Vaporwave and Demoscene?

『蒸気波要点ガイド』(左)と『新蒸気波要点ガイド』(右)
Vaporwave Essential Guide (left) and New Vaporwave Music Archives 2009-2019 (right)

2017年、『蒸気波要点ガイド』というVaporwaveをとりあげたZINEが刊行されたさい、私は執筆者のひとりとして参画した。著者は佐藤秀彦。hitachtronics、△KTR、フミの三人によってまとめられ、hitachtronicsがレーベルオーナーを務めるNew Masterpieceから刊行された。突如日本からあらわれたVaporwaveへの「フィジカルな」オマージュは、このジャンルへの関心を国内で顕在化させることになった。
2019年末、ZINEは『新蒸気波要点ガイド』として、大幅に増補されて出版社DU BOOKSから書籍が刊行された。Vaporwaveの始まりからさらに年月が経ったこともあり、回顧的な色合いを強めている。ZINE版の執筆者たちはすべて書籍版にも関わっているが、事情あり唯一私だけが参画できなかった。したがって後者に収められている私の文章は、前者の再録になる……のだが、今回、DU BOOKSのブログで、出版と関連して「インターネット・バロックの余生者たち」と題したVaporwaveに関する拙文が公開された。関係者には寛大な配慮をいただいた。遅れてきた執筆者として感謝したい。
この文章における私のモチーフは、ZINE版から引き継がれている。Vaporwaveをdemosceneと接続することである。実のところ、両者の間には無関心が横たわっている。ところが、実際には、ユースカルチャーという支持層、ネットワークによる共有と拡散、仮名と(準)匿名性、海賊行為と多産性といった注目に値する共通項を数え上げることができる。また、Vaporwaveの主なプラットフォームであるネットレーベルは、少なからぬdemosceneのミュージシャンたちが、黎明期から積極的に関わってきたものだ。Vaporwaveは必ずしも新しくない――むろん、今ではこの言葉は二重の意味を持っている。このような考えもあり、ZINE版のディスクガイドで私は、DJ Lovechoad『Seksation』(Fashion Proof、2005)やGlenny 417『Find Out What You’ve Been Missing』(Disicples of AgeemaBlues、2006)を選んでいた(この二人の謎めいたミュージシャンは、デモシーンやネットレーベル・シーンを渡り歩く者なら必ず出会う人物である)。今後も両者が目立って交差することはおそらくないだろう。しかし、この「似ていること」を私は引きつづき注視したい。

In 2017, when a zine called Vaporwave Essential Guide was published, I was one of writes on it. The author of the zine was Hidehiko Sato. It was edited by hitachtronics, △KTR, and fumi, and released from New Masterpiece, whose label owner was hitachtronics. This “physical” homage to Vaporwave suddenly appeared and actualized the interest in this genre in my country.
In the end of 2019, the zine was greatly enlarged and published as New Vaporwave Music Archives 2009-2019 in the form of a book from DU BOOKS, the publishing business department of disk union (well-known record chain stores in Japan).It has more retrospective color than before because further time passed from the beginnings of Vaporwave. All writes of the zine version except me participate in the book. Hence my contributions to it is same as the zine version. Now, however, my article on Vaporwave titled ‘Life Remainders in Internet Baroque’ was released on DU BOOKS’ blog in connection with the publication. I owe a lot to the people concerned for it. I, a writer who arrives late, would like to show my gratitude.
One of my motifs in the essay is handed down from the zine: connecting Vaporwave to the demoscene. Actually, there is indifference between the both. However, we can list notable common traits: base support of youth culture, sharing and dissemination through networks, pseudonyms and (quasi-)anonymity, piracy and productivity, etc. Also, not a few musicians in the demoscene have actively contributed to netlabels, main platform of Vaporwave, since those dawn. Vaporwave is not necessarily new – of course, this has a double meaning today. Due to such thought, I selected works like Seksation by DJ Lovechoad (Fashion Proof, 2005) and Find Out What You’ve Been Missing by Glenny 417 (Disicples of AgeemaBlues, 2006) – these two mysterious musicians are persons that you will certainly meet if you wander around the demoscene and the netlabel scene – in the disc guide part of the zine. Probably it is not likely that the both remarkably communicate with each other from now on, too, but I keep an eye on the “resemblance.”

