Diskmag SID Compilation “CP-Verlag Part 6”

* このコンピレーション・シリーズについて *

CP-Verlagより発売されたドイツのコモドール64向け市販ディスクマガジン
“Magic Disk 64″(1987-1995)、”Game On”(1988-1995)、”Golden Disk 64″(1988-1996)に使用された楽曲をアーカイヴより調査・蒐集しました
大部はビデオ・ゲーム・ミュージック(VGM)のサウンドトラックになります
雑誌に収録されたプログラムの内、デモは対象外としています

使用楽曲および楽曲にまつわる情報はHigh Voltage SID Collection(HVSC)のv56及びv57に基づいています

* About this compilation series*

I researched & collected the tunes (SIDs) that were released in the German commodore 64 magazines
“Magic Disk 64 “(1987-1995), “Game On”(1988-1995) and “Golden Disk 64″(1988-1996).
They were published by “CP-Verlag.”
Those tunes are mainly from the soundtrakcs of games.
Some floppies contain demos from the C64 scene, but at this time I don’t select these demo tunes.

And SID & its info is based on High Voltage SID collection (HVSC) v56 & v57.

* Track Info

01. Thomas Detert – Plexonoid subtune #3 , 1992 Game On/CP Verlag
Germany
02. Tim Kleinert – Toyballs subtune #2 , 1992 Magic Disk 64/CP Verlag
Switzerland
03. Beat Machine – Intro Designer 3 (tune 6) , 1989 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
04. Michael Winterberg – Top Cross subtune #1 , 1990 Richard Löwenstein
Germany
05. Marc François – Hektic subtune #6 , 1991 Double Density
United Kingdom (England)
06. Gösta Feiweier – Detonators subtune #3 , 1993 Game On/CP Verlag
Germany
07. Thomas Detert – Game On (1993 06) , 1993 Game On/CP Verlag
Germany
08. Link – Choice , 1989 Vibrants
Denmark
09. Yavin & Mad B – Adrenalin subtune #2 , 1991 Magic Disk 64/CP Verlag
Netherlands
10. Scortia – Canes , 1990 Scortia
Denmark
11. Michael Hendriks – Baby Jack subtune #5 , 1990 Game On/CP Verlag
Germany
12. Stefan Hartwig – Hazar subtune #1 , 1991 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
13. Link – Galactyforce subtune #2 , 1990 Digital Dreams
Denmark
14. Thomas Detert – Quadrant subtune #4 , 1992 Golden Disk 64/CP Verlag
Germany
15. A-Man – Beat Ball subtune #2 , 1991 Game On/CP Verlag
Germany
16. Tim Kleinert – Toyballs subtune #3 , 1992 Magic Disk 64/CP Verlag
Switzerland
17. Thomas Detert – Magic Disk 64 (1991/05) , 1991 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Comment

CP-Verlagには、ソフトウェア・メーカーのように専属の作曲家はいなかったと考えられます。
ただひとり、その位置にいたのが、ドイツのThomas Detertです。
彼はMagic Disk 64、Game On、Golden Disk 64の三誌に、5~6年間楽曲提供し続けた「常連」でした。
その間同時に彼の兄弟、MichaelとともにデモグループX-Ample Architecturesのメンバーとしても作品をリリースしています。
業界に身を置くれっきとしたゲーム音楽家だったようにも見えるのですが、その点に関する彼の回答は曖昧です。

(Neil) How did you get into the game music industry?

(Thomas) I do not really remember how it was but we did games on our own and sold them to some publishers and after a while they asked me to do music for different game-projects & C64 magazines.

An Interview with Thomas Detert @remix64

私見では、彼のSIDは8580を用いた典型的なサウンド・スタイルのひとつに位置づけられます。
彼がフェイバリットに挙げるVangelis、Pet Shop Boys、Howard Jonesらのサウンド・プロダクションに影響を受けたSIDとして、ひとつのモデルに迫る完成度を誇っています。
たとえば、次のSIDは、Thomas Detertのスタイルで制作されたと容易に指摘できる輪郭を備えています。

SoNiC – Tufan Uysal’s Mahogany Dub (1996 Art Project Studios)

Jeroen Telと比較すると、メロディという要素が後退している代わりに、マッシヴなスネア・ドラムどベースに展開力をもたせており、そこに6581でエコーを追求したMartin Galway譲りの「トランス」が加わってきます。
Galway自身はおそらく無自覚にやったことでしょうが、彼の深みのあるサウンドからは美しい静寂に耳を傾けることができる一方で、「アシッド」とでも呼べそうな狂暴さとトリップ感が溢れています。
DetertのGalway解釈はその点にかかっていたでしょう。

Martin Galway – Arkanoid

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s