Whereabouts are Entrants of Famicompo?

* This article is written in both English and Japanese.

Famicompo Country Statics

Entrants of Famicompo statistics by country (click to enlarge)

Whereabouts are Entrants of Famicompo? – their sites and countries Rev. 1.1
Download from Google Drive (Excel sheet / .xls format)
Download from Excel Online (Excel sheet / .xlsx format)

Constellation

NSF(NES Sound Format)コンペティション、FamicompoおよびFamicompo miniの参加者のサイトと、出身国あるいは国籍をまとめたリストを作成しました。
Famicompoは2003年5月、Joseph氏の呼びかけにより始まったオンライン・コンペティションです。同年7月に結果が発表された後、この名称では今のところ、一回しか開かれていません。
2004年7月Famicompo mini(以下、FCM)はこの企画に刺激を受けたK->氏が、日本国内の掲示板2chのあるスレッドで新たなNSFコンペティションの企画を問いかけ、実際に開始されたオンライン・コンペティションです。そこで主催者は「ごく小規模な…/コンポを企画しようかと思ってるんですけど。。。。」「海外とのコネクションも無いので基本は国内大会になると思います、(…)」という発言を残していますが、蓋を開けてみれば第一回から海外からの参加者も多く、Famicompo mini ClassicalやExhibitionといった支流も生み出しつつ、2013年第十回の開催をもって、終了しました。ROP氏のレポートによると、発表されたNSFの数は実に1353、登録者は376。私のリストでは、氏の資料を参照しつつ、これら参加者のなかからユニットやバンド、あるいは同一人物の別名義の特定に努めました。

K->氏の予想を(おそらくはるかに)超えて、FCMはチップミュージック・コンペティションとしては量的にも参加者の範囲という観点からも、大規模かつ長期的なコンペティションに成長しました。リストでは、比較対象として多かれ少なかれ連続性を保ったオンライン・チップミュージック・コンペティションの参加の可否を示すことにしました。

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

このなかで純粋なNSFコンペティションはDemoCompoだけです。
さて、リストを作成して得た素朴な感想とは、こんなにもまだ音楽をつくり続けている人たちがいるのか、ということです。そして思いだす手がかりがほとんど、あるいは全くない名前の数々。現前と不在を通して、コンペティションという「場」の特異性を確かめないわけにはいかないでしょう。この「場」はただの中心化として作用するだけでなく、あたかも星辰のように、(融和ではなく)張りつめた隣り合いを可視化するのです。MODミュージシャン、MMLミュージシャン、トラッカー・プログラマ、ROMハッカー、ジョーク・グループ…エトセトラ。

さて、コンペティションのピークが結果発表の時だとしても、このような大規模なコンペティションもアーカイヴとして扱うことが可能ではないでしょうか。私たちには後からしか見えてこないものの発見のため、コンペティションを活用できないでしょうか? 今まさに、かつての参加者たちは「競争者 competitor」というよりは「生き残り survivor」の様相を帯びているように見えます。
私たちが「何か」を思いだす導きの糸としての価値が、FamicompoそしてFamicompo miniには備わっているはずです。漂流する記憶を繋留する不思議な停泊地としてこれらコンペティションは生き続けるでしょう。

リスト作成にあたって、ChunterおよびROPの両氏に情報協力いただきました。

Famicompo NSF Change Graph created by ROP

Change graph consists of NSF files and composers of Famicompo created by ROP (click to enlarge)

I made a list of where entrants Famicompo and Famicomo mimi, which were NSF (NES Sound Format) competitions, were and came from, namely, a research of their sites and countries.
Famicompo is an online competition originally founded by Joseph in March 2003. On July in the same year, the result was announced, and the competition has been held only once in the name of Famicompo since then.
Famicompo mini (FCM) is also an online competition started by K->. In July 2004, he, who had been inspired by it, mentioned new project of NSF competition on a thread of 2ch.net (2 Channel), a Bulletin Board System in Japan at first, and then actually the new competition was launched in the name of Famicompo mini. K->, main organizer of it, had left his comments on the thread: “I am planning on a very small compo… [...] It would be basically an intestine compo because I have no relationship with abroad persons,” however, eventually there were many participants from foreign countries even at the first time. FCM ended in 2013 in the end when it was 10th, having produced branches such as Famicompo mini Classical and Famicompo Exhibition. According to the report by ROP, the total amount of released NSFs are really 1353 and that of the authors/registants are 376. In my list, I tried to specify names of band, unit, and alias among these participants while referring to his list.