インターネット・バロックの余生者たち――『新蒸気波要点ガイド』に寄せて
https://note.com/dubooks/n/n4784c5e5e182

佐藤秀彦著『蒸気波要点ガイド』New Masterpiece、2017
https://newmasterpiece.tumblr.com/post/162319149663/nmpzine001
佐藤秀彦著、New Masterpiece編『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』DU BOOKS、2019
https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK237

Leave a comment

Filed under article

The Doctorate Thesis by Sebastian Tomczak (little-scale)

little-scaleの名で知られるオーストラリアの電子音楽家Sebastian Tomczakの博士論文、「チップミュージックにおけるインターフェース・フレームワークの開発:理論的文脈、ケース・スタディ、創作」(2011)の翻訳を公開する。本論の背景については(全てを網羅しているわけではないが)「後記」を参照いただければ幸いである。
添付物について。この論文は彼の〈インターフェース・フレームワーク〉を大々的に展開する本文に、二枚のディスクを加えて提出された。二枚のディスクとは、チップミュージックのための新しい「楽器」=〈ミュージック・インターフェース〉を用いて制作された創作(little-scale名義で発表されたEP)のオーディオ・ディスク(補遺D)とマイクロコンピュータ用のソースコードやアプリケーションをまとめたデータ・ディスク(補遺E)である。2020年1月現在、後者は何らかの理由で公開停止されているが、それ以外のマテリアルはアデレード大学のデジタル・ライブラリーから入手できる。補遺Dの作品に関しては、CalmDownKidder Recordsから配信されている『Error Repeat』を除き、little-scaleのBandcampページからも個別に入手・聴取が可能である。

I publish the Japanese translation of On the Development of an Interface Framework in Chipmusic: Theoretical Context, Case Studies and Creative Outcomes (2011), which is the doctorate thesis written by electronic musician Sebastian Tomczak also known as little-scale. Please read my notes below if you want to know the backgrounds of it (I don’t cover all, though).
On appendixes. The thesis has the body text, where Interface Framework is explained on a large scale, and two discs: an audio disc of creative works, which were formerly released under the name of little-scale, using Music Interfaces, new “instruments” for chipmusic (Appendix D) and a data disc including source code and applications for microcomputers (Appendix E). As of January 2020, the latter stops the publication for some reason; other materials are available on the digital library of the University of Adelaide. With respect to the works of Appendix D, they are available on the Bandcamp page of little-scale, too, but Error Repeat is distributed from CalmDownKidder Records.

翻訳
Tomczak2011_PhD (日本語訳).pdf
ダウンロード先:OneDrive / Google Drive
原文および補遺D
http://hdl.handle.net/2440/70088
ランディングサイト
http://little-scale.com/

後記―little-scaleのわざ
[Scroll down to read the English version of this translator’s notes.]

私を悩ませた質問に、「milkcrateプロジェクトにおけるあなたのインスピレーションは何か」というものがあった。作曲の制約 limits の境界 limits を探求することだ、という私の答えは聴衆を満足させるものではないように見えた。だがそれ以外にインスピレーションは存在しない[1]。

「200407041207」。オーストラリアの若き学生たちの音楽プロジェクトmilkcrateのサイトに記録されている最初のセッションであり、最古の日付である。このセッションは同年、オーストラリア音楽教育協会からYoung Composers Awardを受けた。五人の参加者たちのなかのオーガナイザー兼「一人の音楽工学者 music technologist」だったSebastian Tomczakは、その後数年にわたって、プロジェクトの中心人物の役割を果たしてゆく。milkcrateセッションのなかでは、二十四時間という時間的制約を含む、音楽制作のための規則がそのつど参加者=コンポーザーに課せられる[2]。新しいセッション、新しい制約。「200407041207」のメンバーのなかには、後に彼の伴侶となるLauren Sutterもいた。「milkcrateはバンドや特定の人たちの集まりではない。milkcrateはその範囲内で音楽制作が行われるための、空間・時間・素材に関するさらなる一連の制約を付け加える」[3]。

Continue reading

Leave a comment

Filed under article, english, translation

MOD: Mobile Open-ended Datum

Records, too, are available. But it would be an act of charity even to oneself to smash them whenever they are discovered. (レコードも手に入れられる。だがレコードなんて見つけ次第叩き割ってしまうのが、本人にとっても思いやりのある行為というものではないか。) – John Cage “Erik Satie”

