Diskmag SID Compilation “CP-Verlag Part 1”

* このコンピレーション・シリーズについて *

CP-Verlagより発売されたドイツのコモドール64向け市販ディスクマガジン
“Magic Disk 64″(1987-1995)、”Game On”(1988-1995)、”Golden Disk 64″(1988-1996)に使用された楽曲をアーカイヴより調査・蒐集しました
大部はビデオ・ゲーム・ミュージック(VGM)のサウンドトラックになります
雑誌に収録されたプログラムの内、デモは対象外としています

使用楽曲および楽曲にまつわる情報はHigh Voltage SID Collection(HVSC)のv56及びv57に基づいています

* About this compilation series*

I researched & collected the tunes (SIDs) that were released in the German commodore 64 magazines
“Magic Disk 64 “(1987-1994), “Game On”(1988-1995) and “Golden Disk 64″(1988-1996).
They were published by “CP-Verlag.”
Those tunes are mainly from the soundtrakcs of games.
Some floppies contain demos from the C64 scene, but at this time I don’t select these demo tunes.

And SID & its info is based on High Voltage SID collection (HVSC) v56 & v57.

* Track Info

01. Karl Sommer – Return of the Lions subtune #6 , 1994 CP Verlag
Austria
02. Karl Sommer – Return of the Lions subtune #1 , 1994 CP Verlag
Austria
03. Shogoon – Fruitmania subtune #2 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
04. Shogoon – Orbits subtune #1 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
05. Shogoon – Orbits subtune #2 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
06. The Syndrom – Black It! subtune #9 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
07. Shogoon – Orbits subtune #8 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
08. The Syndrom – Black It subtune #2 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
09. Shogoon – Orbits subtune #4 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
10. Thomas Detert – Game On (1990 02) , 1990 Game On/CP Verlag
Germany
11. Comer – Blubria subtune #1 , 1995 Game On/CP Verlag
Poland
12. The Syndrom – Black It subtune #3 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
13. Shogoon – Orbits subtune #7 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
14. Karl Sommer – Super Nibbly subtune #3 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Austria
15. Karl Sommer & JCH – Plural subtune #1 , 1991 Game On/CP Verlag
Austria + Denmark
16. Karl & Hannes Sommer – Lions of the Universe subtune #1 , 1994 Game On/CP Verlag
Austria
17. Comer – Blubria subtune #8 , 1995 Game On/CP Verlag
Poland
18. The Syndrom – Iketa subtune #1 , 1994 Magic Disk 64/CP Verlag
Germany
19. Comer – Artris subtune #3 , 1995 Magic Disk 64/CP Verlag
Poland
20. Thomas Detert – Parsec subtune #1 , 1993 Game On/CP Verlag
Germany
21. Comer – Blubria subtune #2 , 1995 Game On/CP Verlag
Poland

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Comment

SIDのサウンド・チップとしての大きな特徴は、初期モデルと後期モデルが存在することです。
基本事実の確認として、市販ソフトウェアのVGMのほとんどは初期モデル――6581で制作されています。
後期モデル――8580の登場は1987年まで待たねばなりませんが、8580が普及する頃には、商用ゲームの発売は終わりに近づいているという、ある意味では面白い状況を認めることができます。
厳密に言うと、それぞれのモデルでも修正(revision)が繰り返されていますが、2012年の現在まで、依然作曲家にとって最初の大きな選択となっているのは、6581か8580か、という問題です。
8580が普及した後も6581用に制作さる音楽が途絶えたことはありません。
長い間、作曲家によってそれぞれのサウンド・チップの「癖」の使い分けが続いています。
因みに、8580用に制作された楽曲は6581上で(基本的には)すべて再生可能です。
作曲家の意図したように正確に再生されないだけです。
その逆もまたしかり。バグ修正や最適化が行われているものの、二つのチップでチャンネル数が異なるわけでもありません。
ファミコンにおける「カスタムチップ」の使用状況と比較可能な事情でしょう。

というわけで、8580で制作された楽曲が発表は、ゲーム会社に勤める作曲家ではなく主には「アマチュア」によって、つまりはデモシーンの作曲家によってなされてきた経緯があります。
ここでは8580の性能をうまく活用した(引きだした)使い手の曲を選択しています。
HVSCに登録された作曲家の国籍ですが、ポーランド出身者はドイツに次いで多い。
そのなかで、Comerの空間を殺しきったデッドな音響と、3チャンネルでいかに空間に広がりを持たせるか
果敢に試みたShogoonのSIDは対照を構成していると言ってよいでしょう。

SIDの空間的表現に関しては、Martin GalwayがVGMにおいて優れた解答を提出していますが、彼から影響を受けたThomas Detertは、8580の上で一つのモデルを実現しました。
13分に及ぶ陶酔に満ちた「Parsec」は、Detertのキャリアを通じて屈指の名曲です。

冒頭はコナミの「グラディウス」よりステージ1面の曲「Challenger 1985」のカヴァー。
コモドール64シーンの音楽を調べていて驚かされるのが、グラディス、更に言うとコナミ矩形波倶楽部の作品の影が薄い点です。
一応は移植されたグラディウス(ネメシス)の音楽的完成度がふるわなかったことを追求するのは、酷でしょうか?
反対に、コモドール64で最も知られ、カヴァーされたVGMは、セガの「アウトラン」です。
移植の際に音楽を担当したのは、Jeroen Tel/Maniacs of Noise――SIDに革命的転機をもたらしたシーナーです。

(つづく)

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s