FCM grew a large scale and long-term competition (possibly) beyond K->’s expectation from the perspective of both the amount and the areas the participants lived. I showed the pros and cons of participation in other online chipmusic competitions, which have more or less kept continuity, for comparison in my list:

ModShrine (2002-)
Kwakfest (2002-)
Battle of the Bits (2005-)
HEXAWE / LGPT Compo (2006-)
DemoCompo (2012-)

Pure NSF competition among them is only DemoCompo.
Now, my simple impression through making the list is how many entrants still have made their music. Also I have to note: lots of names, which mostly or totally lost moment to remember. We cannot help confirming singularity of “site” of competition through those presence and absence. The “site” not only works as centration, but make tense adjacent (not fusion) like constellation visible. MOD musicians, MML musicians, creators of music trackers, ROM hackers, joke groups, etc.

Well, then, even if a peak of competition is when the results are announced, would it be possible that we can regard such large competitions as archives? Is it possible to utilize the archives to find realities ex post facto? Just now, it seems that these participants are “survivors” rather than “competitors.”
Certainly, Famicompo and FCM are worth guides to remember “something” for us. These competitions will survive as anchorages that anchor drifting memories.

Chunter and ROP provided information to me when making the list. Thank you.

Love is Insecurable (itotallyfrenchedyourmom.nsf) by chibi-tech. Winner of the original section at FCM vol.8 (2011-12).

FAMICOMPO
Famicompo mini
Famicompo Series ComposerList [PDF]

Leave a comment

Filed under english, list, nes

A Brief History of the Russian Spectrum Demoscene by Elfh (Konstantin Elfimov)

* This article is written both in English and Japanese. Please scroll down to read the English version.

ロシア在住のシーナー、Elfh(Konstantin Elfimov)の執筆した「ロシア・スペクトラム・デモシーン小史」の翻訳を公開します。

I release the Japanese translation of A Brief History of the Russian Spectrum Demoscene by Elfh (Konstantin Elfimov), a scener living in Russia.

・原文 / Original Texts

A Brief History of the Russian Spectrum Demoscene by Elfh (Konstantin Elfimov) of inward/CyberPunks Unity, ZINE #14 2010

Brief History of Russian Speccy Demoscene and the Story of Inward by Elfh (Konstantin Elfimov) of inward/CyberPunks Unity, Mustekala Vol. 31 2008

・翻訳 / Japanese Translation

Elfh(Konstantin Elfimov) 「ロシア・スペクトラム・デモシーン小史」 [PDF]
Download from OneDrive or GoogleDrive

※上記のOneDriveとGoogle Drive、どちらのリンク先からでもドキュメントの閲覧、ダウンロードが可能です

他国の追随を許さないロシアZX Spectrumデモシーンのバックグランドを分析的な視点から説明し、著者のグループinwardとCyberPunks UnityそしてSkrjuのデモと合わせ、ヨーロッパ――長年、各所でデモパーティが開かれてきた場――のシーナーの多くが、ロシア・シーンがデモシーンの周縁等ではなくひとつの力であることを確かめる大きな契機をつくり出した、きわめて明晰な文章です。当初、フィンランドのアート系ウェブマガジン「Mustekala」に発表されたというその経緯も手伝っているのでしょう、デモシーンの「外」にいる(であろう)私たちにも理解しやすい叙述なのです。ヨーロッパと比較すると、ロシアの「リソース」(資源、財力、娯楽、言葉の様々な意味において)はずっと限られていました。こうした状況下、独断的かつ独創的なDIY、即ちUKで開発されたマシン(ZX Spectrum)のクローンの再生産=複製 reproduction によって、ソヴィエト・ロシアのマイコン(8-bit micros)開発は加速されました。この話は今も聞き応えのあるものです。さて、ロシア・スペクトラム・シーンから登場したSkrjuやinwardのような「尖った」作品は、2000年代シーンの保守的性格を可視化させ、それと対決せざるを得ませんでした。その経緯と彼らの作品は、現在も批評的なアクチュアリティを失っていません。

前述の通り、オリジナルの文書は最初2008年に「Mustekala」誌に「Brief History of Russian Speccy Demoscene and the Story of Inward」という題で発表された後、同年末、「8bit today」でSanderが部分的に紹介し、そして最後に2010年、デモシーン・マガジン「ZINE」に、ブラッシュアップされたスペクトラム・シーンのパートが掲載されました。この翻訳はこの「ZINE」ヴァージョンに基づきつつ、2008年の文書のみ存在した彼のグループinwardを回顧したパートも併載しています。inwardのデモの表現力は現在も突出しており、見直されるべきものと考えたからです。本文の理解を助けるキーワードをいくつかあげてみましょう(私の質問に対するelfhの回答が反映されています)。

