Diskmag SID Compilation “CP-Verlag Part 2”

* このコンピレーション・シリーズについて *

CP-Verlagより発売されたドイツのコモドール64向け市販ディスクマガジン
“Magic Disk 64″(1987-1995)、”Game On”(1988-1995)、”Golden Disk 64″(1988-1996)に使用された楽曲をアーカイヴより調査・蒐集しました
大部はビデオ・ゲーム・ミュージック(VGM)のサウンドトラックになります
雑誌に収録されたプログラムの内、デモは対象外としています

使用楽曲および楽曲にまつわる情報はHigh Voltage SID Collection(HVSC)のv56及びv57に基づいています

* About this compilation series*

I researched & collected the tunes (SIDs) that were released in the German commodore 64 magazines
“Magic Disk 64 “(1987-1994), “Game On”(1988-1995) and “Golden Disk 64″(1988-1996).
They were published by “CP-Verlag.”
Those tunes are mainly from the soundtrakcs of games.
Some floppies contain demos from the C64 scene, but at this time I don’t select these demo tunes.

And SID & its info is based on High Voltage SID collection (HVSC) v56 & v57.

* Track Info

01. Fanta – The House subtune #1 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
02. The Syndrom – Roll Over subtune #3 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
03. Fanta – The House subtune #3 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
04. Duck LaRock – Complex Bonuszak , 1993 Camelot
Denmark
05. Jeff – Complex Menu , 1993 Camelot
Denmark
06. Ronny Pasch & Francois Prijt – Triplex subtune #1 , 1992 Game On/CP Verlag
Netherlands
07. Thomas Detert – Hyper Aggressive subtune #1 , 1992 Game On/CP Verlag
Germany
08. Flotsam – Strobestorm – The Market Mix , 1994 Palace
Finland
09. The Syndrom – Roll Over subtune #1 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
10. Ronny Pasch & Francois Prijt – Triplex subtune #4 , 1992 Game On/CP Verlag
Netherlands
11. Fanta – The House subtune #5 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
12. Ronny Pasch & Francois Prijt – Triplex subtune #5 , 1992 Game On/CP Verlag
Netherlands
13. Fanta – The House subtunu #4 , 1995 Game On/CP Verlag
Germany
14. Michael Winterberg & Dark One – Die Dunkle Dimension subtune #1 , 1989 Golden Disk 64/CP Verlag
Germany
15. Falco Paul & Edwin van Santen – Greystorm subtune #2 , 1993 Golden Disk 64/CP Verlag
Netherlands
16. DRAX – Ballfever subtune #5 , 1990 CP Verlag/Vibrants
Denmark

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Comment

Fantaの手がけた”The House”のサウンドトラックを中心に構成しています。
SIDだけではなく、デモシーンで制作される音楽は、クラブ・ミュージックあるいはダンス・ミュージックとともに歩んできた歴史があります。
シーンでは「テクノ」「アシッド」「レイヴ」といったワードも頻出するのですが、決まったフレーズの借用や定型の模倣で始終している作品も多く、コモドール64という媒体で、純粋に電子音楽を追及する姿勢は、実は希少なのではないか、と思うことさえあります。

こうした背景のなかで、Fantaの”Tha House”は、彼のキャリアにおいておも、またSIDのミニマル・ミュージックにおいてもエポックメーキングな作品です。
重要性を鑑みて、全7トラックの内、4分を超える楽曲をすべて収めています。
装飾的音色や音圧、音の厚みに依存せず、削ぎ落とすべき個所は削ぎ落とし、キックの「形」が聞きとれるまで骨格を際立たせたサウンド・テクスチュアは特異な静謐さを湛えています。
このコピレーション・シリーズにも見られる、彼が意識してきた他の作曲家たち――DRAX、Scortia、Metal、Deek、Jeff、The SyndromのSIDと比較すると、類似と相異いかに自分のスタイルを発明したのかを確認できることでしょう。

Fantaがシーンに参入したのは1993年。Jeroen Telはもちろんのこと、DRAXやMetalの後の世代にあたります。
未だシーンが年間を通じて目まぐるしく変貌を繰り返していた時期になります。
しかし1990年代も半ばにさしかかってくると、千姿万態の雑多さのなかにも、SIDが洗練と安定へと向かっていく様子が聴取できるのではないでしょうか。

The House @Thomas Giesel (programmer of the game)

(つづく)

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s