Diskmag SID Compilation “CP-Verlag Part 4”

* このコンピレーション・シリーズについて *

CP-Verlagより発売されたドイツのコモドール64向け市販ディスクマガジン
“Magic Disk 64″(1987-1995)、”Game On”(1988-1995)、”Golden Disk 64″(1989-1996)に使用された楽曲をアーカイヴより調査・蒐集しました
大部はビデオ・ゲーム・ミュージック(VGM)のサウンドトラックになります

使用楽曲および楽曲にまつわる情報はHigh Voltage SID Collection(HVSC)のv56及びv57に基づいています

* About this compilation series*

I researched & collected the tunes (SIDs) that were released in the German commodore 64 magazines
“Magic Disk 64 “(1987-1995), “Game On”(1988-1995) and “Golden Disk 64″(1989-1996).
They were published by “CP-Verlag.”
Those tunes are mainly from the soundtrakcs of games.

And SID & its info is based on High Voltage SID collection (HVSC) v56 & v57.

* Track Info

01. PST – Aidon Apocalypse subtune #1 , 1990 Golden Disk 64/CP Verlag
Germany
02. DRAX – Avenge , 1992 Vibrants
Denmark
03. The Syndrom – Ikkiuchi subtune #2 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
04. Jens Blidon – Gravrace subtune #2 , 1989 Game On/CP Verlag
Germany
05. Marcel Donné – Mixable , 1987 Scoop Designs
Netherlands
06. Moon – Psychic Kaos subtune #3 , 1993 Game On/CP Verlag
Sweden
07. PST – Oilmania #1 , 1991 Bluestone Budget Prods.
Germany
08. Gerard Hultink – Wizland subtune #1 , 1994 CP Verlag
Netherlands
09. Longhair – Shaman subtune #1 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
10. Lou Gray – Space , 1987 Lou Gray
<?>
11. Deek – Ostfriesland Games subtune #11 , 1993 Golden Disk 64/CP Verlag
United Kingdom (Scotland)
12. Pim van Riezen – Wizland subtune #2 , 1994 CP Verlag
Netherlands
13. Deek – Ostfriesland Games subtune #5 , 1993 Golden Disk 64/CP Verlag
United Kingdom (Scotland)
14. Kristian Røstøen – Shaman subtune #6 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Norway
15. Reyn Ouwehand – Puzzle Shuffle subtune #1 , 1990 Golden Disk 64/CP Verlag
Netherlands
16. kb – The Hammer!!!!!!!!! , 1994 The Obsessed Maniacs
Germany

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Comment

デモシーンは非常に流動的です。
時が経つほど定まったメンバーで活動が継続することが困難になるので、参入・交代・退出といった人事異動は日常茶判事です。
つねに参加者を待ち受けている一方で、出口も用意されているのです。
多くのシーナーにとって、シーンは、activeとinactiveの状態を行き来しつつ、ライフワークの場として大切に確保されているように見えます。
これが商用ソフトウェアの販売を目的とした団体なら、あるプラットフォームで20年以上活動を続けることは不可能に近いでしょうが、コモドール64の場合はその時々の構成員によって活動の場が維持されているのです。
当然、20年以上「新しい作品」に持続的にクレジットされるシーナーは少数であり、ふと現れては消えてゆくシーナーも多く、振り返った時には膨大なプロダクトと人が「そこ」には登録されています。

現在、デモシーンやその他の場所での活動をフォロー可能なGerard Hultink、kb、DRAX、Reyn Ouwehandのようなシーナーもいれば、Deek、PST(Christian Scholz)、Lou Grayのように一時期に謎めいた作品を残したシーナーもいます。
そのどちらもが、アーカイヴの上に成り立つ「シーン」を構成するものであり、光景だと言えます。

繰り返しになってしまいますが、ディスクマガジンという媒体が、その時――80年代末~90年代前半――デモシーンで活躍したシーナーを(全てではないものの)フォローしているのは、記録物として注目に値すると要素だと考えます。
「シーナー」について共有する情報が少ない、日本に住む私たちにとって、ディスクマガジンは意外にもデモシーンへの導入の役割を果たしてくれるのではないでしょうか。

(つづく)

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s