The Miracle of You

Shots from “the Miracle of You” (2006)

This is a real pellucid text, which explained the background of the Russian ZX Spectrum demoscene had no second in the art from his analytic viewpoint, and made a big opportunity of ascertaining that it was not a fringe, but a for many sceners from Europe  - where demoparties had been held in various places – along with demos by inward he founded, CyberPunks Unity, and Skrju. This article was published in “Mustekala,” a Finnish art web magazine, at first. Probably the circumstances helped the readable descriptions in it to such us, people were the outside of the demoscene. Compared to Europe, “resources” – in various meanings of the word, e.g. stocks of materials, financial power, and  amusements – in Russia were very limited. Under the situation, the development of 8-bit micros in Soviet Russia was accelerated by arbitrary and creative DIY, or reproduction of clones of ZX Spectrum, a machine originally developed in UK. This story is still worth listening to. Now, “piercingly sharp” works by inward and Skrju appeared from the Russian Spectrum scene made visible conservatism of the scene and could not avoid confronting it in the 2000s . The sequence of events and their works still have critical actuality.

As mentioned above, at the beginning, this original article was named “Brief History of Russian Speccy Demoscene and the Story of Inward,”which was released in “Mustekala” in 2008, and then Sander partially introduced it at “8bit today” at the end of this year, and finally, the part of the Russian Spectrum scene he polished up was published in “ZINE,” a demoscene magazine, in 2010. This translation is based on the “ZINE” version, however, it also includes the retrospective part about inward, which was only printed in the “Mustekala” version. Because I think that the expressive power of demos by inward are still outstanding and they should be seen. Here let me mention keywords may help you understand the text. (Elfh’s answers on my questions are reflected in them.)

Keywords for inward’s Works

Continue reading

Leave a comment

Filed under article, english, spectrum, translation

SID Compilations “House and Disco after Maniacs of Noise”

* This article is written in both English and Japanese. Please scroll down to read the English version.

Part 1 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part 2 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

Part 3 – 27 tracks in 80 min

[DOWNLOAD] FLAC

[DOWNLOAD] MP3 320kbps

曲目はページ下部参照/Look at the bottom of the the article for full track list.

// コンピレーション概要 //

この三つのコンピレーションはRob HubbardおよびManiacs of Noise以降(期間は1991年から2013年にわたる)、ハウスやディスコに着想を得たと思われるSIDミュージックをそれぞれ27曲収めている。きっと市場に流通するハウス/ディスコとは趣が異なるはずである。そのギャップと燦然たるヴァリエーションを確かめていただきたい。

注:Part 2のGangstarの「Mixed Lightbeer」は、途中から同期が乱れる、端的にリップされたファイルもしくは曲そのものが破損していると推測するが、そのノイズの興味深さからあえてコンピレーションに収めることにした。

*

このコンピレーションの選曲にあたって、「SIDミュージックにおけるハウス/ディスコ」の弁別的特徴を得るため、一種の消極的アプローチを採用した。まず、SIDミュージックにおいてダンス・ミュージックの祖型を与えたManiacs of Noise、そのなかでも特にJeroen Telに感化された曲を意図的に省いた(Morbidの「The Groove」、Shogoonの「Compotune for Fatum Party」、Stello Doussisの「Star-Trek Remix」は例外である)。また、Maniacs of Noiseのメンバーが利用した音楽制作ツールFuture Composerやそのクローンで主につくられた、「オールドスクール」と呼ばれるスタイルの曲も除外した(私はこの語を用いる時、FAME、20th Century Composers、SoedesoftあるいはTomas Dankoの曲を思い描いている)。それらは別の場所で取りまとめられるべきだと判断した。コンピレーション名が「After Maniacs of Noise」であって「Under~」でないのも、そのためである。

過度にミニマルな曲、「アシッドな」ベースの曲もここにはない。デモシーンでテクノ、レイヴといった呼称のもとつくられた曲も数多いが、当然選曲の対象外であった。結果として、明確なビートをもつ曲が引き寄せられた。

三つのコンピレーションは、ハウスを意欲的に摂取した二人の重要なミュージシャン、SageとA-Manの曲を軸に組み立てられはじめ、その後、その他の曲のなかで徹底的に組み替えられた。

(訂正と追記)