Picotachi

2017年6月17日、吉祥寺Pico Pico Cafeで開催されるクリエイターたちの発表とミーティングの場、Picotachi Vol. 44に私は登壇した。Picotachiにはインディゲームのデベロッパーが多く集うが、実は日本のデモシーナーたちのちょっとした隠れ処にもなっている。これは主宰のLexaloffle GamesのzepことJoseph Whiteの類まれな才能と好奇心によるところが大きい(PICO-8の支持層の厚さを見よ)。魅力的な人Josephは私と同様、大の「modフリーク」でもあり、PICO-8とならぶlexaloffleのもうひとつの「ファンタジー・コンソール」Voxatronが.xmフォーマット(PCプラットフォームにおけるMODフォーマットのデファクトスタンダート)をサポートしているゆえんである。
彼の厚意も手伝い、私が選んだ題材は、Amigaデモシーンの.modミュージシャン、Brunoに関するものになった。表題は、「チップミュージックのリミット」。実のところ、当日私の発表は10分という制限時間に収まり切らなかった。あらためてMOD(モジュール)を再考する目的を込めて、ここに再構築・改稿したものを公開する。

On 17th June 2017, I attended Picotachi Vol. 44 at Pico Pico Cafe in Kichijoji, Tokyo and gave a presentation. Picotachi is a place of presentation and meeting for creators. Indie game developers often attend there, but actually, it is also a hidden place for Japanese demosceners. This is mainly because the organizer Joseph White aka zep of Lexaloffle Games has unique talent and curiosity (see the broad base of support on PICO-8). Joseph, an attractive guy, is also a great “mod freak” like me, that is why Vaxatron, another “fantasy console” from Lexaloffle with PICO-8, supports .xm format, which is a de fact standard of module formats on PC platform.
With the help pf his kindness, the theme I selected was about Bruno, a .mod musician in the Amiga demoscene; The title was called “Limits of Chipmusic.” In fact, my presentation was not fit in 10 minutes of limited time on the day. For the purpose of rethinking modules anew, I publish now this draft after reconstruction and rewriting.

“What is chipmusic?”

チップミュージックとは何か? この問いに対して、私は「チップミュージックはいかにして始まるのか?」という問いで答えたい。むしろ、問いをそうした別の問いに「変換」したい。
それでもなお、各々が「何」を指定することは可能であり、また必要でもある。「何」?――例えば、特定の技術やアイデアの発明、物理的制約、文化的傾向、あるいは偉大な天才や傑作たち。それぞれの「何」が対立することはままあるし、それどころか、時間とともに変化する。
つまり、チップミュージックの境界は不動でもなく固定されてもいない。その外延や概念に関しても。あたりまえなことかもしれない。私たちが「これは何か?」という問いを通して本質や要素が明らかになる行為とプロセスを、ここではあたりまえにも「思考すること」と呼んでみる。
思考することでのみ、リミット(境界)はリアルになるのだとしよう。逆に言えば、思考することの停止によって、チップミュージックは忘却され得る。いや、チープミュージックは忘却と「ともに存続する」というのが正確だ。何者かがそれを考える時、日付が起こる。

What is chipmusic? In response to the question, I want to answer another question: “How does chipmusuc begin?” Rather, I want to “convert” the first one into such another question.
Nevertheless, it is possible that everyone assigns this “what,” and also it is needed. This includes specific technologies and invention of ideas, physical limitations, cultural tendencies or great geniuses and masterpieces. It is common that one “what” comes into collision with another one. On the contrary, each “what” changes over time. It means that boundaries of chipmusic are not fixed and rigid. Its extension and concept are same. This may be obvious to us. Here I simply call actions and processes that reveal elements and essence through the question “What is it?” “thinking.”
Suppose that limits (boundaries) are made real only by to think. Conversely, chipmusic can be buried into oblivion due to suspension of thinking. No, correctly, chipmusic “exists with” oblivion. Whenever somebody think it, a date happens.

Toward Economy of Chipmusic

Continue reading

Leave a comment

Filed under amiga, article

SID Compilation “Draxy Draxish Draxxed”

* This article is written in both English and Japanese

Rocketry / Chorus [2015]. The demo includes 4 latest tunes composed by DRAX. It won the 1st place at Arok Party 2015.
ハンガリーのデモパーティ、Arok Party 2015のデモ・コンペティションを勝ち取ったデモ。DRAXは4曲を書き下ろしている。

Part I – 32 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part II – 36 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

 

