『ウルティマ 恐怖のエクソダス』(ポニーキャニオン、1987)は作曲者は後藤次利
「19」…ファミリーコンピュータディスクシステムで発売された日本のゲームソフト、『悪魔城ドラキュラ』(コナミ、1986)のサウンドトラックより、Satoe Terashima作曲「Out of Time」のフリースタイル・カヴァー
ゲームボーイ用ソフト『ドラキュラ伝説』(コナミ、1989)より、第1ステージの曲「Battle of the Holy」のカヴァー。作曲は半沢紀夫(NON)。 [2013年1月27日追記]

04. Abaddon - I Like Cheese , 2010 Abaddon
05. Martin Galway - Ocean Loader 2 , 1985 Ocean
06. Jan Harries - 7 Minutes from Eternity , 2010 SIDwave
26. Dane - Arctic Circles , 2006 Stellan Andersson

「05」…Martin GalwayはVangelisやJan Hammerに倣ったSIDを多数制作
「04」「06」「26」…いずれもMartin Galwayのスタイルを意識した楽曲

09. JFK - The Robots , 1997 Expect
13. Groepaz - Wir Sind Die Roboter , 2000 Hitmen

「09」…Kraftwerk『Die Mensch-Maschine(独盤タイトル)/The Man Machine』より「Die Roboter/The Robots」をサンプリング、再構成
「16」…Kraftwerkの同曲のコーラスを使用

10. Tomas Danko - Magnetic Fields IV , 1990 Tomas Danko

Jean Michel Jarre『Magnetic Fields』より、「Magnetic Fields, Part 4」をカヴァー

12. Tempest - Fletch , 1997 Damage

映画『Fletch』サウンドトラックより、Harold Faltermeyer「Fletch Theme」をカヴァー

14. Michael Winterberg - Effects Factory , 1987 Michael Winterberg
20. Chris Hülsbeck - Compilation III #3 , 1989 A.U.D.I.O.S.

両者ともドイツにおいて、シンセサイザーとしてのSIDに早期から着目

15. Cycleburner - Graphical Excess (part 3) , 1990 Contex

映画『Batman』(1989)より、主題歌Prince「Batdance」をサンプリング、再構成

17. Zyron - Bladerunner , 1993 Antic

映画『Blade Runner』サウンドトラックより、Vangelis「Main Titles」をカヴァー

18. Ben Daglish & Antony Crowther - W.E.M.U.S.I.C. 1 #8 , 1985 W.E.M.U.S.I.C.

YMO『Yellow Magic Orchestra』より、YMO「中国女」をカヴァー

21. Chris Abbott - Popcorn , 1987 Chris Abbott

アルバム『Music to Moog By』よりGershon Kingsley作同名曲をカヴァー

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s