Maniacs of NoiseのメンバーがFinnish GoldのFuture Composerを広めたことはなかった。
Future ComposerはCharles Deenenのミュージックルーチンをハック、修正して作られたエディタだったためだ。
オランダのMoNのメンバーに「自社製エディタ」があったとするなら、それはTurbo Assemblerだった。
一方、デンマークのJohannes Bjerregaardは自分のプログラムしたBjerregaard DMC EditorをDeenenに送っている。
(だが、MoNがFuture Composerを使用しなかったという確証はない。
あるアンケートによれば、少なくともReyn Ouwehandは使用していたことが分かっている)

そのようなわけで、Finnish Goldのリリースできたのは、Future Composer 1.0だけである。
その後の「ヴァージョン・アップ」はその他のグループによって恣意的になされた。
Future Composerは隠されたままにはならなかった。Rob Hubbardのそれと同様、Deenenのミュージックルーチンは拡散したのである。
彼らは当初ハックしたミュージックルーチンをがHubbardのものだと考えていた。
彼らのアイデアは後年リリースされたPredatorのRob Hubbard Editorと似通ったものであったと言える。

http://csdb.dk/release/?id=10604&show=notes#notes

http://csdb.dk/release/?id=11778

http://csdb.dk/release/?id=110685

http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=interviews&id_interview=27

http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=online_issues&issue=1&sub=article&id=17

2014年3月13日

// About this compilation series //

These three compilations are composed of the SID music which was probably inspired by House and/or Disco after work by Rob Hubbard and Maniacs of Noise and was made during the period from 1991 to 2013. Each part includes 27 tracks. Surely you feel that taste is different from House/Disco caught on in markets. Please confirm the gap and those dazzling variations with your ears.

Note: Ganstar’s “Mixed Lightbeer” in Part 2 is out of synch from the middle. To put it briefly, I guess the ripped file or the tune itself is broken, however I dared to put the tune in these compilations because of the interest of the noise.

*

To get discriminative features on “House/Disco in SID music,” we adopted a kind of negative approach upon selecting tunes for these compilations. Firstly, I omitted tunes had been influenced by Maniacs of Noise, especially Jeroen Tel, who had given the prototype of dance music in SID music (but there are exceptions: “The Groove” by Morbid, “Compotune for Fatum Party” by Shogoon, “Star-Trek Remix” by Stello Doussis, and so on). Also I omitted so-called “Oldskool” style tunes which were mainly made with Future Composer, a tool used by Maniacs of Noise crew or clones of it. When I say the word “Oldskool,” I think of tunes by specific musicians, e.g. F.A.M.E., 20th Century Composers, Soedesoft, Tomas Danko etc. Because I judged that their tunes ought to have been collected at another place. So the name of the compilation series is “After Maniacs of Noise,” not “Under […].”

Also there no extremely minimal tunes and “Acid” bass tunes here. Tunes called Techno or Rave were made in great numbers in the demoscene, but they are out of musical selection at this time. Consequently, tunes with more distinctive beats gathered.

Three compilations began to be built from tunes by Sage and A-Man as an axis, because they are important musicians who took in House for their work. And then their tunes were rearranged among other tunes.

[Correction and Postscript]

Maniacs of Noise crew have never spread Future Composer by Finnish Gold.
Because it was an editor made by hacking Charles Deenen’s musicroutine and modifying it.
If there was their “in-house editor” for MoN’s members in Netherlands, it was Turbo Assembler.
On the other hand, Johannes Bjerregaard in Denmark coded his own editor called Bjerregaard DMC Editor and sent it to Deenen.
(However, it can never be sure that MoN crew have not used Future Composer.
According to a survey, at least it is known that Reyn Ouwehand used it.)

That is why Finnish Gold could only released Future Composer 1.0.
Following “version-up” of the tool was arbitrarily done by other groups.
Future Composer was not held back. Deenen’s musicroutine was spread like Rob Hubbard’s one.
At first, they thought that the routine they had hacked was Hubbard’s routine.
So it can be said that their idea was similar to subsequent Rob Hubbard Editor coded by Predator (Geir Tjelta).

http://csdb.dk/release/?id=10604&show=notes#notes

http://csdb.dk/release/?id=11778

http://csdb.dk/release/?id=110685

http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=interviews&id_interview=27

http://www.atlantis-prophecy.org/recollection/?load=online_issues&issue=1&sub=article&id=17

13 March 2014 Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, compilation, english

NTRQ Japanese Manual

Summary: Translations of NTRQ manual and official tutorials. NTRQ is a NES tracker created by Neil Baldwin and won a prize of Best Software at The 2010 TCTD Award. There are several tools to make music with NES sound: mck, FamiTracker, NES Sound Driver & Library (NSD.Lib) etc. But NTRQ is the world-first tracker runs on the real NES. Besides, it has some creative features like auto echo and live play mode and so on.

