Diskmag SID Compilation “64’er Part 1”

* このコンピレーション・シリーズについて

Markt & TechnikおよびMagna Mediaより発売されたドイツのコモドール64の市販ディスクマガジン”64’er”(1984-96)に収録・使用された楽曲をアーカイヴより調査・蒐集しました。
大部はビデオ・ゲーム・ミュージック(VGM)、つまりゲームのサウンドトラックになります。
同社より発売されたその他のパッケージ・ソフトウェアも調査対象としています。
使用楽曲および楽曲にまつわる情報はHigh Voltage SID Collection(HVSC)のv56及びv57に基づいています。

* About this compilation series

I researched & collected the tunes (SIDs) that were released in the German commodore 64 magazine “64’er” (1984-1996) which was published by “Markt & Tecnik” & “Magna Media.”
Those tunes are mainly from the soundtrakcs of games.
I also mention that I researched music from some package softwares released by these companies.
And SID & its info is based on High Voltage SID collection (HVSC) v56 & v57.

* Track Info

01. Chris Hülsbeck – Shades (filter corrected) , 1986 Markt & Technik
Germany
02. Mateus – Cannon Craze subtune #3 , 1995 Magna Media
Czech Republic
03. Dirk Bialluch – Triton subtune #1 , 1990 64’er-Disc/Markt & Technik
Germany
04. Karl Sommer – Square Out (intro) , 1991 64’er/Markt & Technik
Austria
05. Armin Wollner – Air , 1986 64’er Software
<?>
06. S. F. Markowitz – Sequencer subtune #1 , 1986 Markt & Technik
<?>
07. Laro Schatzer & Marc Pilloud – Robox , 1986 Markt & Technik
<?>
08. The Syndrom – Cube Magik subtune #5 , 1994 64’er/Magna Media
Germany
09. S. F. Markowitz – Sequencer subtune #2 , 1986 Markt & Technik
<?>
10. Gaston – Cube Magik subtune #3 , 1994 64’er/Magna Media
Germany
11. Georg Brandt – Mental Warriors , 1986 64’er/Markt & Technik
Germany
12. DRAX – Square Out subtune #1 , 1990 H. Sommer/Vibrants
Denmark
13. Deek – Broken Bottles , 1991 Genesis Project
United Kingdom (Scotland)
14. Stello Doussis – PLIS subtune #1 , 1993 64’er/Markt & Technik
Germany
15. Chris Hülsbeck – One Night More , 1986 Markt & Technik
Germany
16. Stello Doussis – PLIS subtune #1 , 1993 64’er/Markt & Technik
Germany
17. Chris Hülsbeck – Holiday Morning , 1986 Markt & Technik
Germany

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

* Comment

1986年――若干17歳のとき、”Shades”によって64’er誌の音楽コンペティションの首位をとるや、すぐさまChris Hülsbeckはコモドール64やアミガで発売されるゲームのサウンドトラックを手がけることになり、以後、今日までゲーム業界、VGMとのコミットを保っています。
2008年の時点で、自身の曲でコンサートホールを埋めるほどの「巨匠」は少なくともドイツにおいては、彼以外にはいませんでした。

通常なら「若書き」として忘却されてしまうはずの曲ですが、Hülsbeckのカリスマによって”Shades”は80年代後期のコモドール64を代表する曲のひとつとして、VGMではない異例さとともに、シーンにおいて記憶/記念されています。
前述のコンサートの”Symphonic Shades”という名称に、その一端をうかがうことができるでしょう。

Symphonic Shades

しかし彼のカリスマにすべて帰すのは不公平というものです。
Hülsbeckは同年、自身の音楽制作のために開発したプログラム”Soundmonitor”を64’erで公開しており、多くのコモドール64ユーザーに音楽制作への道を開くことになります。

Soundmonitor (CSDb)

64’erの音楽コンペティションでHülsbeckに首位を譲ったGeorg Brandtも、1990年まで作曲を続けており、商用ソフトにも関わっています。コンピュータ雑誌が「採用」の場として機能していたのです。

Magic Bytes Intro – Tom & Jerry 2 opening

2012年6月にリリースされた最新のHVSC v57の詳細を確認すると、およそ42,000のSIDのうち、このトラッカーで制作されたものは2,500を数えます。
1986年10月に発表された後も、他のユーザーによってヴァージョン・アップが図られ、またクローンが多数制作されているのは、このソフトウェアが支持されていた証拠といえます。

Soundmonitor (C64-Wiki)

(64’er Part 2 へつづく)

Leave a comment

Filed under c64, compilation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s