DDD

上記画像を拡大・保存
Enlarge and save the picture above

コンピレーションの概要

1988年にコモドール64デモシーンで音楽制作を始め、今日までファンク、ジャズへの独自のアプローチを開拓しつづる、DRAXのハンドルで知られるデンマークのミュージシャン、Thomas Mogensenの遺産の継承と拡散を跡づけました。彼は間違いなく、同時代のダンスミュージックと一貫して伴走するSIDミュージックに関して、新たな流れを作りだすことに貢献しました。デモシーンにはDraxishというような、彼の名に因んだ形容もあるほどで、また、2015年には彼の音楽スタイルを意図的に模倣することを目的としたコンペティションも開かれました。JCH Editorという音楽ツールで実現される彼のテクニックは、今以て力量をそなえたミュージシャンにとって可能性と挑戦の対象となっています[1]。

このコンピレーション・シリーズは、2012年に公開した「Funky Man」「Jazzy Thing」という二つのSIDコンピレーションと深く関連しています[2]。これらのコンピレーションの曲のなかで聴かれる微妙なグルーヴは、ゲーム音楽の時代にはSIDが鳴らすことのできなかった豊饒な成果であり、プラットフォームを超えた他のチップミュージックの実践に継続するものです。

Summary of This Compilation Series

I traced succession and diffusion of the inheritance of Danish musician Thomas Mogensen aka DRAX who started to make music in the Commodore 64 demoscene in 1988 and has explored his own approaches to funk and jazz to this day. Undoubtedly, he has contributed to forming new stream about the SID music which has constantly accompanied contemporary dance music. In the demoscene, there are even several adjectives named after his name such as Draxish. Also, a music competition was held for purposefully imitating his music style in 2015 [1]. His techniques which are implemented on the music tool called JCH Editor are still subject to inexhaustible potentialities and challenges for skilled musicians.

This compilation series is deeply related to two SID compilations, Funky Man and Jazzy Thing, that I released in 2012 [2]. The sensitive grooves heard in songs in all these compilations are fertile outcomes that could not be realized by SID in the era of video game music for the C64 and connected to other chipmusic practices over platforms.

*

[1] Je suis #Drax music compo: http://csdb.dk/event/?id=2396
[2] https://akaobi.wordpress.com/compilations/

JCH Editor 20.G4

JCH Editor V3.04 20G4 [1991] coded by JCH of Vbrants.
One of popular music editors in the C64 scene. The message “KEEP THIS SECRET” reminds me that early Maniacs of Noise also declared “This program is not to spread!!” in First Music Demo.

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english, SID

Interview with Vince Kaichan

* This article is written in both English and Japanese.
* インタヴューの日本語訳は下部にスクロールしてご覧下さい。

I proudly present a long interview with Vince Kaichan, an electronic musician from California, United States.
He has energetically released a lot of songs with exploring several different platforms since he got a Gameboy and LSDJ in 2010 even though he says he is not a energetic person.

Home computers had come to obtain high performance enough to handle modern DAWs and MP3 had become more and more popular, and then some of tracker musicians once stopped to use trackers or share their module files on on-online. But he went to a invert path compared to that.

Today he lives in the world where a combination of a Gameboy and LSDJ, one of standard approaches to chipmusic, is not novel at all and has been creating his own way with a great amount of legacies of it. It’s a time of mutation…

Note: this interview was heavily motivated by the conversation with Vince during his stay in Japan.

アメリカ・カリフォルニア州のエレクトロニック・ミュージシャン、Vince Kaichanのロング・インタヴューをお届けます。
彼は自分のことをエネルギッシュな人間ではないと語るのですが、2010年にゲームボーイとLSDJを手にして以来、さまざまなプラットフォームを開拓しながら、精力的に数多くの楽曲を発表してきました。

ホームコンピュータが現代的なDAWを操作するに十分なほど高性能化が進み、MP3フォーマットがますます有名になると、かつて一部のトラッカー・ミュージシャンはトラッカーを使ったり、あるいはオンライン上でモジュール・ファイルを共有したりすることを止めてしまいましたが、彼はそれと比べるなら逆の道を歩みました。

チップミュージックへの標準的アプローチの一つであるゲームボーイとLSDJという組み合わせが目新しくもなくなった世界に生きながら、今日彼は、チップミュージックの大きな遺産とともに自らの道(やり方)を切り開いています。変異の時……。

(このインタヴューは日本留学時のVinceと交わした会話を直接の動機としています。)

profile picture

Vince Kaichan

Vince Kaichan’s Official Site
http://vincekaichan.com/

 

Interview with Vince Kaichan (2015)

SID Media Lab (SML): First of all, please introduce yourself.

Vince Kaichan (VK): Hi, I’m Vincent Chang, aka Vince Kaichan (formerly known as VCMG). I like old, obsolete things and have been making various kinds of music with those old, obsolete things since around 2010. Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, english, gameboy, interview, translation