Neil Baldwinによって開発されたファミコン(NES)用トラッカー、NTRQのマニュアルおよび、公式サイトに掲載されたチュートリアル(全五回)の翻訳です。(1月28日、チュートリアルの翻訳追加)
ファミコンの各種サウンド・モジュールのための音楽制作ツールでは、既に主なものとしてmckやFamiTracker、あるいはNSD.Libが知られていますが、NTRQは初めて実機動作を目的に作られたツールです。

NTRQ Japanese Manual
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

NTRQ Tutorials
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

原文/Original texts:
NTRQ Manual written by Neil Baldwin
Tutorials And Help written by Neil Baldwin

NTRQはチップミュージック関連の情報を扱っていたサイト、True Chip Till Death(2008-2012)による2010年のThe TCTD Awardにおいて、一連のツールとともに、最優秀ソフトウェア賞を受賞しました。下記サイトより、最新ヴァージョン1.9を入手することができます。

NES Audio Tools by Neil Baldwin

NTRQ on live play mode

マニュアルにも記載されていますが、プログラムの動作にはPowerPakカートリッジもしくはエミュレータが必須になります。
推奨エミュレータはWindowsならばJnes、Nintendulator、Mac OSであればNestopiaですが、余程古くなければ、その他のエミュレータでも良いでしょう。
現時点でNTRQ本体の開発は進んでいませんが、公式サイトには旧ヴァージョンを入手することができたり、チュートリアルを参照することができます。

NTRQ: NES Tracker

NTRQはC64とNESに始まる、Baldwinの作曲家、サウンド・プログラマとしての経験が反映されたツールです。彼の経歴に関しては次のインタヴューをご覧ください。

Interview with Neil Baldwin by Audun Sorlie

NTRQ用のカートリッジを自作する場合は、Andrew Lemonの記事が参考になります。

Creating a NTRQ cartridge for the Famicom|hack. it. up.

旧ヴァージョンのNTRQで制作された曲をいくつか挙げてみます。

goodbye / tadpole
Cortisol / jbuonacc
Kiiroi / ui
Swinging On a Star (Cover) / chunter
Ballad 3 / chunter

Thanks to Neil Baldwin, KAZ a.k.a.HIGE, and KUNIO
Dedicated to Famicompo mini

Leave a comment

Filed under english, manual, nes, translation

SID-Wizard 1.5 Manual Japanese version

SW1.5JPManualSID-Wizard 1.5 マニュアル日本語版
[DOWNLOAD] from SkyDrive or GoogleDrive

SID-Wizard 1.5がリリースされました。SID-Wizardは、ハンガリーのミュージシャン/コーダー/グラフィシャンHermitがSoci/Singularの協力のもと開発しているコモドール64用SIDトラッカー(音楽制作ツール)です。これにともない、日本語マニュアルを更新しました。前ヴァージョン1.4のマニュアルはこちらをご覧ください。

126797

SID-Wizard 1.5
出典=http://csdb.dk/

SID-Wizardはオープンソースのツールです(パブリック・ドメイン)。下記の二つのサイトのいずれかで、1.5をダウンロードすることができます。sourceforge.netではプログラム、回路図、ソース等を一括ダウンロードすることができます。

http://csdb.dk/release/?id=126797
http://sourceforge.net/projects/sid-wizard/

前ヴァージョン1.4からの主な更新事項は次の通りです。

・2SIDに対応…SIDを2つ(6チャンネル)利用した楽曲制作が可能。別プログラムにて提供
・MIDI-inputインターフェイスに対応…VICEエミュレータの仮想MIDIカートリッジを使用可能
・専用MIDI-inputインターフェイスHerMIDI…コンパイル、ビルドに必要なデータを配布
・サウンドFXに対応
・最軽量プレイヤー「Bare」
・324個のインストルメント・サンプル

詳細はマニュアルを参照してください。C64エミュレータにはVICEを推奨します。2SIDヴァージョンやMIDIインターフェイスを利用する際には必須になります。

VICE (Versatile Commodore Emulator)
http://vice-emu.sourceforge.net/

また、前ヴァージョンのリリースの間に、SID-Wizardの副産物というべきプログラムがリリースされたことを付け加えておきます。

MIDItrk: Tracker-style pattern-based MIDI composer (for WIN)
http://sourceforge.net/projects/miditrk/

1raster-tracker: One Rasterline Tracker (for C64)
http://sourceforge.net/projects/oneraster/
http://csdb.dk/release/?id=117935

マニュアルより、序文を抜粋します。

Continue reading

Leave a comment

Filed under c64, manual, translation